藤本隆宏、大河「真田丸」堀田作兵衛役で話題もオネエ疑惑

Sponsored Link



Pocket

がんばったからこそ、

次に行ける…

ということがあると思います。

”夢”は自由に持つことができます。

ですから、現実的に

ほとんどの夢は叶いません。

しかしその都度、挑戦し、

本気を出さないと、

次に進めません。

…引きずるものが多くなってしまうだけです。

今回は、

元・オリンピック選手として活躍しながら、

現在

俳優として活躍している

藤本隆宏(ふじもと・たかひろ)さんを紹介します。

Sponsored Link

藤本隆宏さんってどんな人?

現在、大河ドラマ「真田丸」で

堀田作兵衛役を演じている俳優さんです。

1972年生まれ、福岡県出身、現在45歳ですね。

6歳から水泳を始め、

1日に2万5千メートル以上も泳ぐほどの水泳漬けの日々を送り、

18歳の時、

ソウル五輪(1988年)に出場

次の

バルセロナ五輪(92年)では

400m個人メドレーで8位入賞、

この種目で日本人初の決勝進出でした。

…と、ここまで、

完全にアスリートの経歴です。

ここまでの実績があるのに、

さほど藤本さんの知名度がないのは、

バルセロナオリンピックといえば、

岩崎恭子さんが

「今まで生きてきた中で一番幸せです」

の名言で、世間の注目と話題をかっさらった年だからです。

その次のオリンピック、

アトランタにも挑戦しましたが、

代表落ちしてしまい、

25歳でアスリート人生を引退しています。

どうやって俳優の道に?

オーストラリアに水泳留学をした際に

初めてミュージカル『レ・ミゼラブル』を観て、

演劇の世界に惹かれていたようです。

引退後1年間は途方に暮れていたそうですが、

劇団四季のオーディションを受け、合格。

27歳の時に、

俳優人生をスタートしています。

…言うまでもなく、キャリアとして早くはありません。

元・オリンピック選手の経歴が効いた?

これはそうでもないようです。

彼は思い切り努力したのに

メダルが獲れなかった

元・オリンピック選手という肩書きに

コンプレックスを持っているとのこと。

(…十分すごいんですけどね。)

劇団四季のオーディションでは、

そういった自分の経歴をプッシュせずに、

「自分は努力することの天才です」

と自己アピールしたそう。

たとえ、結果が出なくても、

努力したこと自体には

誇りを持てる…

それくらいの”がんばり”はやったという自負があったのですね。

素晴らしいです。

スポンサードリンク


現在はどんな仕事をしている?

劇団四季では2年間活躍し、

(やっぱり動物でなく”人間”を演じたいということで退団。)

その後は、

蜷川幸雄さん演出の舞台を中心に

舞台俳優として10年近く活動し、

2009年から、

映像の仕事が増えてきました。

NHK「坂の上の雲」の海軍中佐・広瀬武夫 役を皮切りに

その顔の濃さと、

男臭さからか、

圧倒的に現代劇よりも時代劇のほうが多いようです。

藤本”姐”さん?

昨年(2015)年は

ラグビー日本代表の

五郎丸歩選手がブレイクしましたが、

彼は、実はオネエ系の人たちに圧倒的に人気があります。

そして、五郎丸選手に少し顔も似ていて、

”男臭い”イメージの

藤本さんも、同じく、

オネエ系の人たちにとても人気があるようです。

こんなに男らしいのに、彼のことを

”藤本姐(ねえ)さん”

と呼ぶ、ネット上のコミュニティもあります。

ま、真相はわかりませんが、

劇団四季時代に知り合った

栗原朗子(くりはら・あきこ)さんと

2011年から2015年までおよそ4年間の結婚生活を送った後、

離婚しています。

まぁ、そっち系であるというのは、

単なる、冷やかしの噂でしょう。

ふじもと裸
…と、言っておきます。(↑左は本木雅宏さん。)

ちなみに

栗原さんには2人の連れ子がいたようですが、

2人の間には子供はいないようです。

で、現在はどうやら独身のようですね。

しかしプライベートはあまり語ろうとしないらしく、

これらはすべてファン情報。

今後もバラエティに進出するようなことも(おそらく)

ないでしょうが、

「真田丸」の堀田作兵衛役の

この藤本さんに

こんな経歴があることを知っておくだけでも、

ドラマ自体に深みを持たせますよね。

今日はひとまず

「藤本隆宏”努力の天才”=堀田作兵衛」

ということだけ

覚えておきましょう。

同じく「真田丸」出演のこの人。”おぼこい子”どころか、実はヘビースモーカー?
>>黒木華はフィリピンとのハーフでモデル?地味なブス?

「真田丸」のキャストは”舞台”から呼び寄せているようです
>>声優・高木渉が大河「真田丸」で見せるリアル芝居の演技力

迫力の演技が早くも話題集中!
>>平岳大、大河「真田丸」の武田勝頼で悪役イメージから脱皮

Pocket

あわせて読みたい



Sponsored Link



ABOUTこのブログをかいている人

大学卒業後、演劇と文筆活動をしながら、営業、販売、飲食、画家の助手、占い師の助手など、多様な職を経験。あらゆる業界に潜り込み、あらゆる人間関係に触れ、独自に人間心理の勉強をする。ひょんなことからある著名人のゴーストライターをやることになると、その後はフリーのもの書きに。このブログでは「人生のやっかいごと」をなるべくシンプルに解決できる実践方法や考え方を中心に、個人的に興味のある事柄を取り上げています。ふらっと立ち寄って何となく楽しんでもらえるような、そんな「お酒に合うブログ」を目指して。