• 占いを疑ってみよう
    「人気占い師はよく当たる」はウソ?人気占い師と不人気占い師の違い
  • 男と女
    なぜ失恋は時間が解決するのか?「第三者視点」の重要性
  • 人生を賢く生きる考え方
    真の友達とはどういう友達か?お釈迦様の名言とともに。
  • 考え方を変えてみよう
    頼まれごとはストレス?頼まれたらどんな返事をすべきか?
  • ストーリーの力
    プラス思考や自己啓発はなぜ気持ち悪いのか?
  • 占いを疑ってみよう
    宗教の勧誘はなぜしつこく、なぜうざいのか?その理由をズバリ!
  • 考え方を変えてみよう
    仕事を辞めたい時の「考え方」。決断は前進である。
  • 物語について
    人はみな「自分の人生という物語」では主人公
  • 占いを疑ってみよう
    占い師や霊能者は単なる嘘つきで詐欺師?本当のところどうなの?
  • 物語について
    物語や小説はなぜ面白いのか?その構造とは?
  • 占いを疑ってみよう
    血液型占いが嫌いな人・苦手な人が身につけておきたい知識
  • 占いを疑ってみよう
    絶対にハマってはいけない占い師の「手口」と「テクニック」
  • 人生を賢く生きる考え方
    「人生は最初から決まっている」という考え方はアリ?ナシ?
  • 人生を賢く生きる考え方
    人間が成長するには「孤独」が必要不可欠な理由。
  • 人生を賢く生きる考え方
    直感はなぜ当たる確率が高いのか?その意外な理由。
ビタミンCで下痢になる理由と、あなたが飲むべき量の見つけ方
Pocket

さて、

ビタミンCは、人間が口にする物質の中で

最も安全な物質な一つ

と言われているわけですが、

 

ど〜もこれに疑いを持つ人がいるようなので、

 

今回は、

 

「ビタミンCが下痢を引き起こす理由」

 

と、

 

「“自分”が飲むべきビタミンCの量の探り方」

(そうです、個人個人で、飲む量が違うんです、実は。)

 

について、

お伝えしていこうと思います。

 

(ちょっと先に言っておきますと、

ビタミンCによる下痢は、まったく悪い下痢ではありません。)

Sponsored Link

目指せ!ダイナミックフロー

ところで、みなさんは、

スーパーサイヤ人

になったことがありますか?

(何だ? とつぜん)

 

えーと、

私もないです…。^^;

 

頭が金髪になって逆立って、

大幅に戦闘力がアップする、あの

“スーパーサイヤ人状態”

ですが、

 

あれって、

同時に、

「気」が溢れまくっているわけですよ。

 

ちょっと今回、

そんなことを踏まえて、

ビタミンCの話題に入っていきますね。


ハイ、では行きます。



 

「ビタミンCをこれから常飲していこう」

という方は、

 

「血中濃度」

 

という言葉をぜひ覚えていてください。

 

どういうことかというと、

 

ビタミンCが血液中にどれくらい含まれているか

(つまり、ビタミンCの血中濃度)

を意識するということです。

 


ビタミンCは、

「とりあえず、1日1回飲んどきゃいいんでしょ?」

ってものじゃないんですね。

 

ビタミンCの“経口(けいこう)摂取”

(口からの摂取)を

1日に数度、繰り返すことによって、

ぜんぜん違った効果が得られるからです。

 

ビタミンCの血中濃度が下がりきる前に、

次のビタミンCをまた飲めば、

ビタミンCの血中濃度が、

少し上昇します。

 

ビタミンCを連続摂取して、

体をビタミンCで満たしている状態、

 

この「満タン状態」を、

 

「ダイナミックフロー」

 

と言います。

 

要するに、

“ビタミンC”が溢れちゃっている状態です。

 

言ってみりゃ、これ、

スーパーサイヤ人状態みたいなものですね。

(あっちは“気”が溢れているんですけど。)

 

で、

このダイナミックフロー状態にある人は、

なかなか病気にならないそうです。

 

…なんて素晴らしい。


(ちなみに、「ダイナミックフロー」と命名したのは、マンチェスター・メトロポリタン大学のスティーブ・ヒッキー博士とヒラリー・ロバーツ博士。…ちゃんとした名称なのですよ。)

Sponsored Link



「ダイナミックフロー状態」はなぜ無敵?

「血液中」にビタミンCがいっぱいになると、

「赤血球」が

ビタミンCをゆっくり取り込み、

やがて満たされると、

赤血球はビタミンCの取り込みをやめます。

 

この時、

「血液中のビタミンC濃度」と、

「赤血球のビタミンC濃度」は、

平衡が成り立っています。

 

血液はさらに、

全身のさまざまな組織にビタミンCを運んでいきます。

 

そしてそのうち、

組織のビタミンC濃度は、

血中濃度を上回ります。

 

これがつまり、

ダイナミックフロー状態。

 

こうなると、

ビタミンCは

組織から血液へも逆に移動できる状態になるので、

 

血液中のビタミンC濃度を、

一定期間、高く保つことができるようになります。

 

こうなると、

体内に入ってきたバイ菌とすぐに戦えます。

 

つまり、

感染症にかかりにくい、というわけです。

Sponsored Link



じゃあ、どれくらい飲めばいいの?

血中濃度

この言葉を覚えたら、

すみません、もう一つ覚えてください。

 

それは、

 

「腸管耐容量」

(ちょうかんたいようりょう)

 

という言葉です。

 

これはつまり、

あなたの腸管(つまり腸)が、

一度にどれくらいのビタミンCを受け取めきれるか、

その“受け止めきれる量”ということです。


さて、ようやくここから

今回の本題に入っていきます。

 

ビタミンCで下痢になってしまうことがあるのは、

簡単に言うと、

この腸管耐容量を上回ってしまっている、

ということなんです。

 

ビタミンCがすでにダイナミックフロー状態になっていて、

特に体内のバイ菌とも戦っていない…

それでもなお、ビタミンCを採り続けると、

 

“腸管そのもののビタミンCレベル(浸透圧)”

が高くなり、

 

それを解消しようと

大腸壁から大量のが腸管に流れ込み…

それが下痢となるのです。

 

腸からすると、

「もうそれくらいでいいですよ、

要らない分、もう流しちゃいますからね!」

 

ということです。

 

これが、ビタミンCが

「腸管耐容量に達した」ということです。

 

(ちなみにこの下痢は、食あたりの下痢などとは違ってほとんど痛くありません。ですから恐れる必要はあまりありませんし、「便秘」の人などは、むしろこの仕組みを“利用”してください。)


この腸管耐容量はですね、

人によって、違います。

 

ですから、

 

ダイナミックフロー状態を狙いながら、

なるべく、下痢にならないくらいの量

 

を、自分で見つけるのがいいわけです。

自分に適したビタミンC量の見つけ方

体力が落ちている時とか、

病気の時などには、

ビタミンCの必要量が変わってきますので、

 

個人でも、

調子の悪い時には多めに飲む、

などの工夫をする必要があります。

 

「…うーん、

それだと果たして自分がどれくらい飲めばいいのか、

手がかりが少ないなぁ」

 

と考えるあなた。

次のことをちょっと参考にしてみてくださいね。

 

ビタミンC学の権威であるクレナー博士は、

「予防量は治療量の5分の1」

と言っているようです。

 

で、予防に用いるビタミンC量は、

「1日に体重1キロあたり、70ミリグラム」であると。

 

ですから、

 

体重60キロの人は、

1回1グラムを1日に4回

 

ということです。

 

ちなみに、

 

私は体重70キロくらいですが、

だいたいこれくらいの量を飲んでいますね。

(1日に1グラムを4回飲みます。)

 

厳密にオーバーフロー状態を狙うなら、

もう少し、間隔を詰めても大丈夫だと思いますが、

(ほとんど下痢することないので)

 

まぁ私は、

ビタミンCと長〜く付き合っていくために、

とにかく、気楽にやっています。(^ ^)

 

もちろん、

ほとんど私、風邪もひかないし、

病気することないですよ。

 

みなさんもぜひ、

ここまでのことを参考にしつつ、

気楽に取り組んでいきましょうね。

 

…ちょっと今回、難しい内容も含まれていましたが、

なるべくスマートに語ったつもりです。

 

もっと詳しく知りたい方は、

参考図書のこちらをどうぞ。↓

ビタミンCの大量摂取がカゼを防ぎ、がんに効く (講談社+α新書)

 

では、

今回はここまで。





ビタミンCをたくさん飲んでも無意味? やっぱり天然型がいいの?
2019.5.6
さて、 ビタミンC好きの私による、 分かりやすい「ビタミンC記事」をいくつかお届けしております このサイトですが、 今回はですね、 「ビタミンCをたくさん飲んでも無意味」 という言説に対して、 ちょ...
ビタミンCはいつ飲むのがいいの? 飲むタイミングと量を解説!
2019.1.5
さて、 ビタミンCがそんなに健康にいいなら、 どうやって摂ればいいの? って話ですが、 そんなに難しい話ではありません。 ドラッグストアなどでビタミンCを買って、 ガンガン飲めばいいだけ。 あ、ガンガン飲んじゃいけませんね、 もう少し丁寧にお話ししましょう。 (先に言っておくと、 別にガンガ...
上手な日焼けの仕方とは?コツとアフターケアまでを解説
2019.5.6
前回の記事では、 紫外線ならびに日焼けの「害」について書きましたが、 「夏くらい日焼けしたいわ!」 「どうせ焼けるんなら、きれいに焼きてぇ!」 「やっぱ自分、小麦色の肌でいたいっス!」 といった方もい...
身長の低い男は嫌われる?「男の身長」と「女の胸」の共通点とは?
2019.5.6
「”男の身長”は、”女の胸”だ」 なんていう言葉がありますけど、 (誰が言ったか知りませんが、) 一般的に女性は 「身長の高い男性」を好み、 男性は 「胸の大きい女性」を好む傾向は、 確かにありま...
人相占いで男と女の暗部を探る。アゴやエラにこんな意味が
2019.5.6
「人相占い」は、 正式には、 「観相学」といって、 人相や手相の形状を見てその人の性質や運命を読み取る学問の一種です。 占いの一種と思われがちですが、 これは、当たるとか当たらないといった世界ではな...

Pocket

ビタミンCの関連記事
  • ビタミンCをたくさん飲んでも無意味? やっぱり天然型がいいの?
  • ストレスにはビタミンCを!「酸化」と戦ってくれる頼もしい存在
  • ビタミンCで下痢になる理由と、あなたが飲むべき量の見つけ方
  • ビタミンCはいつ飲むのがいいの? 飲むタイミングと量を解説!
  • ビタミンCのハンパじゃない健康効果! 知っておきたい基礎知識編
  • ビタミンCサプリに美白効果はある?飲まなきゃ損するビタミンCの万能ぶり
おすすめの記事