人間の「本性」が出る時。「人間性」が変わる時。

Sponsored Link



Pocket

昔見た、何かのテレビ番組で、

田舎に住むおばあさんが語ってました。

「人間ってのは、

10年付き合ってみないと分からない」

と。

 

私は最初、笑ってしまったんです。

「いくら何でも、そりゃ長すぎだろ」と。

でもこの言葉は、ずっと私の心の中に残り続けました。

自分なりに心理学を勉強し始めたのも、このことがきっかけだったのかも知れません。

 

今では、

「確かに10年くらい付き合わないと分からないな」

と思う部分もあるのですが、

もう少し要領よく、

人の本性を見抜く方法がありますので、

今回は、それをご紹介します。

Sponsored Link

人間が本性を現す時

本性を現す…といったら、

いかにも悪いところが出てきそうな感じがしますが、

その人間の本質の部分というか、根っこにある部分のことについて、

これから説明します。

 

細かく見ていくと、歩き方、笑い方、喋り方などいろいろあるのですが、そのあたりは高度ですので、

今回紹介するのは、シンプルに、3つの場面

 

①大酒を飲んだ時

酔うと人が変わる人がいます。絡んできたり、急に威張り出したり。

あとになって

「あの時は酔ってたからゴメンね」

なんて謝る人もいますが、

基本的にその人の人格にないものが出てくることはありません。

お酒を飲むと気が緩むものです。

酔ってしまい、普段とは全く違う言動をする人に関しては、

少し注意して付き合ってもよいでしょう。

 

②大金を手にした時

それまでの日常で手にしたことのないお金を手にした時、

その人がどう変化するか?

これも人間を見抜く大きな要素です。

気が大きくなって大盤振る舞いをしたり、

急にお金遣いが荒くなる人には要注意です。

 

③車のハンドルを握った時

これは「権力」を手にした時、と言い換えてもいいかも知れません。

車を運転した時に、

普段はおとなしいのに、急にスピード狂にように走り出したりとか、

他の車を罵倒しまくったり、

方向指示器も出さずに荒っぽい運転をする人には、要注意。

また、

部下を持ったり、組織での立場が上になった時に、

その人が以前と比べてどう振る舞うか、よく見ておきましょう。

”力”を持つと、

その人の本性が非常に出やすくなります。

↑アルコール楽しむ際に、肝臓や胃腸への負担を軽減するためにも酒の肴は重要です。

スポンサードリンク


人間性が変わる時

”本性”というものがあっても、

それがずっとそのままだとは限りません。

人間性は磨くことができます。

人が人生の中で、

人間性を変えるタイミングも、大きく3つあります。

それは、

 

①大きな病気や怪我をして、長期入院した時

普段当たり前のようにできたことが、できなくなった時、

人はそれまでの自分を振り返り、

「当たり前」に改めて感謝します。

 

②罪を犯し、刑務所に入ることになった時

ルールを破り、懲罰を受けた時、と言い換えてもいいでしょう。

社会や組織から逸脱し、それまで持っていた”権利”を失ってしまうと、

自分のちっぽけさや、多くの人に支えられていた事実を再認識します。

 

③ビジネスに失敗し、財産を失ってしまった時

これはもう少し小さいレベルで

「持っていたお金を失ってしまった時」

と言い換えてもいいでしょう。

これによって「自分が変わる」というよりも、「周りが変わる」から「自分も変わらざるを得ない」というところがあるでしょう。

 

この3つのタイミングは、どれも、

社会から拒絶されたり、相手にされなくなったりするものですが、

同時にそれによって

「謙虚さを学ぶ」タイミングでもあります。

ですから、マイナスの場面ですが、

謙虚になり、人間性を磨くためのチャンス

と捉えることもできます。

↑失敗する人のパターンが分かります。

成長し、前に進み続ければ、それでいい

人の本性や、嫌な部分が見えた時、

その人から距離を取れれば、それで解決でしょうか?

往往にして、友人や恋人、結婚相手、家族に対し、
その人の”よくない部分”を見ることがあります。

しかし、自分自身にはそういった面が少しもないでしょうか?

人生とは、絶えず己の人間性を磨き続ける旅みたいなものです。

 

少しくらい気にくわないことがあっても、

そのたびに己を振り返り、

相手の尊重できる部分は尊重しながら、

共に人間性を磨いていけるような環境こそ、望ましいですね。

もちろん、

「無理だな…」と思ったら、(それこそ10年付き合っても成長する様子がなかったら、)撤退もいいでしょう。

そうした事実が、また双方を磨くことになるのだと思います。

↑類は友を呼ぶ。素敵な人に囲まれましょう。

 

【関連記事】

適正な距離が適正な人間関係を作る。近すぎては逆にダメ。



人が絶対読めない名前をつけてしまうと後悔する理由。



食べ物の好き嫌いが激しい人は人の好き嫌いも激しい理由。

Pocket

あわせて読みたい



Sponsored Link



ABOUTこのブログをかいている人

大学卒業後、演劇と文筆活動をしながら、営業、販売、飲食、画家の助手、占い師の助手など、多様な職を経験。あらゆる業界に潜り込み、あらゆる人間関係に触れ、独自に人間心理の勉強をする。ひょんなことからある著名人のゴーストライターをやることになると、その後はフリーのもの書きに。このブログでは「人生のやっかいごと」をなるべくシンプルに解決できる実践方法や考え方を中心に、個人的に興味のある事柄を取り上げています。ふらっと立ち寄って何となく楽しんでもらえるような、そんな「お酒に合うブログ」を目指して。