『毎月100万円以上の報酬を本気で狙う為のアフィリエイト上級バイブル』を読んで

Sponsored Link



Pocket

オンラインサロン「ギガ盛りブログ飯」を通じて、

秀和システム様よりご提供いただきました。

 

表紙にも、「初心者無用」と大きく記載がありますが、

まさにその通りで、

なかなか手厳しい内容の本でした。

 

私がこの本に興味を抱いたのは、

やはり、

この本のタイトル「毎月100万円以上の報酬を本気で狙うための~」

という部分に惹かれて、です。

 

人は、

”楽して稼げるかも知れない匂いのするもの”

が、大好きです。

 

そんなものなかなかないと、

多くの人が、うすうす分かっていながらも、

「いや、もしかしたらあるんじゃないか…」

という夢?を捨てきれずにいます。

 

ですから、そんな甘いタイトルの本って、

世の中にいくらでも出ていますよね。

 

この本もちょっと見ると、そんな感じを匂わせます。

かくいう私も、

「よ~し、この本読んで、いっちょチャレンジしてみるかな…」

と思ったのは事実です。

 

ですが、読み始めて、しばらく経つと、

そんな気持ちに確実に変化が起きていました…。


Sponsored Link

覚悟を試される本

「好きなことをやって生きていこう」

という本は、今の時代、わりとたくさん出ていますよね。

 

それらの内容はだいたい、

今の時代はインターネットがあるから、

これまでの時代とは違うんだ、

チャンスは誰にでもあるんだ、

ブログを書きなさい、

SNSを始めなさい

といった流れだったりします。

 

この書評に辿り着くようなセンスの鋭い方(?)は、

おそらくそんな本を手に取ったことがあるのではないでしょうか?

 

それらの本を手に取って、

どれくらいの人が書かれている通りのことをやって、うまくいったかどうか、

分かりません…。

 

私自身のことで言うと、はっきり言って私は今、過渡期にあります。

戸惑いながらも、続けています。

結果はまだ、思い通りには出ていません。

 

しかし、

そうした挑戦を通して、

人脈含めいろんな知識や経験が得られましたので、

良いことづくめでした。

 

で、また、

この本のことに話を戻すと、

 

…この本は、

真の意味で、覚悟が試される本

だと思いますね。

 

甘い夢を抱いているだけで、

行動を起こしていない人、起こそうともしない人にとっては、

耳の痛いことばかりが書かれている本だと思います。

 

私自身、この本を読んで、

「よーし、やるぞぉ」

となったかどうか?

 

正直、ならなかったクチです。

 

しかし、今、

とても爽やかな気持ちでこの文章を書いています。

Sponsored Link



人は厳しさを知るべき

私は今よりもっと若かった頃、

役者を目指していました。

 

役者という職業は、

人からチャンスを与えられなければ、活躍することができません。

 

劇団を起こしたり、それらに参加することで、

場数を踏むことができますが、

映像の仕事をやらなければ、ほとんどお金にはなりません。

 

そういった映像の仕事をやるには

パイプが必要です。

 

パイプを得るには、

ある程度、

「運」が必要です。

(これは負け惜しみでも何でもなく。)

 

ですから、

 

自分が本当にできるかどうか?

本当の意味で、向いているかどうか?

 

が、分からないまま、

「このまま続けていいものかどうか…」と迷い、

悩み続けている役者志望の人はたくさんいます。

私もそうした1人でした。

 

自分が越えられるかどうか分からないような「壁」

にぶつからない限りは、

挑戦をあきらめることもできないのです。

そんな「不幸」もあります。

そうした、

それこそ、雲をつかむような夢を持つと…。

 

この本を読んで良かったのは、

私の覚悟を知ることができたからです。

 

私は、

この本を読んで、

アフィリエイトに本気で取り組むのではなく、

「別の生き方」をしようと決心することができました。

 

そうした意味で、

この本を読んで良かったと思っています。

 

ですから、今、爽やかな気持ちでいるのです。

Sponsored Link



ビジネス書としての価値

この本にどんな実践的内容が書かれているかは、

ぜひ、お手に取って確かめていただけたらと思います。

 

アフィリエイトに本気で取り組んだ時に、

どんな行動が必要で、

それをどんなやり方でやればいいのかが、

作者の方のリアルな体験をもとに、

丁寧に説明されています。

 

私はこれを読んで、

「自分はアフィリエイトに本気で取り組むことはないだろうなぁ」

と決心しましたが、

 

それでもやはり、

これからの時代、個人的に何かをやろうと思ったら、

インターネットを抜きにして考えることはできません。

 

読んでいて、

インターネットというものにどう接していけばいいのか、

といったことも、新たな気づきを得られましたし、

 

また、

この本の作者の方の、

仕事や人生に対する考え方に、

非常に共感を覚え、

とても良い刺激になりました。

 

私は、作者の方と年代も近いので、

 

「妻の両親に恥じない存在(事業者)になる!」

 

という思いには特別、熱い共感を覚えました。

 

若い時は良かったのですよ、

具体的なことは見えずとも、

 

「とりあえず、好きなことだけやりたい!」

 

とか言っても、

 

「オレは役者で食っていく!」

 

とか言っても、

 

「海賊王にオレはなる!」

 

とか言っても。

 

でも今は、この作者の方とまったく同じで、

「妻の両親に恥じない自分になる!」

というのが、

私にとっても、最大の目標になってますね。

 

(あ、私、まだ未婚ですけどね。)

(その時のために…って話です。)

 

ですから、

結論としてはですね、

みなさん、覚悟を決めましょう、

ということです。

 

人生、人それぞれ持ち時間は違いますが、

限られた時間をいかに輝きながら生きられるか、

 

自分は何者で、

どんなことで、

この世の中に貢献できるか?

 

…踏み出して、

何となくこれかな?というのが分かったら…

 

覚悟を決めたほうがいいでしょう。

 

私は私で(アフィリエイトとは違う)夢がありますので、

今後も邁進するのみです。

 

覚悟は、より強くなりましたよ、

この本を読んで。


…というわけで、

感想、このへんで締めくくらせてもらいます。

(^_^)


『商品よりもあと味を先に売りなさい』を読んで

2017.11.25

「ありがとう」と「有難う」なぜ2つある?その意味と語源

2017.09.16

大人になると人生がつまらなくなる理由とその対処法

2017.09.13
Pocket

あわせて読みたい



Sponsored Link