かっこいいのに低価格なサングラス!デザインの国・デンマークの銘品【レビューもあり!】
StockSnap / Pixabay
Pocket

日本では、サングラスはあまり定着していません。

 

ある調査では、実に29.5%の人が、

「サングラスをかけるのは恥ずかしい」

と回答したそうです。


日頃からに紫外線を気にしている

女性だけに絞っても、

6割以上が「サングラスをほとんどかけない」と回答しており、

その理由としては最も多かったのは、

かける習慣がないから(43.7%)」。

 

私は、こんな奥ゆかしい日本人が大好きなのですが、

そうは言っても、

事実、肌と同じように、目も紫外線によってダメージを受けます。

 

・白目の結膜が黒目に入り込む“翼状片”
・白目の一部が黄色く濁り盛り上がる“瞼裂斑”
・目の中のレンズが濁る“白内障”
・物が歪んで見える“加齢黄斑変性”
 

……なども、紫外線が発症の原因の一つと言われています。

 

こうなると、サングラスのことを、

「恥ずかしい」とか「かける習慣がない」などと言って、

簡単にはスルーできません。

 

せめて、レジャーに出かける時用に、

1本くらいは持っておきたいものです。

 

そうすると、その1本には“センス”が問われます。

 

「近所のメガネ屋さんで……」というのも悪くないですが、

せっかく、度のないサングラスなのですから、

この機会に、

センスの良さをさりげなくアピールできるサングラス

をゲットしてみませんか?

 

しかもそれが、さほど高くないというのは、大きな魅力です。

 

2018年創業、デンマーク発のサングラスブランド!
サングラスのこれまでの不可解な高価格に反旗を翻した、
高品質・低価格が自慢!
1本持っておくならコレ!

↓↓↓


 

→メシーウィークエンドのサングラス

デザインの国・デンマーク

デンマークと言えば、

世界的童話作家・アンデルセンを生んだ、

おとぎの国として有名ですが、

北欧のデザイン王国としても知られています。

 

デンマークが、優れたデザインの製品を多く生み出し、

今のような地位を獲得するに至った歴史的背景は、

大きく3つあります。

 
緯度が高く、冬の日照時間が極端に短いため、家の中をいかに快適にするかに力を注ぐようになった。
第二次世界大戦後の物不足の時代の中、いかに少ない材料で質の高い製品を作るかに苦心し、より技術が向上した。
デンマーク政府のバックアップもあり、国内にはデザインを学ぶための環境が整備されている。
 

こうした理由から、デンマーク製品には、

素材に対する敏感さや、生活の美学が息づくデザインが、

織り込まれるようになりました。


 
・家具デザインのフリッツ・ハンセン
・照明器具のルイス・ポールセン
・キッチン用品のDansk(ダンスク)
・子供用玩具のLego(レゴ)
 

などは、知っている方も多いはずです。

 

また、

夏の日照時間が一番長い時で、17時間半もある

という環境条件から、

デンマーク人にとって、サングラスはとても身近な存在です。

 

2018年に創業したばかりの

『MESSY WEEKEND(メシーウィークエンド)』のサングラスが、

実用的でありながら、長く愛用したくなる優れたデザイン

である理由も、推して知るべしでしょう。

高品質&低価格はお墨付き!

『MEESSY WEEKEND』を創業した2人の人物は、

 

「そもそも、サングラスやゴーグルは、

なぜ実際の生産にかかる費用と比べると高額なんだろう?」

 

という疑問を出発点として、

新しいアイウェアブランドを立ち上げました。


『MEESSY WEEKEND』のサングラスの価格と品質には、

この信条が反映されています。

 

きっと、カタログや実物を見ると、

「どうして、このデザインとこの品質で、この価格??」

と、驚かれると思います。


そして、紫外線透過率は、すべてUV400です。

 

もっと高価格帯のサングラスでも、

UV380」のものは多くありますが、

やはり、

最も波長の長い「UV-A」を99%カットできるUV400」

でなくては、紫外線対策のサングラスとしては物足りないはず。

 

一口で言って、「UV-A」をカットできるということは、

皮膚の中まで守ってくれるということ。

 
紫外線の波長の長さ
UV-C(100-280nm)…地表には届かない
UV-B(280-315nm)…皮膚の表面に影響(シミの原因)
UV-A(315-400nm)…皮膚の中に影響(しわ・たるみの原因)
 

その点、機能においても、

『MEESSY WEEKEND』のサングラスは、

十分に安心できるものと言えます。

身につけることを誇れるバックグラウンド

『MESSY WEEKEND』のサングラスは、

こだわりを持って選んだ素材を、

信頼できる工場で加工・生産しているのはもちろんのこと、

それらの工場はすべて、「ISO 14001」の認証を取得しています。

 

これは企業などの活動が環境に及ぼす影響を

最小限にとどめることを目的に定められた、

環境に関する国際的な標準規格です。


また、各商品の売り上げの一部を、

海洋ゴミ回収の活動を行うNGOに寄付しています。

 

まさに、環境先進国でもあるデンマークの面目躍如とも言えますが、

『MESSYWEEKEND』のサングラスを身につけることが、

こうした環境への取り組みを応援することにもなるのです。

 

サングラスを1本持っておくなら、

近所のメガネ屋さんもいいですけど、

オススメは間違いなく、『MESSY WEEKEND』です。

 

高品質・低価格・優れたデザイン!
デンマーク発の新進気鋭サングラスブランド
『MESSY WEEKEND(メシーウィークエンド)』
日本版公式オンラインショップはこちら!

↓↓↓


 

→メシーウィークエンドのサングラス

MW(メシーウィークエンド)のサングラスを実際につけてみた!

さて、ここからは、

実際に私が購入した、MWのサングラスをご紹介します!

 

購入するとこのように国際便で届きます。
デンマークから直接あなたの元に!


開けると、お、早くも漂う風格!


iPhoneの箱のように、妙に立て付けのいい箱です。
ゆっく〜りスライドして開けると……


姿を現しました!
……と思ったら、まだか。

さあ、袋から出します。


ジャ〜ン!!出ました!!


う〜〜ん、なめらかで、重厚な作り。




透過率はこんな感じ。


……これぞ、メシーウィークエンド!!


日差しがまぶしい時には、

サッと取り出して、スッとかけましょう!




ぜひ、カバンや車に入れておきたいですね。

新たな相棒との出会いです。

 

……もう覚えましたね?

サングラスといえば、デザイン王国デンマーク発の、

メシーウィークエンド(MESSY WEEKEND)です!

この品質で、なんと驚きの低価格。

 

スキーをされる方、ゴーグルもいいの揃ってますよ!


 

→メシーウィークエンドのサングラス

Pocket

こちらの記事もおすすめ