綾瀬はるかと松坂桃李はお似合いか。熱愛写真は存在する?

Pocket

好きな芸能人が結婚すると

ガッカリしちゃうのって、アレ何なんでしょうね?

もちろんわたしも経験がありますが、

別に自分とどうにかなるとは思ってないんですよ。
(ええ、思っていませんとも。)

では、

特に自分が関心のない芸能人に、熱愛疑惑が出た時はどうでしょう?

とりあえずその人に”好感”を持っているかどうか、改めて考えるような気がします。

今回は、妙に世間から好感を持って見守られている二人、

綾瀬はるかさんと松坂桃李さんの熱愛について考えます。

Sponsored Link

噂の出どころは?

2人の噂が報じられたのは、2015年の元旦です。

2014年5月公開の映画「万能鑑定士Q」で共演し、そこから交際に発展したとの話でした。

しかし、双方の所属事務所が「友人の一人」と発表し、この交際を否定しています。


「万能鑑定士Q」とは?

これは松岡圭祐さん原作のベストセラーミステリー「万能鑑定士Q」シリーズを映画化した本格ミステリー。

その中でも「万能鑑定士Qの事件簿IX」を基に、

天才的な鑑定眼を持つヒロインが世界的傑作絵画モナ・リザに隠された謎に迫る姿を描くものでした。

邦画初となるルーヴル美術館での撮影映像が当時、話題になりました。

ですが、興行収入は6億円と振るわず。10億円を超えれば一応ヒットと言われる世界ですので、ちょっと残念な結果です。

images


2人の目撃情報は本当にあるの?

初めて熱愛が報じられた数ヶ月後にも

松坂さんが都内の自宅マンションからタクシーで綾瀬さんののマンションに向かったところが目撃されています。

また、綾瀬さんの自宅から徒歩1分のところにあるスーパーでも松坂さんが目撃されたという情報があるようです。

この時点で交際1年を数えるはずなのですが、

ガードが相当固いのか、

それともガセなのか、

2人のプライベートを押さえた写真はまだないようです。

スポンサードリンク


じゃあ付き合っているという根拠は?

綾瀬さんは過去にメディア取材で

背の高いA型男性がタイプ

答えています。

何でしょう、えらい細かいですね。

タイプというより、すでにいる「自分の彼氏」のことを言ってるのでしょうか?

ちなみにこれは、

以前、同じく綾瀬さんと噂された

大沢たかおさんもにも当てはまります。

また、

週刊紙が、広島の綾瀬さんの実家で父親を直撃すると、

父親は2人の交際そのものについては明言を避けたもののを、

「今はおふたりの交際を温かく見守っている?」と聞かれると、

「あぁ、それはまあそうですね」

と顔をほころばせたとのこと。

何ですか、この微妙過ぎる話。

本人含め、登場人物が誰も「付き合ってる」と明言しない熱愛疑惑。

逆にこれ、

真相は分からないと明言してもいいんじゃないでしょうか?

2人はお似合い?

しかしこれ、面白いのは、

綾瀬はるかさんのファンにも、松坂桃李さんのファンにも、

この交際(疑惑)に関しては、好意的な声が寄せられています。

2人は”お似合い”であると。

綾瀬さんは、女優としてのキャリアは、

ほぼピークを過ぎたと言ってもいいと思います。

もちろん人気が落ちたわけではありませんが、

31歳という年齢を考えても結婚に踏み切ってもいい頃でしょう。

むしろ、そのほうが女優として新しいイメージ像を作れそうです。

一方、

松坂桃李さんは、世間の認知度的にも、正直、もう一つと言えるでしょう。

(タレントパワーとしては、綾瀬さんのほうが上かな、と。)

実は2016年に入って2人の破局説も持ち上がっていますが、

これも、

やはりはっきりした情報ではないようです…。

有名女優が、ほとんど無名の男性役者と”格差婚”だとか、

IT社長とか、得体の知れない青年実業家と結婚しました、

みたいなニュースは聞き飽きましたしね。

やっぱり

この2人の噂が本物だとすると、

「さわやかカップル」には違いありません。

…変に勘ぐりを入れると、

もしかしたら、

芸能レポーターにも応援されていて情報が表に出てこないのかも。

続報にのんびり期待です。

中谷美紀さん、渡部篤郎さんとうまくいって欲しかったなぁ。
>>夏木マリと中谷美紀が似てる理由は『里見八犬伝』にあり?

ずっとこの噂が消えない二人。真相は?
>>上戸彩とHIRO間に不仲説。別居寸前との噂は本当?

今となっては過去ですが、この2人もかつて世間を騒がしました。
>>常盤貴子の現在と松本人志との関係。濡れ場OKもワキガ?

Pocket



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこのブログをかいている人

大学卒業後、演劇と文筆活動をしながら、営業、販売、飲食、画家の助手、占い師の助手など、多様な職を経験。あらゆる業界に潜り込み、あらゆる人間関係に触れ、独自に人間心理の勉強をする。ひょんなことからある著名人のゴーストライターをやることになると、その後はフリーのもの書きに。このブログでは「人生のやっかいごと」をなるべくシンプルに解決できる実践方法や考え方を中心に、個人的に興味のある事柄を取り上げています。ふらっと立ち寄って何となく楽しんでもらえるような、そんな「お酒に合うブログ」を目指して。