「ほぼほぼ」という言い回しはなぜ人をムカつかせるのか?

Sponsored Link



Pocket

面と向かって人に指摘はできないけれど、

何だかひっかかる

”流行り”のような言い回しがあります。

最近だと

「ほぼほぼ」

はその筆頭格でしょう?

今回は、この「ほぼほぼ」が

なぜ、人をモヤモヤさせるのかを考えていきます。

Sponsored Link

私の周りの「ほぼほぼ」

私はこの「ほぼほぼ」に思いを巡らせると

前の職場の上司を思い出します。

 

その仕事は販売業で、

その人は、一応、フロア長でした。

 

朝礼や終礼などでよく「ほぼほぼ」という言葉を使っていました。

人の前に立って、報告などをする中でこの言葉を使っていたのです。

 

ちなみにその人の立場は、

中間管理職の最たるもの。

 

「上」の意思を汲み取って、

間違い無く「下」に伝えつつ、

現場をより良い方向に向かって進めていかなくてはなりません。

 

ですのでもちろん、

報告材料や、現場の進捗や認識に関して、誤りがあってはいけません。

 

不安と、少々の自信のなさが

「ほぼほぼ」という、彼の言葉に表れていたように思います。

 

でも、

この「ほぼほぼ」を発するときは、彼はなぜか、

妙に自分に酔っているような感じ

も漂わせていて、

私は個人的に、その人がメチャクチャ苦手でした…。

images
Sponsored Link



なぜ「ほぼほぼ」を使うか?

そもそも

「ほぼほぼ」などという言葉はありません。

 

「ほぼ」は一回でいいのです。

 

では、

なぜ「ほぼ」をわざわざ2回重ねるのでしょう?

 

「ほぼ」とは

少々の憶測を含む「ほとんど」という意味です。

 

ですから、

”総量”をどの程度と考え、

そのうちのどこまで達すれば「ほとんど」と考えられるのか、

それは

当人の”主観”に任せる部分が強くなります。

 

ですから、

もともと推量の表現である「ほぼ」すらも、

言い切る自信がない場合に、

「ほぼほぼ」と2回重ねるのです。

images-1

これは「ボボボーボ・ボーボボ」

なぜ人をムカつかせるのか?

しかし、この「ほぼほぼ」が厄介なのは、

もっと深いところにあります。

 

自分の主観で

(「ほとんど」のところを)

「ほぼ」と言えばいいのに、

それにすら自信がないから2回重ねているくせに、

 

この

「ほぼ」を2回重ねることによって、

”慎重さ”

も滲み出るんですね。

 

心の中はこんな感じです。↓

 

(今、このケースは「ほぼ」と言っていいのかな? どうだろう…?

とりあえず私、今、おそるおそる「ほぼほぼ」と言ってますよ)

 

みたいに。

 

もっと言うと

(私、微妙なところの見定めもしてますよ)

なんて感じに。

 

本当は単に自信がないだけなのに…。

ズルイ。

 

つまり、

 

自信のなさが表れている言葉なのに、

本人的には、それを「自分の慎重さ・誠実さ」みたいなものに

”自己解釈”しているのです。

 

これこそが、

私たちが「ほぼほぼ」という言葉に

イラっときたり、ムカついたり、

何となくモヤモヤしてしまう理由です。

Sponsored Link



代表的な「ミヤネ屋」の宮根氏

ここまで読んでくださった方、

少なくとも

この「ほぼほぼ」という言葉は、

言葉を大事にすべきアナウンサーは、使っちゃいけないと思いませんか?

 

でも、

よくこの言葉を使うアナウンサーがいます。

宮根誠司氏です。

images
この方は中継先のリポーターと話すときでも、

よく相手の言葉をさえぎって、喋りだすシーンも多く見受けられます。

 

また、

「ほぼほぼ」以外にも、

「いやだから要するに!」

という言葉もよく耳につきますね。

 

本人は誠実さを表そうとしながら、

その実、薄っぺらさが出てしまう

「ほぼほぼ」

 

そして、

俺様が視聴者に分かりやすくまとめてやるぜ!

と意気込みながらも、

リポーターやコメンテーターの人たちを尊重しない

横柄さが表に出てしまう

「いやだから要するに!」

 

…宮根氏は、非常に人気の高いアナウンサーですが、

一方ではアンチも多いと聞きます。

 

そういったアンチの方々は少なからず、

心の中でこの方の

優しく誠実そうに見せかけながら

”したたかさ”が滲み出ている

ところを、

繊細な心で感じ取っているのかも知れません。

 

少しフォローもしておくと、

個人的には、

この宮根氏は、

番組の雰囲気作りや

堅いニュースを親しみやすく伝える点では、

優秀なアナウンサーだと思っています。

 

そんなわけで、今回は、

「ほぼほぼ」の考察でした。

「頑張れ」は嫌な言葉か?「♪がんばり〜すぎないでぇ〜」の真の意味

2017.10.05

「きれいに使って頂きありがとうございます」の恐るべき効果

2016.08.22

悪口を言う人はなぜ嫌われる?タレントの毒舌と何が違う?

2016.08.19
Pocket

あわせて読みたい



Sponsored Link



ABOUTこのブログをかいている人

演劇と文筆活動をしながら、画家の助手、占い師の助手、著名人のゴーストライターなど、数々の”珍職”を経験。現在は、童話作家、フリーライターの顔を持ちながら「ストーリーカウンセラー」としても活動中。こちらのブログでは「人生のやっかいごと」をなるべくシンプルに解決する方法・考え方を中心に、個人的に興味のあることを”総合的に”紹介しています。