知花くららの性格とカネカCM、ユニクロワンピースの評判

Pocket

日本の芸能界と

たとえばアメリカの芸能界を比べると、

まず思うのは、

日本の芸能人って、(ジャニーズに代表される)小柄で子供っぽい感じの人が多いですよね。

最近の若手人気俳優も軒並み、身長が低い印象ですし、

そうすると当然、相手役の女性も小さくなるわけで、

高身長の正統派ルックスの人が、出てきにくい土壌があるかも知れません…。

今回は、

ミス・ユニバース2006世界大会で世界2位となり、

現在もモデル、また女優としても活躍する

知花くららさんを取り上げます。

Sponsored Link

国際的”美しさ”

知花くららさんは、

1982年生まれ、沖縄県出身、現在33歳のファッションモデルです。

かっこいい名前でいかにも芸名のようですが、

これは本名だそうです。

知花」という苗字は、沖縄には多いそうです。

それにしても、

そこに「くらら」を持ってくるとは、親御さんもなかなかイカしたセンスです。

上智大学を卒業した直後に、

ミスユニバースに選出され、

そのままミス・ユニバース2006世界大会で世界2位

という輝かしい栄光を手にします。

その後は、

国際的にも認めれたその美しい姿を生かし、

ファッションモデルはもちろん、

親善大使、サポーター、イメージキャラクター

といったお仕事で活躍してきました。

運命の歯車に運ばれて…

知花さんは、

もともとモデルの活動をしていたとか、興味があったわけではなく、

就職活動の途中で、偶然、

ミスユニバースの応募サイトを見つけたそう。

その前にすでに出版社に内定が決まっていたところを

思い切ってミスユニバースに絞って掴んだ栄光でした。

その肩書きを生かし、

モデルと国連WFPのオフィシャルサポーターの仕事を始めるのですが、

(なぜか)批判の声が多かったらしく、

その心労からか、

およそ2年間、摂食障害に陥っていたそうです。

スポンサードリンク


知花さんの性格とこれから

大学時代も、美容室にはほとんど行ったことがなく、

メイクもマスカラくらいしかしなかったとのこと。

ファッションや華々しい世界への憧れが、もともと強くなかっただけに、

とつぜんゲットしたあまりにも大きな肩書きに

重圧を受け、苦しんだことも多くあったと思います。

摂食障害から友人の

「きみはそのままでいいんだよ」

(”きみ”って女の友達が言うかなぁ?彼氏かなぁ?)

という言葉をきっかけに立ち直ってからは、

元来のおおらかな性格を取り戻し、

第一線のモデルでありながら、

人との会食では、

20時を過ぎても飲食するなど、

のびのびと仕事とプライベートを楽しんでいるようです。

また、2010年に、

モデル一本の事務所から、幅広く活動できる事務所に移籍していることから、

女優業にも意欲があるようです。

2015年現在でも、まだ

NHK大河ドラマ「花燃ゆ」くらいしか実績はありませんが、

芸能界でも稀に見る

”美しく均整のとれた顔とスタイル”を持つ彼女、

活躍の場はきっとあるはず。

自然体のさりげない美しさ

ミス・ユニバースに出場し、世界大会2位に入賞してから

国連WFPの活動モデルの仕事をスタートさせたものの、

この独自のルートには、

手本や道を示してくれる

”ロールモデル”といった存在がおらず、

試行錯誤を続けるしかなかったそう。

そんな中、

同じく、チャリティ活動に尽力してきた黒柳徹子さんに

励ましの言葉をもらって、

彼女自身、吹っ切れた部分が大きかったそうです。

また、

同じ女性の生き方として、

小泉今日子さんをお手本にしているとのこと。

…ふむふむ。

言うなれば、

カチッと普通の家庭を築くというよりは、

とにかく、自分らしく唯一無二の生き方をしていく

という感じですかね?

世間は、知花さんのその

”整いすぎたルックス”

”恐れ多い感じの肩書き”

「浮世離れした感じ」

を受けてしまうのですが、

専属モデルを務めている

DomaniとUNIQLOのコラボで、

ユニクロのワンピース

自然体で着こなしている彼女の姿は話題となったようです。

知花ユニクロ
…これですよ、これ。

彼女の魅力がある意味、爆発している写真のように感じます。

気取らず自然体で、

さりげなく美しい彼女の、

…けっして無理をしない

”さりげない活躍”を、

今後も期待したいと思います。

確かに、

女優に本腰入れても面白いと思いますが、

一方で、ファンとしては、

あまり泥臭い姿も、見たくないような…。

カネカのCMなどで、

その美しい姿をいつも見せてくれれば

わたしは満足です。

(実は私、この方、すごくタイプなのです、昔から。)

【関連記事】

黒柳徹子は引退間近か。足が太いのは激太りによるもの?

やらない善よりやる偽善の意味。24時間テレビって偽善?

マギーは酒豪で眉毛太すぎ、しかも案外胴長との噂

Pocket



2 件のコメント

  • ミスコン荒らし より:

    知花くらら さんは私には芸能人としては単なるブスにしか見えないのでアマチュアとプロの美的水準差を感じました。

    • mkthy(まくしー) より:

      最近は、コエンザイムQ10(カネカ)のCMがガンガン流れてますね、知花くららさん。
      お顔自体は沖縄の人独特のゴツゴツ感がちょっとだけありますが、
      声と雰囲気、スタイルも顔も、私は大好きです。
      人それぞれ好みや感じ方が違うものですね。
      私的には”倍率”下がってむしろ嬉しいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこのブログをかいている人

    大学卒業後、演劇と文筆活動をしながら、営業、販売、飲食、画家の助手、占い師の助手など、多様な職を経験。あらゆる業界に潜り込み、あらゆる人間関係に触れ、独自に人間心理の勉強をする。ひょんなことからある著名人のゴーストライターをやることになると、その後はフリーのもの書きに。このブログでは「人生のやっかいごと」をなるべくシンプルに解決できる実践方法や考え方を中心に、個人的に興味のある事柄を取り上げています。ふらっと立ち寄って何となく楽しんでもらえるような、そんな「お酒に合うブログ」を目指して。