人が絶対読めない名前をつけると後悔する理由

Sponsored Link



Pocket

ここ数年、年末が近づいてくると、

流行語大賞みたいなノリで、

「ベスト・オブ・キラキラネーム」

というのが発表されるようになっちゃいました。

そもそもなぜ、

こんな「キラキラネーム」という言葉まで生まれ、

他人がすぐに読めない名前をつける風潮が生まれたのでしょう?

Sponsored Link

キラキラネーム、DQNネームとは?

まずここからいきましょう。

漢字が読めない名前や奇抜な名前を

「キラキラネーム」といったり、「DQN(ドキュン)ネーム」

と言ったりしますが、

前者は、

2000年から存在する

赤ちゃんの命名支援サイト名「キラキラname」が由来です。

後者は、

「DQNの親が付けた名前」という意味で、

DQNとは、教養が低い人を意味するスラングです。

ですから報道機関などでは「キラキラネーム」のほうが使われることが多いいですね。

…同時に、この言葉を報道機関が使うほど、

世の関心が、昨今の”奇抜な名付け”に集まっているとも言えます。

なぜ「読めない名前」をつけたがる?

子に奇抜な名前をつけた親が語った言葉で、このようなものがあります。

「長年授からず、やっとできた子でしたので、舞い上がっていました」

この言葉こそ、

今の時代背景を如実に映し出している感じがしますね。

少子化や高齢出産化が進む中、

”個性”や”オンリーワン”を大事にする風潮が高まったのが、

奇抜な名前をつける親が増えたのだと考えられます。

…と、真面目に考えればこうとも言えますし、

もしくは、

豊かな時代に育った親たちが、子供が一生背負う名前というものや、子育てそのものを軽く考え、

ペットの名前のように気軽に決めてしまう

といった面もあるでしょう。

ですが、ある機関の調べにるよると、

子に奇抜な名前をつけた親の

約1割があとで後悔しているそうです…。

スポンサードリンク


2015ベストオブキラキラネーム

ちなみに昨年11月に発表された

「2015ベストオブキラキラネーム」はこんな感じ。

1位「皇帝」…しいざあ
2位「星凛」…あかり
3位「愛翔」…らぶは
4位「煌人」…きらと
5位「永恋」…えれん
6位「空蒼」…くう
7位「愛莉」…らぶり
8位「海音」…まりぶ、まりん
9位「碧空」…あとむ、みらん
10位「七海」…なな、まりんなど

なかなか衝撃的ですね。

ちなみに2014年の1位は、

「黄熊」で、「ぷぅ」です。

”オンリーワン路線”が、もはや

”とんち大会”になっちゃってますね…。

漫画やアニメからの影響も強いようですが、

これが猛者になると、

「もし世の中にデスノートがあったとしたら、読めない名前だと助かるので、絶対に人に読めない名前をつけます!」

と考え、わざと役所に受理されるギリギリの名前をつけるみたいです。

漫画の影響どころか、

もう漫画と現実の区別がついていないという…。

名前は”自分”の認識をしてもらうためにある

人にはなぜ名前があるのでしょう?

それは、

世の人から、認識してもらうためです。

ものすごく不思議な文字を使ったり、

難しい当て字を使うことが、

認識してもらうべき世の人に対して、

”優しい行為”と言えるでしょうか?

言えませんね。

単に、親が自分の自己顕示欲や、自意識が強いだけで、

人のことを考えていない

と言ってもいいでしょう。

(それに、苦労するのは親よりも当の子供なわけで。)

でも現在、

少しずつですが、また古風な名前が増えつつあるようです。

もちろん、

人と被らない名前をつけることの価値自体を否定しようとはまったく思いませんが、

どうでしょう?どちらかというと、

人にやさしく、子供が生きやすい名前が

…いいんじゃないでしょうか?

食べ物の好き嫌いがない人はみんなに好かれます。
>>食べ物の好き嫌いが激しい人は人の好き嫌いも激しい理由。

子供の読書感想文の指導にどうぞ。
>>読書感想文を本を読まないで書く方法。小学校中・高学年編

気になる白髪…。
>>白髪は生える場所に意味がある。それはストレスor病気?

Pocket

あわせて読みたい



Sponsored Link



ABOUTこのブログをかいている人

大学卒業後、演劇と文筆活動をしながら、営業、販売、飲食、画家の助手、占い師の助手など、多様な職を経験。あらゆる業界に潜り込み、あらゆる人間関係に触れ、独自に人間心理の勉強をする。ひょんなことからある著名人のゴーストライターをやることになると、その後はフリーのもの書きに。このブログでは「人生のやっかいごと」をなるべくシンプルに解決できる実践方法や考え方を中心に、個人的に興味のある事柄を取り上げています。ふらっと立ち寄って何となく楽しんでもらえるような、そんな「お酒に合うブログ」を目指して。