• 考え方を変えてみよう
    頼まれごとはストレス?頼まれたらどんな返事をすべきか?
  • 物語について
    人はみな「自分の人生という物語」では主人公
  • 人生を賢く生きる考え方
    「人生は最初から決まっている」という考え方はアリ?ナシ?
  • 男と女
    なぜ失恋は時間が解決するのか?「第三者視点」の重要性
  • 人生を賢く生きる考え方
    真の友達とはどういう友達か?お釈迦様の名言とともに。
  • 人生を賢く生きる考え方
    人間が成長するには「孤独」が必要不可欠な理由。
  • 占いを疑ってみよう
    絶対にハマってはいけない占い師の「手口」と「テクニック」
  • 物語について
    物語や小説はなぜ面白いのか?その構造とは?
  • 占いを疑ってみよう
    血液型占いが嫌いな人・苦手な人が身につけておきたい知識
  • ストーリーの力
    プラス思考や自己啓発はなぜ気持ち悪いのか?
  • 占いを疑ってみよう
    宗教の勧誘はなぜしつこく、なぜうざいのか?その理由をズバリ!
  • 考え方を変えてみよう
    仕事を辞めたい時の「考え方」。決断は前進である。
  • 占いを疑ってみよう
    占い師や霊能者は単なる嘘つきで詐欺師?本当のところどうなの?
  • 占いを疑ってみよう
    「人気占い師はよく当たる」はウソ?人気占い師と不人気占い師の違い
  • 人生を賢く生きる考え方
    直感はなぜ当たる確率が高いのか?その意外な理由。
栗城史多、凍傷を負って指切断。その後の様子と彼の「嘘」
Pocket

人生とは、どう転ぶか分からないもの。

「なってしまったこと」から

進路変更できずに

苦しむ人生もあります。

(…苦しそうに見えなくても。)

 

私的意見ですが、

少なくとも私にはそう見えるのです。

 

今回は、

登山家・栗城史多(くりき・のぶかず)さんを取り上げます。

Sponsored Link

登山家になったきっかけ

まずは軽い紹介から。

栗城さんは、

1982年生まれ、北海道出身、現在33歳の登山家、起業家です。

(「起業家」の肩書きについては、後でふれましょう。)

 

高校の時から付き合っていた

”趣味・登山”の

2歳年上の彼女に、

札幌国際大学一年時にフラれ、

山岳部に入ります。

(おそらくその年か翌年でしょう)

 

20歳時に

中山峠から小樽市の銭函まで、

「1週間の雪山縦走」

をします。

 

…登山初めて間もないキャリアでこの挑戦は

確かにスゴイです。

無謀とも言えますが。

 

2004年に(おそらく大学4年時)

初の海外旅行で、マッキンリーに登り、

マスコミ取材に遭い、

そこから登山家の道を歩むこととなります…。

いろんな「嘘」の噂

…と、

あくまでも、きれいに語ると、登山家になった彼のきっかけは

以上のようになりますが、

どこまでが本当かは多くの人から、疑問視されています…。

 

フラれて泣き晴らして

布団に”人型の黒カビ”が生えた、とかいうエピソードとか、

とか、

落ち込んで“引きこもり”をしていたとされる時期に、

仲間を集めて

地域おこしのための物産市をやっていたり…。

 

単独・無酸素マッキンリー登山も、

聞こえはスゴイですが、

栗城さんが登ったのは6月です。

 

マッキンリー登山のベストシーズンで、

頂上での映像は、ほかのお客さんにカメラ撮影をやってもらっているくらい。

(これでマスコミが来るでしょうか??)

 

また、

2008年のマナスルへの無酸素・単独登頂も、

ヒマラヤン・データベース、日本山岳会の双方から

登頂を認定されていないようです。

 

さらには

彼はこれまで4度もの

エベレストの単独・無酸素に挑戦していますが、

4回とも彼は、

一般の登頂者が酸素ボンベを使い始める高度まで、行けていません。

“ボンベを背負わずに登って”です。

 

もっと言うと、

自分の荷物は全部自分で上げていると言っていますが

これに関しては(もうすでに削除された)動画やブログで、
すでに“嘘”が発覚しているようです。

↑実話なのか?それとも作り話?

Sponsored Link



指のその後…

世間的に話題となったのは、

こちらのほうが大きいかも知れません。

2012年8月の エベレストへの4度目の挑戦で

登頂失敗するとともに”凍傷”になり、

右手親指以外のすべての指を失った栗城さん。

栗城指直後
栗城指干からびる ナメック星人のように“指の再生”を信じて

切断を拒否し、

豚の睾丸を用いた

“魔法の粉”

まで使って再生を図ったようですが、


結局は切断し、

今は

栗城 指 今
このようになってしまったようですね…。

(ちなみに山でiPhone操作のために穴あき手袋を使い、
こうなってしまったのは有名な話。)

↑再生医療の現状と未来を詳しく知りたい方はこちら。まずは髪の毛で証明してほしいです。
Sponsored Link



起業家の顔?

経歴に疑わしい部分が多い
というのは前述しましたが、

 

「引きこもりや“ニート”状態だった若者が

いきなり、世界的な登山家になる」

 

というのは、

いかにもマスコミが食いつきそうなネタです。

 

これは、

彼本人が自己プロデュースとして作り上げた話とかではなく、

私が思うに、

世間的に知られる彼の姿は、

“マスコミによって祭り上げられている虚像”

なのだと思います。

 

「しかも現在進行形で…」です。

 

また、

起業家としての側面も持っているとされていますが、

よくよく調べると彼は、

「マルチ商法の広告塔」

にされているに過ぎないようですね…。

 

ちなみに、

彼が冒険家として受賞しているすべての賞も、

企業が宣伝のために作った、

さほど権威のない賞のようです…。

 

ここで冒頭の言葉に戻りますが、

あらゆる大人たちに

人生のストーリーを作り上げられ、

カリスマのように持ち上げられ、

そこで本人が得られる

名声や富、そして満足感

も大きいのでしょうけど、

 

もう外れることのできないそのレールの先には、

さらなる“破滅の道”が待っているような気がするのですが、

このような考えは

余計な御世話なんでしょうねぇ…。

 

まぁ、

ある意味じゃ、

「人を喜ばせてます」から。

彼を批判するのは簡単ですけど、

問題はそう単純じゃないのが、

難しいところです。

↑純粋で真面目な人ほど騙されます。ご興味のある方はこちらをどうぞ。

追記

こちらの記事では指を失った2012年の4回目のエベレスト登山のことまでが中心に書かれていますが、その後、彼は、2015年に5度目、2016年に6度目、そして2017年に7度目のエベレスト登山にチャレンジしています。しかしどれも失敗…。なんというか、本人が望んでのことなのかどうかまったく分かりませんが、毎年チャレンジしなきゃいけない身も大変です…。

夢に運命の人が…?「予知夢」の不思議
2019.5.6
日本では古くから 「虫の知らせ」 という言葉があります。 何となくそういう予感がした…という、 一種の”テレパシー”のようなものです。 (「腹の虫がおさまらない」、とか、「虫酸が走る」とか、なぜだか日...
人間の「本性」が出る時。「人間性」が変わる時。
2019.5.6
昔見た、何かのテレビ番組で、 田舎に住むおばあさんが語ってました。 「人間ってのは、 10年付き合ってみないと分からない」 と。 私は最初、笑ってしまったんです。 「いくら何でも、そりゃ長すぎだろ」...

Pocket

おすすめの記事