CATEGORY 男性編

メンタリストDaiGoの本名と彼の語る血液型占いとは?

「自分の頭で考える」… 言葉で言うのはかんたんでも、 これは案外、難しいものです。 そのために人は、 人やものに対し、無意識のうちに 偏見を持ったり、レッテル貼りをして、 頭の中を整理しようとします。 ”血液型占い”もそ…

熊川哲也、4K映像でテレビ・映画に進出。アデランスも?

通常、人は言葉による表現で 意思を伝達しあうことができますが、 体の動きによっても 意思を伝えることが可能です。 「言葉による表現」の模索は、 常に各個人で行われているものですが、 「ダンスによる身体表現」 の模索を常に…

飯野高広の経歴&靴磨きと鞄修理の技を記した本の中身

人は、 自分が「毎日使っている物」の、 ”構造”や ”本当の使い方”を 実は、全然知りません。 これ、 スマホとかコンピュータのこと言ってると思います? 違います。 それはたとえば、あなたも毎日履いている 「靴」のこと。…

すざお=礒田誉博のwikiプロフィール。結婚や学歴は?

うーん、何か取り上げるの 気乗りしないんですが、 何で気乗りしないのか、考察のために やっていきましょう。 今回は 「チャラい元・市議会議員」として、 ほんのちょっぴり(一部で)話題の 礒田誉博(いそだ・たかひろ)さんを…

片岡仁左衛門の身長と愛之助との関係。設計図作成が趣味

常に ”ないものねだり” をするのは、人の性(さが)。 自由も欲しいけれど、 安定も欲しい。 迷うのも、 時には楽しいけれど、 時には面倒くさい。 世の中には、 その家で生まれた以上は、 必ず家業を継がなくてはいけない人…

見城徹、暗躍する裏の顔と年収。草刈民代とも浮名を流す

チャンスは「今がチャンスだ」 と思うものではない。 後から「あれはチャンスだった」 と思うものなのだ。 これ、誰の言葉だと思います。 ギリシャの哲人? いえ、日本において数々のベストセラーを手がけた 名編集者としても有名…

KABA.ちゃんの気になる弟とその美脚。鼻はだいぶ変化

コンプレックスって 誰にでもあるものです。 もし、 自分のコンプレックスを解消するのに 多大なお金が必要だとしたら、 人はそのために頑張るでしょう。 コンプレックスは、あらゆる頑張りの、 ”原動力”にもなるということです…

藤巻亮太は歌下手?その歌唱力と離婚の噂を検証

絵の「うまい・下手」とか、 歌の「うまい・下手」とか、 他人と ”主観”をぶつけ合うと、 いつも議論は、 堂々巡りになってしまいますよね? 味の「おいしい・まずい」 とかもそうですね。 今回は、 その歌唱力が果たして 高…

三浦雄一郎2013年エベレスト登頂の費用と犠牲者は?

わたしも毎年、 必ず一度は山に登る程度の 山好きなのですが、 山に登るのを生業(なりわい) とする人がいますね。 そんな プロの登山家 になるためには、 技術はもちろん、 スポンサー集めなども大変です。 (むしろ技術より…

中村秀夫の経歴とクレーンゲームへの愛。くれ達って?

UFOキャッチャーが初めて日本に登場したのは、 1985年のこと。 これ以前にも クレーンを操作して景品を獲るゲーム、 いわゆる クレーンゲームはありましたが、 UFOキャッチャーの大ブーム以降、 完全に市民権を得たとい…

古賀稔彦の2人のイケメン息子とスキャンダルの真相

動物だと生物学的に、 「刷り込み」っていう現象がありますが、 (生まれてすぐに見た物を”親”と認識するあれです。) 人間でも、子供の時は 何でも親が基準ですし、親の姿が「普通」です。 スポーツ選手の子供とかだと、 やっぱ…

石黒浩の作る美女ロボットと結婚は出来るのか?

一口にロマンチストと言いましても、 いろんなロマンチストがいるわけです。 ただ単に、 現実を見ることから逃げているのは、 よくないロマンチストですね。 科学者というのは、 たとえそれが夢のような話であっても 「仮説」を立…

真島茂樹の年齢は?相撲好きの”バイ”というのは本当?

テレビをつけると、相変わらず オネエ系タレント の人気は安定してますね。 男でもなく女でもなくなると 年齢すら超越して 誰に対してもいろんなこと言える立場になって、 なおかつ 反感も持たれにくい… という不思議な現象が起…

高畑裕太は顔でかいといじめられるも、今は加湿器のプロ

やっぱり今も昔も、 芸能人にとっては、 NHKの大河ドラマと朝の連続テレビ小説(朝ドラ) は、やはり”仕事の格調”が高いらしく、 これらをきっかけにブレイクする芸能人は 後をたちません。 大きな社会現象を起こした『あまち…

竹沢うるまの使用カメラ・機材&wiki風プロフィール

今では、すっかり カメラ= ”デジタルカメラ” が常識となりましたね。 これは プロとしてカメラを扱っている人にとっては、 もちろんいいことも多いようですが、 現状はコストアップしても売上はアップせず、 作業時間も長くな…

増田セバスチャンの妹そして年齢。アイフォンケースも好調

どんな人生であっても そこから、 誰にも持ってない経験と武器を手に入れ、 それを”個性”にして 輝くことができます。 きゃりーぱみゅぱみゅのライブの 演出・美術デザインを担当していることで有名になった 増田セバスチャンさ…

寺田心が何となく怖い?その家庭環境と鈴木福との関係は?

芸能界には”子役”と言われる 子供芸能人がいます。 そういった子役を、ただ 「かわいいなぁ」と 微笑ましく見る人も人もいれば、 自分の子供時代との比較からか、 ”抵抗感”を示す人もいます。 最近活躍している 寺田心(てら…

鎌田浩毅の代表作と棚上げ・不完全法…アウトリーチとは?

東日本大震災をきっかけに、 日本は、 大地動乱の時代が始まった と言われています。 世界的にもマグニチュード9の地震が起きた後は 数年以内に、 必ず火山が噴火しています。 そんな中、 各種メディアを通して、 火山をわかり…

南原清隆の演技はコント風?現在の仕事内容と嫁と息子

ウッチャンナンチャンのナンチャンこと、 南原清隆さん。 現在は、日テレの『ヒルナンデス』で、 いつのまにか、すっかり 日本のお昼の顔 とも言える存在になりました。 一方、相方のウッチャンは、 ゴールデンの番組の司会でよく…

勝地涼は関西弁も流暢な本格派。そんな彼の仕事の悩みは?

”本当の自分”って、 分からないものでして、 「これが本当の自分」 だと思っていたのは、 単なる 「自分の”理想の”自分」 なだけだったります…。 人生においても、仕事においても、 チャンスというのは、 不意にやってきて…