【実録】試して分かった、植物の活力剤の正しい使い方
stokpic / Pixabay
Pocket

植物を育て始めて8年くらい経ちます。

 

今は、主に、盆栽。

それもバラが多いですね。

たとえば、こんなとか、↓

こんなとか。↓


鉢植えなので、肥料は必ず必要とされています。

(どうやら、そのようです……。)

 

しかし、

この肥料のやり方が実に難しい。

 

肥料をやったら逆に弱っちゃった、なんてことが多過ぎる!

 

ですので、

今年に入って、私は、肥料をほとんどやらずに、

いろんな“活力剤”を試してみました。

 

それでも今年はたくさんの鉢植えを枯らしちゃいました……。

 

ですが、この経験をもって

ようやく見えてきたことがあります。

植物に対し、肥料と活力剤をどう使うべきか?

 

ぜひ、みなさんもこれを参考にしてみてください。

(※本稿の初稿は2017年9月です。)
Sponsored Link

肥料とは?

肥料とは主に、

 

・チッソ(N)

・リン酸(P)

・カリウム(K)

 

のこと。

 

だいたい、ホームセンターなどで肥料の袋を見ると、

この3つの成分の割合が書かれていますね。

 

これらのどれか1つが欠けていても、植物は元気に育ちません。

活力剤とは?

活力剤とは、

人間がたまに飲む栄養ドリンクのようなものです。

 

それによって元気になることもありますが、

肥料のように、必ず必要というものでもありません。

 

ただ、私の今住んでいるところのベランダは、

どうにも日当たりと風通しが悪いのか、

植物が元気に育たないもので、

こうした活力剤に“活路”を見出したのでした…。

↑市販のものはどれも使い方が難しいですが、これならそう失敗はありません。

 

活力剤は他にもいろんな種類があって、

その成分は、アミノ酸ビタミン類植物ホルモンなど。

 

パッケージには、いかにも「これで植物が元気になりますよ」、

といったことが書いてあります。

 

ですが、

私は今年、いろんなものを試しましたが、

どれもうまくいきませんでした……。

 

(ホームセンターにあるもの以外で、

マイナーなものをネットで取り寄せて使ってみましたが、

やっぱりダメでした……。)

Sponsored Link



活力剤はどう使えばいいか?

ここからは私自身の経験値から導き出した、自論となります。

 

活力剤は、

弱っている植物を元気にはしません。

 

まぁまぁ元気だけど、ちょっと弱り気味かなぁ

くらいの植物を、より元気にします。

 

本当に弱っている植物に対しては、

土壌改良の必要性があるでしょう。

 

鉢植えであれば、

かんたんにできるのは、水を何度も流し、

土を洗ってあげること。


そうすれば、

↓これくらい弱っている植物(手前のもの)が、

↓これくらいまで回復することがあります。
(これは姫乙女という極小バラの例)

ちょっとまだ弱っていますが、

昨日、活力剤をあげたら、一層元気になってきました。

(活力剤がこの状態になって初めて効いてきたわけです。)

 

私の場合は、

いろんな肥料や、空振りに終わった活力剤が、

土の中に残留し、

それが、植物が最低限自分で立ち上がろうとする力を

阻害していたようです。

 

でも、

「まずは自分で立ち上がってみろ!」

とばかりに、土をまっさらな状態に戻してやると、

植物はひとりでに力を取り戻してくるようですね。


つまり、

肥料=主食

活力剤=栄養ドリンク

 

人間と同じように、植物も、

体が本当に弱り切っている時には、

栄養ドリンクでは刺激が強過ぎるみたいです。

 

だから、

 

いったん空腹状態にして、

自己回復力で、ある程度回復してもらってから、

主食や栄養ドリンクをあげる、

 

これが一番いいようです。

 

少しずつ元気になってきたので、

今度はいよいよ、肥料をあげるつもりです。

たぶん、効くでしょう。

 

※ちなみに、ここまで弱らせたのは、
うどんこ病の薬が効き過ぎたからです。難しいですね、植物って。
育てるの楽しいですけど。

Pocket

こちらの記事もおすすめ