• 物語について
    物語や小説はなぜ面白いのか?その構造とは?
  • 物語について
    人はみな「自分の人生という物語」では主人公
  • 占いを疑ってみよう
    占い師や霊能者は単なる嘘つきで詐欺師?本当のところどうなの?
  • 占いを疑ってみよう
    絶対にハマってはいけない占い師の「手口」と「テクニック」
  • 考え方を変えてみよう
    頼まれごとはストレス?頼まれたらどんな返事をすべきか?
  • 人生を賢く生きる考え方
    「人生は最初から決まっている」という考え方はアリ?ナシ?
  • 人生を賢く生きる考え方
    人間が成長するには「孤独」が必要不可欠な理由。
  • 男と女
    なぜ失恋は時間が解決するのか?「第三者視点」の重要性
  • 人生を賢く生きる考え方
    真の友達とはどういう友達か?お釈迦様の名言とともに。
  • 占いを疑ってみよう
    「人気占い師はよく当たる」はウソ?人気占い師と不人気占い師の違い
  • 人生を賢く生きる考え方
    直感はなぜ当たる確率が高いのか?その意外な理由。
  • 考え方を変えてみよう
    仕事を辞めたい時の「考え方」。決断は前進である。
  • 占いを疑ってみよう
    血液型占いが嫌いな人・苦手な人が身につけておきたい知識
  • 占いを疑ってみよう
    宗教の勧誘はなぜしつこく、なぜうざいのか?その理由をズバリ!
  • ストーリーの力
    プラス思考や自己啓発はなぜ気持ち悪いのか?
「適正な距離」こそが「適正な人間関係」を作る。
Pocket

とつぜんですが、

親友って

どんなものだと思っていますか?

辞書で調べると

「心を許し合っている友。特に親しい友」

とあります。

えらくザックリしてますね。

 

何を持って心を許し合っている、と言えるのか?

また

「特に親しい友」という言い方をすれば、

あからさまに「普通に親しい友」と区別することになってしまいますね。

じゃあ、その線引きはどこでするのか?

難しい問題ですね…。

 

なぜ、この”親友”の話を最初に持ち出したかというと、

親友の定義について考えると、

人間関係をうまくやるコツまでが見えてくる

からです。

Sponsored Link

会わなくても心がつながっていると感じるのが「親友」

さきほども出てきました

「特に親しい友」と「普通に親しい友」とは、どこで区別しますか?

パッと思いつくのは、会う回数でしょうか?

しかし、

友との親密さは、会う回数では全く測れません。

 

まず、あなたはなぜ、

特定の友に”会いたがる”のでしょう。

寂しいから? かんたんに会えるから?

気が合うから? いっしょにいると楽だから?

…と、こんなところでしょうか。

 

では、

その友は、あなたを成長させてくれていますか?

この問いにもちろん大きくうなずく人もいれば、

素直にうなずけない人も多いのではないでしょうか?

 

究極の友達とは、

(親友以外にも、仲のよい友達を指す言葉が多いので、ここではあえて

”究極の友達”といいます。)

会わなくても心のつながりを感じていられる友達です。

 

シンプルに考えてください。

会わないと信頼関係が確認できない友達、

ちょっとでも会わないとすぐ仲間はずれにしてこようとする友達、

そんな友達が、親友だなんて言えますか?

むしろ、

会う回数が少ない方が親友の証拠かもしれませんね。

 

各々がお互いを尊重しつつ、自由に生きていくなら、

その友達は、

あなたとまったく同じ道を歩くことはありえません。

 

仲が良くても必ず、離れ離れになる、分かれ道がやってくるのです。

ですが、

離れてこそ、親友としての人間関係が始まっていくのです。

(逆に言うと、離れてみないと心がつながっているか測ることができませんね。)

人間関係のトラブルは近すぎるから起こる

心理学用語で

”やまあらし・ジレンマ”

というのがあります。

images-2
やまあらしの雄と雌が愛し合ってお互いを強く抱き合うと、

相手を傷つけ合ってしまう、このような状況のことを言います。

人間関係はとかく、

近すぎるからトラブルが生まれるのです。

 

気安く何でも言い合える間柄というのは、

一見仲が良いように見えて、

実はお互いを傷つけ合っていることも多いのです。

 

「今日の服装は〜〜だね」とか

「少し太った?(やせた?」とか、

そんなことを気軽に相手に言えるからといって、
誇るようなことではありません。

 

中でも一番やっかいなのは、

「あなたのことを思って言ってるのよ」

という言い方です。

 

ちゃんと自我を持つ人間にとっては、

すべてのことが本人の専決事項なのですから、

他人がとやかく言うものではありません。

 

その言葉に対し、他人が嫌な顔をして離れていこうとしているときに、

それでもあなたが”アドバイス”のつもりで意見をしようとするなら、

それは、指導でもアドバイスでもなく、

単なる”絡み(からみ)”です。

 

「この誘いを断ると嫌われちゃうかな?

でも、大事な友達だし…」

という場面、あるかと思います。

でもその人は

”大事な友達”ですか?

そんな、あなたが自分の意思で他の用事を優先しようとしていることを、

尊重しようともしない人が。

スポンサードリンク


互いを尊重し、互いに成長し合える人間関係が一番

大人になると、たくさんの利害関係があり、

好きでもない人と関係を続けなくていはいけないこともあります。

ですが、

たとえ毎日のように会っている関係でも、そこに親友はいません。

いようはずもありません。

 

大人になると、そもそも、親友とはなかなか会えないのです。

 

それでも、

「今度会った時にはこんな話をしよう」

「こういう風に成長した自分を見てもらおう」

「こんなんじゃ、まだまだあの人には会えないな…」

と思って、心の支えにできるのが親友です。

 

ですから、”片思い”だっていいんです。

「どんな自分になったら、坂本龍馬さんは褒めてくれるかな?」とか、

「こんな私のことを、マザーテレサは何て言うかな?」

こういうふうに、”絶対に会えない人”への思いを、

心の支えにしたっていいんです。

 

会う回数が少なくても、たとえ会えなくたっても、

あなたが心地よく、かつ成長できる距離が、

一番”適正”な距離。

この距離は、

自分で作るもの

です。

(だから、相手が距離を作ろうとしていると感じたら、絡まずに尊重してあげましょうね。それはある種、互いが「成長するチャンス」なのです…。)

[kanren postid="2461"]

[kanren postid="1465"]

Pocket

  • 「頭がいい」とはどういうことか?その定義を考える
  • アイデンティティーの確立とは?その方法は意外なところに
  • 人間の「本性」が出る時。「人間性」が変わる時。
  • 身長の低い男は嫌われる?「男の身長」と「女の胸」の共通点とは?
  • 波長の合わない人との接し方。理想論はあってもいいが、ちゃんと結論を出そう
  • 酒やタバコをやらない人とやる人の心理はどう違う?
おすすめの記事