ベッキーの後釜にマギー、小島瑠璃子が最有力?大穴は?

Sponsored Link



Pocket

「類似タレント」という言葉があります。

”イメージの似ているタレント”ということですね。

芸能界全体としての仕事には

限りがありますので、

この少ない”椅子”をめぐって

タレントたちが、「個性」と「実力」を競うのです。

さて、このたびの

人気タレント・ベッキーの失脚により、

この”ベッキー枠”に

次、どんなタレントが使われるかが注目されています。

Sponsored Link

ベッキーのCM

2016年初頭のベッキーの契約中CMは以下のとおり。

花王(バブ)
太田胃散(A錠剤)
ケイ・オプティコム(mineo)
スズキ(アルトエコ)
スタジオアリス
ソースネクスト
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険
ナガセ(全国統一高校生テスト)
NTT都市開発(ミソノミラクルワールド)
ローソン

の、何と計10社

(カッコ内は商品名です)

例の週刊文春の発売は

今日(2016.1.7)でしたが、

早くもローソンはじめ、スタジオアリスの株価の下落が続いています。

CM差し替えは避けられないでしょう…。
各社、対応に追われているようです。

ベッキーの類似タレントは?

まずは、

ベッキーがこれまで常連だった
人気タレントランキングから。

(最新版のこれは2015年2月時のもの↓)

1 浅田 真央 52.4
1 綾瀬 はるか 52.4
3 天海 祐希 47.1
4 DREAMS COME TRUE 46.7
5 ベッキー 44.2
6 ローラ 44.1
7 杏 43.0
8 松 たか子 41.8
9 仲間 由紀恵 40.5
10 吉永 小百合 40.0
11 上戸 彩 38.6
12 新垣 結衣 37.9
13 イモトアヤコ 37.5
13 菅野 美穂 37.5
15 篠原 涼子 37.3
16 小泉 今日子 37.2
16 いきものがかり 37.2
18 北川 景子 36.5
18 柴咲 コウ 36.5
20 米倉 涼子 36.1

…うーん、

この中でベッキーとイメージが近いのは、

強いて挙げるなら、

ローラ

といったところでしょうか?

では、次、

女性ハーフタレントを見ていきましょう。

(ここはダレノガレ明美がある番組内でライバルとして挙げたハーフタレントを抜粋してきます。)

ベッキー
ローラ
SHELLY
ホラン千秋
LiLiCo
道端アンジェリカ
水沢アリー
藤田ニコル、
ラブリ
マギー
トリンドル玲奈
ダレノガレ明美

本人を最後に入れてみましたが、

さすが

芸能界の内部にいる人の意見、って感じですね。

どなたも今、よくテレビで見る人ばかりです。

ここにも、

ローラが出てきます。

ダレノガレ明美自身も

最近は、タレントとしての汎用性の高さを見せていますし、

”大穴”で、あるかもしれません…。

また、

”清潔感”と”知性”といった意味では、

ホラン千秋

も十分可能性があります。

では次、

2012年に行われた

人気女性MCランキングは以下のとおり。
(ちょっと古いですが参考までに。)

ホラン千秋
ベッキー
SHELLY
江角マキコ
久本雅美
イモトアヤコ
岡江久美子

ホラン千秋が出てきました。
しかも、1位です。

スポンサードリンク


街の声は?

SNS等ネット上で名前が挙がっている人たちは
主にこの人たちです。↓

小島瑠璃子
SHELLY
関根麻里
菊地亜美
マギー
指原莉乃
ローラ
トリンドル玲奈
マギー
LiLiCo
森泉
森星
藤田ニコル
佐藤栞里
剛力彩芽
春香クリスティーン

などです。

ネット上の意見を順に見ていき、

(体感として)

もっとも多い印象を受けたのは、

小島瑠璃子

でした。

私の予想は?

さて、

以上のようなところを受けて、

勝手に私がまとめていきましょう。

ベッキーの

後釜最有力タレントは、

ズバリ!

小島瑠璃子

マギー

でしょう。

次点で

ホラン千秋

を推しておきます。

で、大穴で

ダレノガレ明美

も推しておきます。

結局絞れなくてごめんなさい…。

MC能力はもとより、

『イッテQ』などへの

バラエティー対応力を鑑みて予想してみました。

いかがでしょうか?

芸能界の上下関係には独特の風習があるようです
>>志村けんの芸歴はタモリとどっちが長い?オール巨人とは?

マギーの評判はこんな感じです
>>マギーは酒豪で眉毛太すぎ、しかも案外胴長との噂

最近出てきた新星はこの人!
>>朝比奈彩はハーフ?コンビニバイトもアクトレスへの修行

Pocket

あわせて読みたい



Sponsored Link



ABOUTこのブログをかいている人

大学卒業後、演劇と文筆活動をしながら、営業、販売、飲食、画家の助手、占い師の助手など、多様な職を経験。あらゆる業界に潜り込み、あらゆる人間関係に触れ、独自に人間心理の勉強をする。ひょんなことからある著名人のゴーストライターをやることになると、その後はフリーのもの書きに。このブログでは「人生のやっかいごと」をなるべくシンプルに解決できる実践方法や考え方を中心に、個人的に興味のある事柄を取り上げています。ふらっと立ち寄って何となく楽しんでもらえるような、そんな「お酒に合うブログ」を目指して。