ハロウィンとは何ですか?の疑問に世界一分かりやすく答える

Sponsored Link



Pocket

ここ数年、仮装した大人たちが、

六本木などを大挙して練り歩くという

異様な光景を生み出しているハロウィン。

今でこそ、「ハロウィン」という言葉が違和感なく耳に入ってくるようになりましたが、

ここまでこの言葉が日本に根付くには、

実は、長い”下積み期間”がありました。

こんなハロウィンが何となく嫌で冷ややかな目で見ている人も、

仮装して盛り上がっている人も、

どのようにして日本にハロウィンが上陸したか?

いったいハロウィンとは何なのか?

を、ここらでいっちょ知っておきましょう。

Sponsored Link

日本におけるハロウィンブームの先駆けは?

日本でハロウィン関係のイベントが初めて行われたのは、

1997年のこと。

まだ20年足らず、と見るべきか、

もう20年もやってるのか、と見るべきかは人それぞれでしょう。

先駆けは

おそらくみなさんもご存知、

ディズニーリゾートで行われている

ディズニー・ハロウィーンですね。

はじめは10月31日のみのイベントだったんですが、

2000年代に入ってからは、

クリスマスと同格のスペシャルイベントに成長し、

現在では9月初旬から10月31日まで行われ、

すっかり、夏休みとクリスマスをつなぐイベントとして定着してしまいました。

物販に力を入れるディズニーリゾートとしても、

”仮装”という要素のあるハロウィンは、立派な商機となったようですね。

imagesimages-3
そして、もう一つ、

現在の日本のハロウィン定着に導いた代表的なイベントがあります。

それは、

川崎市の仮装パレード

「川崎ハロウィン」

です。

こちらは川崎市と近隣の商業組合が協力して行っているイベントなので、もはや地元の祭りのような扱いですね…。

不思議というか変な因縁というべきか、

これも初回はディズニーハロウィンと同じく、1997年

初回1万人規模のイベントだったものが2000年を超えたあたりからすでに(見物客合わせて)10万人規模のイベントへと成長しています。

images-1images-2
こちらもやはり、

夏が終わってから、秋から年末へまでの間、

お客さんの足を途絶えさせないためのイベントしてしっかり機能ているようです。

現在、この川崎ハロウィンの成功を真似て、

日本各地の行政や商業組合が、ハロウィンイベントを開催するようになってきています。

何だか、高知県から日本各地に伝播した「よさこい祭り」と重なるところがありますね…。

images-6
実は、よさこい祭りが全国に広がっていったのも、

2000年代になってからなんです。

ちなみにこれはハロウィンと違って、時期も問いませんので、

今や、12月と1月と2月以外は、

日本のどこかで必ずよさこい祭りが行われいるといった状況になっています。

(本場・高知では8月9日〜12日の4日間ですが。)

スポンサードリンク


ハロウィンの由来と意味

ハロウィンとは、もともと、

中央アジア草原からヨーロッパに渡来した民族

ケルト人が

秋の収穫を祝って、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いの行事

でした。

Unknown
ですが、

これを1番最初に民間行事として取り入れたアメリカでも

すでに本来の意味は失われており

カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、

子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする

単に楽しげなイベントに変化していってしまいました…。

今、日本に定着しつつあるハロウィンはこれをさらに独自に進化(?)させたものと言っていいでしょう。

日本では大人が率先して仮装して楽しんでますが、

そういう楽しみ方も、

特に間違いではないのです。

何せ、もともとの意味などは(アメリカですら)とっくの昔に失われているわけですから。

Halloween OTR at Robins AFB. Warner Robins, Georgia
スポンサードリンク


祭りは、テーマさえあれば何でもいい

正直私も、

突如、節分の時期に太巻きを食べさせられるようになったり、

秋にかぼちゃをくり抜いたものを飾るようになったりすることに、

抵抗感を示していたクチなのですが、

元来、人は、ちょっとしたテーマとルールさえあれば、

祭りをやりたがるものです。

こうしたイベントで街(村)じゅうが一体化する感覚が味わえたり、

自分の街を好きになるきっかけになれば、

何もわるいことはありません。

そうした視点を持つと、

今全国に広がりつつある、ハロウィンイベントを見ても、なかなか興味深いものがあります。

すでにすっかり定着している日本の祭りやイベントだって、

必ず、”初回”があって、

そこから少しずつ歴史を積み重ねていったはずなんです。

ですから、

近年のハロウィンイベントを見守るのは、

一つの祭りが立ち上がっていく様子を見守っているようなものです。

まだまだこれからどのように変化していくかわかりませんが、

少なくとも言えるのは、

これは若い人中心で行われている祭り(イベント)であること。

現代の若者が後世に残していく文化が、どういう風に仕上がっていくか、何とも楽しみじゃないですか。

まあ、気にくわない人も、テレビで見るだけとか、仮装しなくても見物だけでもいいですし、関わり方はさまざま。

あたたかく見守ってあげましょう。

【関連記事】

足が速い子の特徴と、押さえるべきかけっこの基本的なコツ

「きれいに使って頂きありがとうございます」の恐るべき効果

人が絶対読めない名前をつけると後悔する理由

Pocket

あわせて読みたい



Sponsored Link



ABOUTこのブログをかいている人

大学卒業後、演劇と文筆活動をしながら、営業、販売、飲食、画家の助手、占い師の助手など、多様な職を経験。あらゆる業界に潜り込み、あらゆる人間関係に触れ、独自に人間心理の勉強をする。ひょんなことからある著名人のゴーストライターをやることになると、その後はフリーのもの書きに。このブログでは「人生のやっかいごと」をなるべくシンプルに解決できる実践方法や考え方を中心に、個人的に興味のある事柄を取り上げています。ふらっと立ち寄って何となく楽しんでもらえるような、そんな「お酒に合うブログ」を目指して。