北島三郎が紅白を引退した理由&馬主になった理由

Pocket

お金や才能というのは、

ある人のところにあるものです。

ない人のところには、

なかなか集まってきませんね…。

そんなわけで今回は、

ヒット曲を一本出せば食っていける

という演歌の世界で数々のヒット曲を持ち、

自身で作詞作曲もこなすという、

芸能の神様に愛された

演歌界の大御所

北島三郎(きたじま・さぶろう)先生について。

Sponsored Link

北島三郎ってどんな人?

ではまず、

北島先生の基本的なところを押さえておきましょう。

北島三郎さんは、1936年生まれ、北海道出身、現在79歳の

演歌歌手、俳優、作詞家、作曲家、

そして、競走馬の馬主でもあります。

作詞・作曲をする際は、

原譲二(はら・じょうじ)のペンネームを使いますが、

もともとの本名は、

大野穣(おおの・みのる)といいます。

北島三郎という名前の、

北島(北の島)というのは、

北海道をのことを指し、

親しみを持てて、呼びやすいところから、

下の名前を、三郎とつけたそう。

デビューはさほど早くなく、26歳の時。

2曲めにリリースした「なみだ船」がヒットし、

翌1963年から紅白歌合戦に出場

以降、途絶えることなく、

2013年まで連続50回連続出場を果たし、

紅白を引退します。

翌2014年には「北島三郎座長公演」も引退しています。

ヒット曲は、

「与作」」、「風雪ながれ旅」、「まつり」、「北の漁場」、「根っこ」など多数あり、

DAMでカラオケ登録されている曲数は500ほどあり、

B’zを超えて、日本一です。

なぜ紅白を引退した?

もともとは

2011年に紅白を卒業しようかと考えていたそうですが、

この年は東日本大震災があったので、

「しばらくは歌で元気づけねば」ということでとりやめ、

連続50回出場でいい区切りとなる2013年で引退することを決めたそう。

「若手に道を譲る」

ということと

「時代の流れとともに、歌を聴かせる紅白から、

ショーアップして見せる紅白に変わってきているので、

このまま日本の紅白ではなく、世界の紅白になって欲しい」

という思いが理由だそうです。

「自分の衰えを感じたから」

とは語っていませんが、年々声があまり出なくなっていったのは、

誰の目にも明らかでした。

また、近年の紅白は

確かに歌を聴かせるショーとは言えません。

実力よりも、話題性のある歌手ばかりが選考されている感じがします。

(もしくはNHKと関連性の高い人。)

まぁ、日本の音楽界自体が、AKBなどの活躍によって”ひずみ”が出ている気がしますね。

いい曲、うまい歌手が売れず、

ビジネス戦略の上手な歌手のみが売れます。

北島さんがそんな状況に愛想を尽かしていたということも、

(推測ですが)十分考えられます。

スポンサードリンク


北島三郎の収入源と弟子たち

北島音楽事務所の実質オーナーであり、

これまで行ってきた劇場公演の演出&プロデュース、

さらには、日本クラウンでの音楽プロデューサー、

『サブちゃんと歌仲間』などの番組企画にも携わるという

何ともマルチな才能ぶりで、

北島さんは莫大な富を築きました。

当然のことながら、

日本一のカラオケ登録曲数を誇りますから、

カラオケの歌唱印税だけでもすごいはずです。

一本当たれば食っていけるものが、

何百とあるのですからね。

そんな北島さんの後継者は、

北島さんの娘と結婚した、弟子の北山たけしであると言われ、

数年後には、グループ会社も含め代表権はすべて彼の元に渡ると見られています。

それが予期されて、先輩弟子たちは面白くなかったのか、

2007年には山本譲二が、

images-4
2013年には小金沢昇司がそれぞれ事務所を独立しています。

Unknown

なぜ馬主になった?

もともと競馬が好きだった北島さんは

当初、自分の名義で馬主を持っていましたが、

途中から名義を自分の事務所に変えたそうです。

つまりこれで、芸能活動の売り上げで馬が買えるようになったんです。

要するにこれで、

”税金対策”にもなるので、一石二鳥なんですね。

ちなみに、

競走馬を所有すると、

1頭につき1カ月約70万円も経費がかかるそう。

馬主としては何10億という赤字が出ているそうですが、

税金で持っていかれるよりは…という考えなのでしょうね。

来年には80歳になる北島三郎さん。

まだまだ体はお元気そうなので、

楽しそうな余生で羨ましいです。

images-3
高倉健さんの遺産の後継者はこの人。
>>高倉健の遺産を手にした養女・小田貴の画像と相続の舞台裏

この人の実家もすごい資産家。
>>夏目三久の実家の職業は?あの髪型を作る美容師は誰? 

お笑い界の大御所たちの関係性。
>>志村けんの芸歴はタモリとどっちが長い?オール巨人とは?

Pocket



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこのブログをかいている人

大学卒業後、演劇と文筆活動をしながら、営業、販売、飲食、画家の助手、占い師の助手など、多様な職を経験。あらゆる業界に潜り込み、あらゆる人間関係に触れ、独自に人間心理の勉強をする。ひょんなことからある著名人のゴーストライターをやることになると、その後はフリーのもの書きに。このブログでは「人生のやっかいごと」をなるべくシンプルに解決できる実践方法や考え方を中心に、個人的に興味のある事柄を取り上げています。ふらっと立ち寄って何となく楽しんでもらえるような、そんな「お酒に合うブログ」を目指して。