いけだてつやの高校野球マニアぶりとハイテンションダンス

Pocket

相変わらずテレビには

芸人

のみなさんが、たくさん出演されています。

「面白いなぁ〜」

「よく思いつくな、そんなこと」

なんて感心させられる芸人さんもいれば、

そうでない芸人さんも、たくさんいらっしゃいます。

「すべり芸」

という言葉が

認知度を獲得しだしてからは、

芸人さんたちの

”チームプレイ”

何でもアリになってきた感がありますね。

(スベってもうまくお互いにうまくフォローして、笑いに変えちゃいますからね。)

今回は、動きの芸にこだわっている

新進気鋭の芸人

いけだてつやさんを取り上げます。

Sponsored Link

いけだてつやさんって?

いけだてつやさんは

1982年生まれ、熊本県出身、 現在33歳

プロダクション人力舎所属の芸人さんです。

(アンジャッシュ、ドランクドラゴン、おぎやはぎさんなどと同じ事務所ですね。)

 

もともとは、お笑いトリオ「三福星」

活動していましたが、2010年に解散。

名前をそれまで使っていた本名の池田哲哉から

「いけだてつや」とひらがらにし、

現在は、ピン芸人として活動しています。

開始します。

ハイテンションダンス芸と、

高校野球マニア談義

が売りの芸人さんということになっています。

これがダンス!?

では、いけださんのピン芸動画をご紹介。

独特のダンスは30秒あたりから。



こんなネタもやっています。


何と評したものか、

”荒削り”といいますか

素人くささも残る芸ですが、

「度胸」がすごいですね。

武器もないのに、戦場に出て

何とかしちゃう感じが…。

はい、

私が日頃、テレビを観ていて

芸人さんに感心する部分は、

この

「度胸」

といったものですね。

芸がないなら、

どうやって生き残っていくのか…。

あとは、

業界での”人付き合い”と、

「これだけは誰にも負けない」

といった

”際立った特徴”

なんでしょうね。

異常なまでの高校野球への愛

いけださんが、芸能界でおそらく

誰にも負けないであろうといった特徴は、

高校野球マニアぶりです。

事務所の先輩にアンジャッシュ渡部さんとは、

同じ高校野球好きということで、一緒に見に行くほど

仲がいいそう。

(業界内の人付き合いもバッチリ?)

最近は「〜芸人」といって、

本業のお笑いネタよりも

鉄道に詳しいとか、漫画に詳しいとか、

そういった特徴で名を売る芸人さんも増えていますが、

「高校野球」とは、

なかなか面白い目のつけどころです。

負けたら終わりのトーナメント、

それに、

二度と帰らない高校生活三年間だけの挑戦

といったところが、

妙に郷愁を誘うスポーツでもあります。

野球って

昔から日本の人気スポーツだけあって、

歴史も枠組みもしっかりしています。

そんないけださんの

マニアっぷりはこの通り↓

同じく高校野球好き、ラバーガールとの

ラジオでのディープ対談です。


スポンサードリンク


いけださん流、高校野球の楽しみ方

自身ももちろん、元・高校球児で、

県大会ベスト8の実績があるそうですが、

彼の語る

”高校野球の魅力”

がまた独特。

プロ野球と違ってミスもやっぱり起こる。

だから9−0で勝っていて、プロだったらこのまま試合終わりますけど、

高校野球に関しては9−0から無理くり追いついて

逆に11−9とかで勝ったりする試合があったりとかして素晴らしい。

 

これから野球をやっていこうっていう小さい小学生たちでも無料で入って、

このアマチュアのトップレベルの野球を見てくれという

”粋な心意気”が素晴らしい

と。

うーん、まぁ分かる感じがしますが、

もともと野球好きというベースがあってこそ

な感じもしますね…。

高校球児はほぼ365日野球のことしかしてない。でも何で楽しむかっていったらもう柔軟剤。
「あそこの高校はこの柔軟剤使っているな」みたいな。

球場行ってみると分かります。

…この視点はちょっと面白いですね。

でも、

わたしだったら

毎年チラッとしか甲子園の野球を観ないタイプですが、

いつも

高校球児たちの眉の手入れ具合

が気になるタチなので、

「眉剃りの形のブーム」

みたいのを探ってみますかね?

芸人のカタチが変わっていく…?

何でしょうね、

最近は、元編集者の

マツコデラックスさんが大人気だったり、

俳優であるはずの

坂上忍さんもバラエティーで大活躍したり、

実績もないのに、

キャラの面白さだけで、

”読者モデル”だったり、”女装家”の人たちが

よくテレビに出ている時代ですからね、

とにかく、

「きっかけを掴んだ者勝ち」、

「世に出た者勝ち」

な感じが色濃く出ていると思います。

さて、

「高校野球好き」という特徴と

度胸にものを言わした

「ハイテンションダンス芸」

を引っさげて、

いけだてつやさんは、どこまでいくことが出来るでしょうか?

しかし、本当に、

度胸って

大事ですねぇ…、

個人的には、

とにかくそんなことを痛感するわけです…。

この方も、もし芸人だったら「靴磨き」芸人です。すでにそんな感じですが
>>飯野高広の経歴&靴磨きと鞄修理の技を記した本の中身

大食いも立派な芸です。いろんな噂もあるこの方
>>アンジェラ佐藤の性格と食べ方が嫌い?整形疑惑の真相は?

逆に、”多才”すぎて掴み所がないかも知れない、大御所芸人はこの方
>>南原清隆の演技はコント風?現在の仕事内容と嫁と息子

 

Pocket



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこのブログをかいている人

大学卒業後、演劇と文筆活動をしながら、営業、販売、飲食、画家の助手、占い師の助手など、多様な職を経験。あらゆる業界に潜り込み、あらゆる人間関係に触れ、独自に人間心理の勉強をする。ひょんなことからある著名人のゴーストライターをやることになると、その後はフリーのもの書きに。このブログでは「人生のやっかいごと」をなるべくシンプルに解決できる実践方法や考え方を中心に、個人的に興味のある事柄を取り上げています。ふらっと立ち寄って何となく楽しんでもらえるような、そんな「お酒に合うブログ」を目指して。