異性とはハグだけでいい。ハグの驚くべき効果とその可能性
StockSnap / Pixabay
Pocket

テレビをつければ、連日、

有名人の不倫スキャンダル……。

嫌になりますよね。

 

昔は、大御所芸能人なんて、

プライベートをまったく明かさなかったのに、

今では、人気を得るために、みんなこぞってプライベートを明かします。

 

我々にとっては、

メディアに出る人たちが身近になったことで、

芸能人たちが、“自分たちと大差ない存在”になり、

それで、

「非倫理的なことやったらいつでも引きずりおろしてやるゾ!」

という雰囲気になっているのだと、私は分析します。

 

それにしても、

「下半身」で失敗する人って、本当に愚かですよね……。

 

(逆に、「下半身」で“成功”する人は絶対にいません。)

 

てなわけで、今回は、

下半身を使わない愛情表現「ハグ」

について、便利な情報をお届けします。

 

(下半身を使わない愛情表現……

自分で言ってて「何だそりゃ」と思いましたが。)

Sponsored Link

目に見えないエネルギー「波動」

私は別に、

特定の宗教には一切入っていないのですが、

 

これから語ることは、

唯物論(ゆいぶつろん)的な1つの考え方です。

 

人間には、目には見えないエネルギー

“波動”

というものが流れています。


目には見えなくても、

これによって説明がつく事象がたくさんあるのです。

地震の“プレート説”と似たようなものです。

 

(そのプレートを直接見たことがある人がいなくても、

それによって、地震の起き方が説明できるという説です。)

 

この波動とは、生き物すべてにあって、

地球にもあります。

 

人は、この波動が高まると、

「閃き(ひらめき)」が多くなります。

 

(「ひらめき」って、自分の力というよりは、

世界の深遠と深く繋がって、

そこから“もらう”ようなイメージです。)

Sponsored Link



波動を高める3つの条件

“波動”ってものが、

どうも掴みにくいとういう人が多いでしょうから、

 

ここでちょっと寄り道して、

波動の高め方をご紹介します。

 

(ここから“イメージ”してくださいね。

要するに“波動”とは何なのか?と。)

 
波動を高める3つの方法

●あらゆる「こだわり」を取り除く

●頭に描いていることを表現する、行動に移す

●自分が「本当に望んでいること」をする

まるで、「悟りへの道」みたいですね… …。

 

つまり、世の中の役に立つように、

自分自身を“活かす”みたいなことですね…。

 

そして、それによって高まるエネルギーが、

”波動”です。

”ハグ”とは何か?

今日はちょっと難しい話を続けます。

 

人はみんな、

お互いを高めるために存在しています。

 

人と人とは、

お互いに関係性を持つことによって、

「1人ではいけなかったステージ」まで、

人間を高めるのです。

 

“好きな人”も、“嫌な人”も、

そのために存在しています。


(だからといって、嫌な人に囲まれても幸せになりませんからね。

どこにいっても、どうせ嫌いな人は「いる」ので、

そこでのストレスがきつく、許容範囲を超えるようであれば、

「逃げること」をオススメします。)


要するに、

お互いを高め合う(波動を高め合う)のが、人間の生きる目的で、

そのためのもっとも効果的な行為が、

“ハグ”

なんです。

 

男性と女性は、抱き合うことによって、

エネルギーの交流を起こし、

お互いの“波動”を高めることができるんですね。

 

けっして、「性行為」をすることによって、ではありません。

Sponsored Link



エネルギーを効率良く高める「ハグ」

本来、

「性行為」というものは、

子孫繁栄のためだけに行われることでした。

 

事実、人間以外の動物は必要最低限しかしません。

 

しかし、

人間は、その「欲望」の強さのため、

年がら年中するようになってしまいました。

 

「“波動”を高める」

「人としてお互いを高め合う」

という、原点に帰って本質を見直せば、

本当は「ハグ」が、最良かつ、究極の手段なんです。

 

性行為のように、ただ「快楽」を求めて、

逆に“エネルギーを使ってしまう”

のは、本当はとても、「非効率」なことなんですね。


このことを知った上で、

今後あなたがどう振る舞うかは、あなた自身の自由です。

 

ただ、このことを知ってさえいれば、

下半身に振り回されて、大事なものを失ったりするようなことは、

なくなるのではないかと思います。

 

……そんな、

ちょっときわどい、でも、きわめて重要な”お話でした。

Pocket

こちらの記事もおすすめ