早歩きのダイエット効果に注目。速度と脂肪燃焼の関係性とは?
Prawny / Pixabay
Pocket

歩き方には、その人の性格や心理が出ています。

 

たとえば、

速く歩く人は、先回りして心配ばかりする性格の人。

ですので、コツコツと努力を続けられれば成功するタイプ。

 

一方、

ゆっくり歩く人は、優柔不断で何事にも受け身の人。

その優しさを生かして自分を客観視すれば、

決断もできるようになるでしょう。

 

また、

靴を引きずって歩く人は、陽気に見えても実は寂しがり屋の人。

でも、一応社交的な人なので、サービス業などが向いています。

 

……こうした心理や性格はともかく、

歩くのが速い人って、

あまり太っている人がいないように感じませんか?

 

そこで、今回は、「早歩きのダイエット効果」

などについて、お話ししたいと思います。

(※本稿の初稿は2016年8月です。)

Sponsored Link

早歩きの効果とは?

これからするお話は、

「やせるためにも、日頃から早く歩きましょう」

という話ではなくて、

早歩きの筋力アップ効果についてです。

 

体の筋力をつけるには、

まずは、下半身から鍛えることです。


体の“土台”とも言える下半身がしっかりすると、

腹筋や背筋など上半身の筋肉もつけやすくなります。

 

そして、

下半身の筋肉をつけるには、言うに及ばず、

歩くのが一番。


 

一般的に、ウォーキングと言われるものは、

のんびりダラダラと歩くことではなくて、

早歩きのことを指します。

 

少し早めに歩くことで、心拍数が上がり、全身の血行がよくなるのです。

 

ですから、

普段から早歩きをしている人は、

常にこうした脂肪燃焼効果を得ているわけですね。

 

どうりで、

せっかちな人に太っている人はいないわけです…。

walking_group2-1

どれくらいの速度で、どれくらいの時間やるのが効果的?

人間の歩く速度は、通常、

まわりの景色を楽しみながら優雅に歩く時は、

時速2kmほど。

 

急いでいる時や、いつも歩くのが速い人で、

だいたい時速3〜5kmの間。

 

時速6〜7kmになってくると、

かなりの大股開きか、もはやジョギングのような格好になってきます。

 

ですが、速度計をつけて歩く人などいないので、

これだと分かりにくいですよね。

 

だいたいの目安として、気持ち的に、

「もしかした間に合わないかも知れない。

ここはちょっと早めに歩くか……」

みたいな感じの歩き方がウォーキングの速度に適していると思います。

 

(こんな状況って誰もが経験してますよね?思い出してみてください。

……そう、その時の歩くスピードです!)


次に、時間ですが、

 

脂肪燃焼効果のみを考えるなら、20分程度

筋力アップを図るなら、30分程度

 

が必要と言われています。

Sponsored Link



普段の生活の“運動強度”を上げてみる

冒頭で、

「歩くのが早い人で、太っている人はいない」と言いましたが、

ウォーキングの効果を期待するなら、

「気持ちをせっかちにしたイメージで歩く速度」

がいいわけです。

 

もちろん、やせるために、性格的にせっかちになる必要はありませんが、

普段から生活の中の動きが

“強度の高い運動”となるよう心掛けていれば、

それだけで多少の運動不足解消になるでしょう。


階段を上がるとそれだけで胸がポカポカする……

それでいいんです。

それでこそ効果が出てるんです。

 

さらに、

階段を2段ずつ上がってみる、

歩く時も少し早歩きにして、意図的に運動強度を上げてみる……

そんな感じでいいんです。

 

「ダイエットのために何か運動しよう」と意気込むと、

何だか余計に高いハードルのように感じてしまうので、

 

普段から

「こっちの道のほうが太ももにじんわりきそうだな」とか、

「ちょっと早く歩いたほうが、胸がポカポカしそうだな」

という心掛けを持ったほうが、かも知れませんね。


Pocket

こちらの記事もおすすめ