• 人生を賢く生きる考え方
    「人生は最初から決まっている」という考え方はアリ?ナシ?
  • 占いを疑ってみよう
    「人気占い師はよく当たる」はウソ?人気占い師と不人気占い師の違い
  • ストーリーの力
    プラス思考や自己啓発はなぜ気持ち悪いのか?
  • 人生を賢く生きる考え方
    真の友達とはどういう友達か?お釈迦様の名言とともに。
  • 考え方を変えてみよう
    仕事を辞めたい時の「考え方」。決断は前進である。
  • 男と女
    なぜ失恋は時間が解決するのか?「第三者視点」の重要性
  • 物語について
    人はみな「自分の人生という物語」では主人公
  • 占いを疑ってみよう
    宗教の勧誘はなぜしつこく、なぜうざいのか?その理由をズバリ!
  • 人生を賢く生きる考え方
    直感はなぜ当たる確率が高いのか?その意外な理由。
  • 人生を賢く生きる考え方
    人間が成長するには「孤独」が必要不可欠な理由。
  • 占いを疑ってみよう
    占い師や霊能者は単なる嘘つきで詐欺師?本当のところどうなの?
  • 占いを疑ってみよう
    血液型占いが嫌いな人・苦手な人が身につけておきたい知識
  • 物語について
    物語や小説はなぜ面白いのか?その構造とは?
  • 占いを疑ってみよう
    絶対にハマってはいけない占い師の「手口」と「テクニック」
  • 考え方を変えてみよう
    頼まれごとはストレス?頼まれたらどんな返事をすべきか?
「ほぼほぼ」という言い回しはなぜ人をムカつかせるのか?
Pocket

面と向かって人に指摘はできないけれど、

何だかひっかかる

”流行り”のような言い回しがあります。

最近だと

「ほぼほぼ」

はその筆頭格でしょう?

今回は、この「ほぼほぼ」が

なぜ、人をモヤモヤさせるのかを考えていきます。

Sponsored Link

私の周りの「ほぼほぼ」

私はこの「ほぼほぼ」に思いを巡らせると

前の職場の上司を思い出します。

 

その仕事は販売業で、

その人は、一応、フロア長でした。

 

朝礼や終礼などでよく「ほぼほぼ」という言葉を使っていました。

人の前に立って、報告などをする中でこの言葉を使っていたのです。

 

ちなみにその人の立場は、

中間管理職の最たるもの。

 

「上」の意思を汲み取って、

間違い無く「下」に伝えつつ、

現場をより良い方向に向かって進めていかなくてはなりません。

 

ですのでもちろん、

報告材料や、現場の進捗や認識に関して、誤りがあってはいけません。

 

不安と、少々の自信のなさが

「ほぼほぼ」という、彼の言葉に表れていたように思います。

 

でも、

この「ほぼほぼ」を発するときは、彼はなぜか、

妙に自分に酔っているような感じ

も漂わせていて、

私は個人的に、その人がメチャクチャ苦手でした…。

images
Sponsored Link



なぜ「ほぼほぼ」を使うか?

そもそも

「ほぼほぼ」などという言葉はありません。

 

「ほぼ」は一回でいいのです。

 

では、

なぜ「ほぼ」をわざわざ2回重ねるのでしょう?

 

「ほぼ」とは

少々の憶測を含む「ほとんど」という意味です。

 

ですから、

”総量”をどの程度と考え、

そのうちのどこまで達すれば「ほとんど」と考えられるのか、

それは

当人の”主観”に任せる部分が強くなります。

 

ですから、

もともと推量の表現である「ほぼ」すらも、

言い切る自信がない場合に、

「ほぼほぼ」と2回重ねるのです。

images-1

これは「ボボボーボ・ボーボボ」


なぜ人をムカつかせるのか?

しかし、この「ほぼほぼ」が厄介なのは、

もっと深いところにあります。

 

自分の主観で

(「ほとんど」のところを)

「ほぼ」と言えばいいのに、

それにすら自信がないから2回重ねているくせに、

 

この

「ほぼ」を2回重ねることによって、

”慎重さ”

も滲み出るんですね。

 

心の中はこんな感じです。↓

 

(今、このケースは「ほぼ」と言っていいのかな? どうだろう…?

とりあえず私、今、おそるおそる「ほぼほぼ」と言ってますよ)

 

みたいに。

 

もっと言うと

(私、微妙なところの見定めもしてますよ)

なんて感じに。

 

本当は単に自信がないだけなのに…。

ズルイ。

 

つまり、

 

自信のなさが表れている言葉なのに、

本人的には、それを「自分の慎重さ・誠実さ」みたいなものに

”自己解釈”しているのです。

 

これこそが、

私たちが「ほぼほぼ」という言葉に

イラっときたり、ムカついたり、

何となくモヤモヤしてしまう理由です。

Sponsored Link



代表的な「ミヤネ屋」の宮根氏

ここまで読んでくださった方、

少なくとも

この「ほぼほぼ」という言葉は、

言葉を大事にすべきアナウンサーは、使っちゃいけないと思いませんか?

 

でも、

よくこの言葉を使うアナウンサーがいます。

宮根誠司氏です。

images
この方は中継先のリポーターと話すときでも、

よく相手の言葉をさえぎって、喋りだすシーンも多く見受けられます。

 

また、

「ほぼほぼ」以外にも、

「いやだから要するに!」

という言葉もよく耳につきますね。

 

本人は誠実さを表そうとしながら、

その実、薄っぺらさが出てしまう

「ほぼほぼ」

 

そして、

俺様が視聴者に分かりやすくまとめてやるぜ!

と意気込みながらも、

リポーターやコメンテーターの人たちを尊重しない

横柄さが表に出てしまう

「いやだから要するに!」

 

…宮根氏は、非常に人気の高いアナウンサーですが、

一方ではアンチも多いと聞きます。

 

そういったアンチの方々は少なからず、

心の中でこの方の

優しく誠実そうに見せかけながら

”したたかさ”が滲み出ている

ところを、

繊細な心で感じ取っているのかも知れません。

 

少しフォローもしておくと、

個人的には、

この宮根氏は、

番組の雰囲気作りや

堅いニュースを親しみやすく伝える点では、

優秀なアナウンサーだと思っています。

 

そんなわけで、今回は、

「ほぼほぼ」の考察でした。

[kanren postid="2772"][kanren postid="1770"][kanren postid="1727"]

Pocket

情報・知識の関連記事
  • やらない善よりやる偽善の意味。24時間テレビって偽善?
  • 人が絶対読めない名前をつけると後悔する理由
  • 「頭がいい」とはどういうことか?その定義を考える
  • 夢に運命の人が…?「予知夢」の不思議
  • 初対面の人への声のかけ方はこうすればいい【シンプルな基礎知識】
  • アイデンティティーの確立とは?その方法は意外なところに
おすすめの記事
【7通目】特別なご案内。
自分の頭で考えるための7通の手紙
(※なお現在、ストーリーカウンセリングのサービスは休止しております。) こんにちは。 平山真人です。 いよいよ今回が、 『あなたへの手紙...