小早川明子の経歴や評判など。夫はいるの?

Sponsored Link



Pocket

人と人が

分かり合うのが難しい

ということは、ある程度人生経験があれば

周知のことと思います。

しかし、

「自分のことを分かって欲しい!」

という欲求は、

自分が好意を寄せている人に対しては

より強くなるもの。

その強い感情が

真正面から受け止めてもらえない時、

人の気持ちは暴走します。

そんな

ストーカー対策のための

NPOを立ち上げた

「ヒューマニティ」の代表

小早川明子さんを

今回は取り上げます。

Sponsored Link

小早川明子さんってどんな人?

小早川明子さんは

昭和34年、愛知県生まれの、現在56歳。

心理学や哲学の手法を広く取り入れた

セラピー療法の一種、

ゲシュタルト療法

なるものを学ぶと、

36歳の時、

まずいったんは、

ヨーロッパの建装材を輸入販売する会社を立ち上げます。

その6年後、

セラピストとしての活動を本格開始。

ストーカー対策組織

A.K.友の会」

を発足すると、

続いて、その同年に

警備会社「ジャスティス」とともに、

NPO「ヒューマニティ」を設立します。

一度目の起業で

経済的基盤を築き、

その後は、

(扱うテーマがテーマなだけに)

身の安全を守る為

警備会社と一緒に

会社を立ち上げたのでしょうね。

…なかなか筋の通った、

計画的な歩みだと思います。

ヒューマニティの活動内容は

ざっと以下の通り。

相手のある問題の悩み、

人生上の悩み、

心のケアから問題対処

などに真正面から取り組み、

カウンセラーの立場から

しっかりとしたサポートを行う。

そして、

ストーカーやDV、セクハラ、パワハラといった

ハラスメント問題には特に力を入れている

とのこと。

中でも小早川さんが

特に注目されているのは、

やはり

ストーカー対策の分野ですね。

スポンサードリンク


小早川さんの身辺と評判、そしてその取り組み

日本で「ストーカー」という言葉が

認知度を得、一般的になったのは

もう20年以上も前のことですが、

その言葉の意味はなんとなく分かっていても、

ストーカーの精神構造

がどうなっているか、とか

誰もがストーカーになる危険性がある

ということまでは

一般的には知られていません。

こういったことが、おそらく

小早川さんが組織を立ち上げる

きっかけとなったのでしょう。

加えて、

小早川さん自身にも

ストーカーなどにまつわる経験があるのだと思われますが、

これはあくまでも”憶測”で、

その点は明らかにされていません。

結婚をされているか?

また

子供がいるか?

なども明かされていません。

この方の場合、

特にお仕事柄、

あぶない人達を相手にするので、

そういったことが知れ渡ることについては

人一倍警戒しているのでしょうね。

ネット上での彼女の評判ですが、

おおむね、よいようです。

ですが、

警察批判を繰り返す言動に、

批判的な意見を持っている人達が、

少なからず、いるようですね…。

ちなみに、

彼女の組織「ヒューマニティ」を利用する際の料金

以下の通り。

個人登録料 32,400円 年間 32,400円
団体登録料 108,000円  年間108,000円

…一回ごとの料金支払いではなく、

必ず登録し、会員になるということです。

これをどう捉えるか?ですね。

しかし最近ですと、

霊視などによる電話占いなどでも

30分あたり5000円~8000円

が相場となっていますので、

個人的には、

これは良心的な価格かと思われます。

一度の相談で解決というものではく、

信頼関係作りが大切でしょうから、

年会費制も妥当でしょう。

メール5往復10800円

という記述もあるようですが、

そこに費やされる時間を考えると

これもけっして法外な値段ではないでしょう。

人間が感じる

「恐怖」というものの、

主成分は

「未知なものに対しての不安」です。

ストーカーになる人間の

精神構造を知り、

その上で、

どのようにして、

その状況が生まれたのかを、

第三者の目線で捉えてもらうこと

(すなわち、相談しアドバイスをもらうこと)

は、

問題解決に非常に有効でしょう。

…とは言っても、

警察のようにボディーガード

をしてくれるわけではありません。

結局は、

自分の身は自分で守らなくてはならないのです。

そのための

ヒントを得たり、

誰にも相談できないことを

相談する存在としては、

非常に利用しやすいのではないでしょうか。

わたしは、

彼女の取り組みは素晴らしいと思います。

(けっして、回し者ではありませんよ?念のため。)

実は、わたし自身、

占い事務所での勤務経験があるので、

そういったことを踏まえての

私的意見でした。

こちらは新聞誌上での人生相談内容が話題となっています。
>>久田恵の人生相談がスゴイ。シングルマザーならではの格言

心の闇はゆくゆくは個性にもなります。乗り越えましょう!
>>増田セバスチャンの妹そして年齢。アイフォンケースも好調

アイドルファンの間で語り継がれる、ある事件とは?
>>飯田香織のファン感謝バスツアーとは?旦那&子供の情報も

Pocket

あわせて読みたい



Sponsored Link



ABOUTこのブログをかいている人

大学卒業後、演劇と文筆活動をしながら、営業、販売、飲食、画家の助手、占い師の助手など、多様な職を経験。あらゆる業界に潜り込み、あらゆる人間関係に触れ、独自に人間心理の勉強をする。ひょんなことからある著名人のゴーストライターをやることになると、その後はフリーのもの書きに。このブログでは「人生のやっかいごと」をなるべくシンプルに解決できる実践方法や考え方を中心に、個人的に興味のある事柄を取り上げています。ふらっと立ち寄って何となく楽しんでもらえるような、そんな「お酒に合うブログ」を目指して。