哀川翔と後藤又兵衛の共通点。餃子通販も好調なアニキ

Pocket

これまでいくつか『真田丸』のキャストと

その人が演じる役柄の共通点

などを紹介してきたのですが、

今回は後藤又兵衛(ごとう・またべえ)役で登場する、

哀川翔さんについて、書いてみたいと思います。

Sponsored Link

後藤又兵衛とは?

まずは歴史に明るくない人のために、

軽く後藤又兵衛のことを紹介しましょう。

後藤基次は傑出した武勇と知略を駆使して

多くの軍功を残した、豪傑です。

黒田氏、豊臣氏の家臣で、又兵衛は通称。

本名は後藤基次(ごとう・もとつぐ)といいます。

幼少時代から戦国一の軍師・黒田官兵衛の下(もと)で薫陶を受け、

(要するに、大きな影響を受け、成長を助けたもらったのですね)

朝鮮出兵の際には、黒田家中で一番の活躍を見せました。

豊臣秀頼の前で閲兵式の指揮を任された時には、

その采配の見事さから、世の人から

「摩利支天の再来」と称されました。

この”摩利支天”とは、仏教の守護神で、太陽や月の光線を意味します。

実体がないので捉えられず、焼けず、濡らせず、傷付くこともありません。こうした特性から、戦国時代、武士の間では摩利支天信仰があったほど。

要するに、

後藤又兵衛は武士の理想形であり、当時、全ての武士の憧れに近い存在だったのです。

哀川翔とは?

一方、哀川翔さんも「芸能界最強」との言われ、数々の伝説を持っています。

その一つが、

1984年頃の、羽賀研二に対する仕打ち。

2人は「一世風靡」の前身の劇団で先輩後輩の関係でしたが、先に全国区デビューしたのは羽賀さん。

憧れの高級外車を乗り回す羽賀が気に食わなかった哀川さんは、六本木で羽賀さんの乗っているBMWを見つけると、

「生意気な車乗ってるんじゃねぇ!」

と羽賀さんの愛車に殴る蹴るの大立ち回り。

しまいには、ボンネットの上に乗っかって、何度も踏みつけ、車は廃車寸前になったとか。

ちょっと乱暴すぎるエピソードだったので、

かわいいお話をもう一つ。

哀川さんはいつも、日の出前に起床しているそうですが、

その理由は、なんと

「太陽に勝つ!」

といった意味から。

…最強お茶目ですね。

名言が似すぎ!

後藤又兵衛は、軍師でも君主でもないので、

「名言」を多く残した人ではありません。

しかし、

常にポジティブだった又兵衛は、

「次勝てばそれでよし!」

という名文句を残しています。

「たかが戦に一度敗れたからといって、いちいち頭を丸めていたら、いくら髪の毛があっても足りない。

今回は負けたが、次勝てばいい。 そんな事を気にしていたら、合戦など出来ない」

と。

一時の勝敗の結果に神経をすり減らしていては、疲れて果てて、物事の本質も見失ってしまいます。

又兵衛は、常に、トータルで勝ち越すという状況に身を置くことで、目標に対し、いつもポジティブに向き合う人でした。

一方、

哀川翔さんは、

「挫折をしないためには、やり続ける事」

という名言を残しています。

「結局、やり続けた奴が勝ちでしょう」と。

…う〜ん、

この二人、やっぱり近いところあります。

哀川さんは、芸能界というところに軸を置きながら、

俳優はもちろん、
時には監督もこなし、
メガネをプロデュースしたり、
世界最大88ミリのカブトムシの飼育に成功したり、

最近では

手作り餃子の販売にも乗り出しています。

全てが初めからうまくいったなんてことはないでしょう。

しかし、手をつけたことはどれも、きちんと結果を出すまで続ける性格のようです。

スポンサードリンク

 

餃子通販サイトとレシピ

哀川さんは、特に料理人イメージのキャラ設定があるわけではないですが、

趣味のキャンプやバーベキューから派生したのでしょうか、簡単で楽しく作れる料理が得意みたいです。

Unknown-4
そんな哀川さんがプロデュースする

「アニキ餃子」の通販サイトはこちら

images-1
販売するだけじゃありません、レシピもちゃんと公表しています。↓

【材料】(150個分)

・シューマイの皮    150枚
・春雨         70g
・白菜         1/4株
・ニラ         1束
・豚ひき肉 500g(鹿児島産の黒豚)
・ニンニク(おろす)  3片(お好みで)
・しょうが(おろす)  1個(お好みで)
・オイスターソース   大さじ3程度
・塩          小さじ1/2
・コショウ       小さじ1/4
・砂糖         大さじ1/2
・花椒塩(かしょうえん)小さじ3/4
・ゴマ油(焼き油として)適量
・水(蒸らし用)    適量



さて、ここまで後藤又兵衛と哀川翔さんの共通点をテーマにお送りしてきましたが、

後藤又兵衛にとっての師・黒田官兵衛にあたるのが、

哀川翔さんにとっての、

長渕剛さんでしょうねぇ…。

そんなわけで、

今回はここまでです。

こちらは草刈正雄さんと真田昌幸の共通点の話。
>>草刈正雄の三谷幸喜作大河ドラマ「真田丸」にかける思い

こちらは平岳大さんと武田勝頼。
>>平岳大、大河「真田丸」の武田勝頼で悪役イメージから脱皮

こちらは藤本隆宏さんと堀田作兵衛の話。
>>藤本隆宏、大河「真田丸」堀田作兵衛役で話題もオネエ疑惑

Pocket



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこのブログをかいている人

大学卒業後、演劇と文筆活動をしながら、営業、販売、飲食、画家の助手、占い師の助手など、多様な職を経験。あらゆる業界に潜り込み、あらゆる人間関係に触れ、独自に人間心理の勉強をする。ひょんなことからある著名人のゴーストライターをやることになると、その後はフリーのもの書きに。このブログでは「人生のやっかいごと」をなるべくシンプルに解決できる実践方法や考え方を中心に、個人的に興味のある事柄を取り上げています。ふらっと立ち寄って何となく楽しんでもらえるような、そんな「お酒に合うブログ」を目指して。