人嫌いゆえの誠実さもある。交流会には出ても“人脈乞食”にはなるな
StockSnap / Pixabay
Pocket

自分という人間の特徴を語ると、

まず、わりと一人が好きだということがあります。

 

小学校、中学校と、家の近くの学校に通い、

いざ、高校はわりと自由に選べるとなった時に、

私が選んだのは、家から通えるギリギリくらいの、遠くの学校でした。

 

そこに何を求めていたかというと、

「自分のことを誰も知らないところに行きたい」

という気持ちがあったのですね。

苦手な友達がいたとか、イジメられていたわけでもないですが、そんな気持ちがありました。

今でも、仕事柄、わりと自由に住むところを選べるのに、それなりに人口密度の高いところに住んでいるのは、

「人の中に紛れて生きていたい」

という気持ちがあります。

誰とも深く関わらずに、ひっそりと……。

(これをやるには、田舎よりも、そこそこ都会のほうがいいのですね。)

 

それを単に「人嫌い」という簡単な言葉で括って欲しくないのですが、

今回は、私のそんな気質の“本質”に迫ってみます。

Sponsored Link

大人になってからは「友達」=「同志」

そんな私ですが、

そもそも、「人脈」という言葉があまり好きではありません。

 

何かの交流会に参加して、「人脈を作りに来ました」なんて堂々と言う人の近くからは、なるべく離れたいです……。

 

「本心を言っちゃあ、色気がない」なんてことではなく、

人脈なんて、作ろうと思って作るものじゃないじゃないですか。

 

「友達」もそうですね。

気が付いたら友達になっているものです。

 

「人脈」というのも、気が付いたらそのような関係になっていた、というものじゃないでしょうか。


一方で、

利害関係が一致する「契約関係」というのがありますが、

それは「友達関係」からの延長線上に、(出てくる時には)自然と出てくるもので、

はじめからそこを意識していたら、友達関係すら築けないですよ。

 

「じゃあ、あなたは交流会になぜ参加するのか?」

と問われれば、何かの情報を得るため、ですかね……。

 

自分にとって直接メリットがある話、というわけではなく、

「ああ、こんな会には、こんな人がいるんだ(参加してるんだ)」

という、こんなことでも一つの情報です。

 

プラス、「友達ができればいいなぁ」って感じです。

(できなくても、なんとも思わないですけどね。)

友達といっても当然、ベタベタ付き合う関係ではありません。

 

学生の時と違って、大人になってからの友達は、

「友達」と言うよりも、

「同志」と呼べるものだと思います。

 

……じゃあ、志を同じくしていたら、友達なのか?

いえいえ、そんなことはなく、やっぱり、多少気が合ったり、

楽しく会話できたりする「友達」じゃないと、「同志」ではありません。

 

(……もう一つ言うと、「志」というのも、別に壮大である必要はなく、「いっしょに犬をかわいがりたい!」とか、そんなレベルのことだって、一つの志です。)

Sponsored Link



大人になってからの友達関係は、学生の時のものとは別物

付き合う以上、自分にメリットがあるかどうかを考えてしまう……

これは、大人になってしまったら、仕方がありません。

皆、それぞれの人生を生きていますし、時間は限られていますし。

 

一方、学生の時は、

周りのみんなと同じ時間が流れていますので

ちょっと違います。

 

学生の時というのは、そういった意味で、

人生の中では“独特な時期”と言えます。

 

人生の初めの時にあるので、

「これが人生における人間関係というものか……」

と、勘違いしてしまいがちですけどね。

 

合わせて、勘違いして欲しくないのが、

経済的な利害関係以外にも、

「その人といると、心地よい時間を過ごせる」

というのも、十分なメリットです。


学生ではないのだから、大人なのだから、

「人付き合いは淡白で、かつ打算的であって然るべきである」

これは何も冷酷な考え方ではありません。

 

個人的意見を言えば、私はむしろ、

これを否定する人間のほうが信じられません。

 

どんな人でも皆、付き合う人間は“自分で選んでいる”はずですから。

Sponsored Link



「人嫌い」ゆえの「誠実さ」もある

自分の中にある“打算”も認めないと、

余計に人間関係に苦しんだり、

損をしたりしてしまうと思います。

 

ここまでのことをまとめると、

 
・「友達」とは「同志」である
・大人になってからの友達関係は、学生の時とは別物
⬇︎
「居心地のいい同志」こそ、大人の友達である
 

ということです。

 

「いっしょにいて居心地がいいわけでもないのに、

付き合っていて特にメリットもないのに、

あえてそれでも付き合うのが、善人の姿だ、

私はそうありたい!」

 

……なんて、全くの偽善ですし、自分を偽っています。

いつかストレスに押し潰されてしまうに違いありません。

 

(中には、打算しかないくせに善人のふりをしている人がいて、これが一番タチ悪いです……。)


 

一人でいたら、居心地が悪いことなんてありません。

 

そして、同志は、

本の中にも、ネットの中にもいます。

その人のことを思い、心を奮わせることができれば、

たとえ直接会えなくても、友達です。

 

私は、名刺の数やSNSの友達の数を誇るようなことは、したくありません。

たくさんの人に、いい顔をするのも嫌です。

 

大事なものは、少ないから大事にできるわけです。

 

なのに、大事なものを自らたくさん持とうとするのは、

違うような気がするのです。

 

ですから一般的に、

 
・人嫌い
・コミュニケーションが苦手
 

とされている人って、

 
・自分に正直
・誠実な付き合いしかしたくない
 

という性分があるような気がするのですが……、

いかがでしょうか?

 

ちなみに私、間違いなく、人嫌いのように見られる日常を送っていますが(笑)、まったく人嫌いではありません。

Pocket

こちらの記事もおすすめ