萩原健一、小林稔侍、坂上忍の関係。刑事役が逮捕された?

Sponsored Link



Pocket

芸能界はある意味、世の中の縮図だと思うのです。

時代によって政治も、教育も、変化していけば、

人の性格、考え方だって時代に合わせて変化していきます。

一昔前の芸能界なんて、今よりもハチャメチャで、
数々の伝説を残している大物芸能人がたくさんいますね。

豪快伝説はもとより、何度も結婚したり、逮捕されたり…。

今回は、その中から萩原健一(はぎわら・けんいち)さんを取り上げます。

Sponsored Link

萩原健一さんってどんな人?

萩原 健一さんは、1950年生まれ埼玉県出身の現在65歳。

もともとテンプターズという音楽でデビューされた方ですが、多くの人にとっては俳優・萩原健一のイメージが強いのではないでしょうか?

「ショーケン」というあだ名は、デビュー前から地元で呼ばれていたあだ名そのままで、今でも親しい芸能人やファンの間でこう呼ばれています。

音楽活動は現在も続けており、一番最近だと、2010年に『ANGEL or DEVIL』というアルバムを出されています。

ショーケンの代表作

テレビドラマだと
『太陽にほえろ!』『傷だらけの天使』『前略おふくろ様』『外科医柊又三郎』

映画だと
『誘拐報道』
『恋文』
『いつかギラギラする日』
『居酒屋ゆうれい』

…などが有名でしょうか。

降旗康男黒澤明深作欣二といった有名監督から次々に出演をオファーされ、

中でも『恋文』は、作家・連城三紀彦が萩原をモデルにして書いた直木賞受賞作品を本人が演じて映画化されたもの。

70年代から80年代にかけて、一般のファンはもちろん、あらゆるクリーエーターにもそのカリスマ性と存在感を評価された大物俳優です。

その結婚暦と逮捕歴…

私生活において、結婚暦は実に5回を数え

1回目はドラマ『太陽にほえろ!』で共演のモデルと結婚

2回目は1980年にいしだあゆみと結婚、1984年に離婚発表。

3回目は倍賞美津子さんと、こちらは事実婚。

4回目は1996年にヘアメークアーティストと結婚し2006年に離婚。

5回目は2010年に冨田リカと結婚。

といった様子。

また、逮捕歴も多く、

1983年4月20日、大麻不法所持にて逮捕。

1984年、飲酒運転で人身事故を起こし、業務上過失傷害罪で逮捕。

1985年11月には、女優倍賞美津子との2ショット写真を週刊誌に撮られて激昂。カメラマンと編集者に暴行し、書類送検。

2004年には、車でバイク男性をはね、重傷負わせる。業務上過失致傷で現行犯逮捕。

2005年には、映画出演料めぐる恐喝未遂で逮捕。

…といった様子。

スポンサードリンク

 

小林稔侍、坂上忍との関係は?

この三人の共通点は

2003年にテレビ東京で放送されたドラマ
『西村京太郎スペシャル亀井刑事・十津川警部 トラベルサスペンス日本一周「旅号」殺人事件』

で共演したことです。

坂上忍さんはあるインタビューで、このドラマの撮影現場は、

「人の言うことを聞かない人ばかりで大変だった…」(←おそらく萩原さんのことだと思われます。)

と語っています。

ショーケンの魅力

その演技は三國連太郎からも
「彼は何をやるか分からない。毎回違う演技をする」と賞賛され、

長谷川和彦からは
「引き出しが幾つもある。ジュリーとは格が違う」

と絶賛されたそうです。

そう、ジュリーとは沢田研二

どちらも音楽出身(元・グループサウンズの大スター)の俳優で、何かと比較されることが多かったようですね。

ジュリーは爽やかさが売り、ショーケンはダークさが売り、といった感じで。

まぁ、私はこれらがリアルに分かる世代ではないのですが、

今の時代には出来ない生き方をされてきた方の、独特のオーラ・存在感といったものは、たとえ脇役であっても、作品中の重しになり、作品全体の格を上げる貴重な存在だと思います。

女性だと

樹木希林さんとか、竹中直人さんとか、小日向文世さんとか、西田敏行さんだとか…

もう挙げるとキリがないのですが、

「自分が生きてきた人生を深いオーラとして纏った、強烈な存在感」

を醸し出している大人って、素敵です。

いつか上に挙げた他の人たちのこともこのブログで紹介していきます。

オーラがこじれちゃったこんな人もいます…。
>>岡本夏生対ふかわりょう。キスも仲直りどころかセクハラに

草刈正雄さんは深く静かなオーラを纏っていますね。
>>草刈正雄の三谷幸喜作大河ドラマ「真田丸」にかける思い

お笑いの世界にはまた違う序列があるようで…。
>>志村けんの芸歴はタモリとどっちが長い?オール巨人とは?

Pocket

あわせて読みたい



Sponsored Link



ABOUTこのブログをかいている人

大学卒業後、演劇と文筆活動をしながら、営業、販売、飲食、画家の助手、占い師の助手など、多様な職を経験。あらゆる業界に潜り込み、あらゆる人間関係に触れ、独自に人間心理の勉強をする。ひょんなことからある著名人のゴーストライターをやることになると、その後はフリーのもの書きに。このブログでは「人生のやっかいごと」をなるべくシンプルに解決できる実践方法や考え方を中心に、個人的に興味のある事柄を取り上げています。ふらっと立ち寄って何となく楽しんでもらえるような、そんな「お酒に合うブログ」を目指して。