石黒英雄は結婚はおろか彼女も無理?友人戸塚翔太もため息

Pocket

芸能界には、

「潔癖症」で知られる人がいます。

まぁキャラ設定が大事な世界なので、

どこまで本当かよく分からない部分もあるのですが、

たとえば有名どころで言うと、

今田耕司
坂上忍
阿部寛
森口博子

最近だと、

JOY
北乃きい
鈴木奈々

…飛びぬけて有名なのは、一番の上の二人ですかね?

と、そんなところに、

若手でとんでもない重度の(?)

「潔癖症」キャラが現れました。

それが、俳優・石黒英雄さんです。

Sponsored Link

石黒英雄とは?

石黒英雄さんは、

1989年生まれ、栃木県出身、現在の26歳の若手俳優です。

デビューのきっかけは、

武田真治、小池徹平、溝端淳平を輩出したことで知られる、

ジュノン・スーパーボーイ・コンテストです。

(溝端純平よりは、前の回になりますけどね。)

グランプリを取ってデビューしたのが、2004年。

次の年、

人気ドラマ「ごくせん」出演で、

一気に知名度を上げます。

その2年後、

深夜ドラマ「エリートヤンキー三郎」

で主演を務めますが、

それ以降は、(仕事は途切れていないものの)

地味に手堅く、活躍しているといった感じですね。

芸能界の交友関係では、

ジャニーズの

「A-B-C-Z」のメンバー戸塚翔太と、

泊まりに行ったりするくらい、仲が良いそうです。

(ちなみに一部ささやかれているようですが、

石黒賢さんの息子でも何でもありません。)

その異様なまでの潔癖ぶり

役者としての活動よりも、

最近はその「潔癖症」ぶりがよく、

バラエティー番組で取りざたされているようですね。

どんな潔癖性ぶりかというと、

朝起きたら必ずすぐに掃除機をかけ

そこから拭き掃除、

さらには、

キッチンと洗面所も含めてトータル、掃除に3時間

…これ、毎日ですよ?

「潔癖症」を自称しているので、

自発的にやってるんでしょうけど、

誰かにやらされてるとしたら、

これはもう”修行”のレベルですね。

(一休さんでも拭き掃除くらいですから。)

で、

基本的には家に人を入れないのだそう。

「汚れは元から断つ」

ということでしょうか?

汚さなければ、汚れないですから。

ロケ先のホテルでは

マイバスタオルまで数枚持ち込んで、

風呂場までの道に敷き詰めるそうです。

赤いタオルならレッドカーペットですね。

つまり、しょっちゅう、映画祭です。
(本人はこのタオルの道、

”イシグロード”と呼んでるらしいですけど。)

彼曰く、

「菌は邪悪」

だそうで。

これには、

「潔癖症」キャラの先輩・坂上忍さんですら、ドン引きしたらしく、

現在のところ、彼こそが、

芸能界の”潔癖性レース”のトップ

を走っているのではないでしょうか?

まぁ、

キャラとしては面白いです。

そういう人、自分の近くにいると近寄りがたいですが、

テレビで見る分には

キャラが立ってて、いいと思います。

私個人的には、

自分に内包する「潔癖性」の才能を

なるべく引き出さないようにしてますけどね。

才能はありそうな気がするから恐ろしいですよ。

何でもかんでも気にしだしたらキリがない

ですからね。

「潔癖性」にはなりたくないものです。

スポンサードリンク


負けるが勝ち。譲り合いの精神で…

わたしが好きな

漫画家・中崎タツヤさんの短編で、

こんなシーンがあります。

「誰が握ったか分からないおにぎりは食べられないんだ」

「じゃあ、プロが作ったお寿司なんかはどう?」

「誰が作った分かるものはもっとダメ…」

…じゃあ、何も食べられねーじゃねーか、という。

心理学的には、

「潔癖症」「完璧主義」は、

近い精神構造をもっているとされます。

確かに、

このどちらも持っている人、けっこういそうです。

石黒さんは、現在結婚しておらず、

彼女など浮いた話も出てきませんが、

やはり、

結婚となると、

他人と一緒に暮らすわけですから、

こういった”心のクセ”は、

なかなかの障害になってきます。

小さい頃に厳格に育てら過ぎたこととか、

親から多大な期待を受けすぎて、

プレッシャーを感じすぎてしまうと、

こういった心のクセが根付いてしまうことがあるそうです。

「結婚」は、「恋愛」のゴールだとして、

その「結婚」は、

「譲り合い」だと言われます。

そして、「譲り合い」は、

「譲り愛」だと言われます。

心の平安を保つことがすべて

精神障害の多くは、

「思い込みの激しさ」からきます。

ただ、実際のところ、

この世の中は、けっこういい加減なものです。

そんな事実をまっすぐ見さえすれば、

いつも心は穏やかです。

掃除をガンガンするのも修行なら、

他人と結婚生活を送るのも、

また、修行なのかも知れません…。

どちらが心穏やかか?

どちらを選びたいか?

…それも、

結局は、

自分次第なのです。

このようにお互いを尊重し合う愛の形もいろいろあります。
>>佐藤オオキ、清川あさみとの結婚と離婚

こちらも心の病「ストーカー」の対策を試みる専門家です。
>>小早川明子の経歴や評判など。夫はいるの?

Pocket



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこのブログをかいている人

大学卒業後、演劇と文筆活動をしながら、営業、販売、飲食、画家の助手、占い師の助手など、多様な職を経験。あらゆる業界に潜り込み、あらゆる人間関係に触れ、独自に人間心理の勉強をする。ひょんなことからある著名人のゴーストライターをやることになると、その後はフリーのもの書きに。このブログでは「人生のやっかいごと」をなるべくシンプルに解決できる実践方法や考え方を中心に、個人的に興味のある事柄を取り上げています。ふらっと立ち寄って何となく楽しんでもらえるような、そんな「お酒に合うブログ」を目指して。