次の都知事は東国原、猪瀬、橋下徹、田嶋陽子のうち誰?

Pocket

いよいよ現・東京都知事の舛添要一氏が窮地に立たされています。

最近はワイドショーでも、ほぼボレギュラー(?)扱いですね。

といっても、会見では同じ発言ばかりを繰り返し、話はちーっとも進まないんですが。

相次ぐ豪遊外交問題に公用車での湯河原通いに、ヤフオクでの「ymasuzoe」疑惑、さらには「家族旅行」を「会議費用」と報告書。

逃げられないと思うんですけどねぇ…。

都民(国民)は早く次の段階に話を進めたいのです。

そう、次の都知事は誰になるのか?といった話題にです。

Sponsored Link

現在挙がっている名前は?

最有力視されるているのが元・衆議院議員で現在タレントの

東国原英夫さんです。

東国原
最近では妙に(?)テレビ出演が増えており、宮崎県知事の経験もさることながら、2011年の都知事選では、石原氏に次ぐ2位の得票数(1,690,669票)を得たという実績もあります。

これは直近5回の都知事選挙でも2007年の浅野史郎氏と並ぶ得票数です。

次に有力視されているのが、

元・大阪府知事で前大阪市長で、現在タレント兼弁護士の

橋下徹さん。

橋下
その手腕と人気から期待する声は多いですが、「大阪都構想」のイメージが強く、都知事を目指す大義名分がなかなか見つからないというのも事実。しかし安倍総理とのパイプが太い点、知事の実績、人気、スキャンダルのなさなど、”出馬さえすればほぼ当確”との見方が強いようです。

次に声が上がるのが、前・都知事の

猪瀬直樹さん。

猪瀬
しかし彼は、徳洲会グループからの資金提供問題で辞任し、その後罰金刑に応じたため、現在、5年間公民権が停止されています。出馬そのものが出来ない状態のですが、彼を期待する声が多いのは、オリンピック誘致や在任中の実績を再評価する声が高いからですね。

(それに彼は都民の税金に手を出したわけではないし、舛添氏と比べると同情に値するという声も多いみたいです。)

他おなじみのメンツ

前回の都知事選に出馬した方々は、やはり今、動向が注目されているようですね。

顔ぶれとしては、

現在、公正な税制を求める市民連絡会の代表や反貧困ネットワークの代表としての活動を続けている、元日弁連会長の宇都宮健児さん。

健児
 

言わずと知れた元・総理大臣、細川護煕さん。

護煕
 

謎の政治活動家、マック赤坂さん。

マック
 

元・航空幕僚長の田母神俊雄さんは、残念ながら前回の都知事選挙に関連する公職選挙法違反容疑で逮捕・起訴されており、保釈請求も認められていないので出馬は難しい状況…。

田母神

結局は知名度レースなの?

先日行われたあるワイドショーの都民アンケートによると、

1位:橋本徹
2位:東国原英夫
3位:池上彰
4位:猪瀬 直樹
5位:小泉 純一郎
6位:石原 慎太郎
7位:ビートたけし
8位:小池百合子
9位:蓮舫
10位:石原伸晃

という結果だったようです。

池上彰さんが3位ですが、ジャーナリストとしてあれだけの影響力を持つ人なので、今さら政治家になっても活躍の幅を狭めてしまうだけのような気がします。

7位のビートたけしさんもそうですね。

こうして見ていくと、

「次の都知事は誰がいいと思いますか?」の質問を受けると、

回答者の頭の中はこうでしょう。↓

知ってる政治家、知ってる政治関係者の名前を挙げよう…

あまり的外れでもいけない、同一意見が出ないと恥ずかしいから…

じゃあこの辺かな?

みたいな。

実際のところ、政治そのものに関心がなく、

ネコのたま駅長みたいに、

たま
「シンボル的存在としてカッコのつく人」

を求めているような感じですね…。

それには何より、

知名度がなくては話にならないわけです。

意外なあの人も参戦?

他、ネットで名前が散見される方々は以下の通り。

櫻井よしこ
櫻井よしこさん。

 

田嶋陽子
田嶋陽子さん。

 

進次郎
小泉進次郎さん。

 

片山
片山さつきさん。

うーん、

「次の都知事は誰がいいですか?」じゃなくて、

「舛添さんといえば誰が思いつきますか?」

の答えが混ざってますね…。

スポンサードリンク

 

さて私的予想は…?

舛添さんは、2016年5月27日現在、まだ辞任を表明していません。

しかし、辞任からは逃れられないでしょう。

おそらく7月の参院選とからめた選挙となるでしょう。

(衆参のダブルは、おそらくないでしょう。)

次の都知事こそ、東京オリンピックの準備をする都知事になります。

”知事経験者でなくては務まらない”でしょう。

オリンピックのセレモニーを演出するのは、その国において有名な映画監督が務めることが多いです。

ビートたけしさんなら適任でしょう。

そうなれば、

やっぱり…

東国原さんでしょうね。

周り巡って順当な予想ですみません。

橋下さんは次は国政に打って出るべきです。

櫻井よしこさんも国政が良いと思います。

ただ、

自民党が小池百合子さんを送り出してきたら分かりませんね…。

小池
東国原さんはここで自民の公認が得られれば、

都知事の先には、総理の椅子も見えてくるかも知れません。

「叩けば埃が出てくる」とご自分でも仰ってるようですが、これまでお金のトラブルがないのは非常に大きいです。

東京オリンピックに向かって、日本そして東京はこれから全力モードになっていくはずでしょう。

ビートたけしさんと東国原さんの師弟タッグに、私は期待します。

たけし東
「事実は小説より奇なり」…

あまりに”お笑い色”が強くて抵抗のある方も多いでしょうが、

世の中、

そんなものだと思います。

お笑い出身からオリンピックへ。
>>猫ひろしはなぜカンボジア国籍を取ったのか?その深い理由

こちらの選挙はついに8回目。
>>AKB48総選挙はもう飽きた?どうでもいいオワコンへ…

この方も以前よく『テレビタックル』に出てました。
>>篠原勝之は喧嘩の名人だとか。で、なぜクマさん?

Pocket



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこのブログをかいている人

大学卒業後、演劇と文筆活動をしながら、営業、販売、飲食、画家の助手、占い師の助手など、多様な職を経験。あらゆる業界に潜り込み、あらゆる人間関係に触れ、独自に人間心理の勉強をする。ひょんなことからある著名人のゴーストライターをやることになると、その後はフリーのもの書きに。このブログでは「人生のやっかいごと」をなるべくシンプルに解決できる実践方法や考え方を中心に、個人的に興味のある事柄を取り上げています。ふらっと立ち寄って何となく楽しんでもらえるような、そんな「お酒に合うブログ」を目指して。