人間が成長するには「孤独」が必要不可欠な理由。
Body-n-Care / Pixabay
Pocket

「孤独と友達にならないと、芸術家にはなれないよ」

とは、

1986年に亡くなった

絵本作家・東君平さんの言葉です。

(ちなみに私が最も敬愛している人物です。)


 

みなさんは、「孤独」という言葉に対して、

どんなイメージを持っていますか?

 

辛くて、寂しいもの?
できれば避けたいもの?

 

今日は、「孤独」に対するイメージが、

ガラッと変わるお話をお届けします。

 

これを読めば、一人の時間が好きになり、

あなたの人生がほんのちょっぴり、豊かになります。

Sponsored Link

ひとりでも楽しいのが「孤独」

まずは、むやみに孤独を恐れないためにも、

「孤独」「孤立」

の違いをはっきりと抑えておきましょう。

 

「孤独」とは、

精神的にも物理的にも、ひとりであること。

 

「孤立」とは、

物理的にはひとりでないが、精神的にひとりであること

です。

 

だーれもいない山の中に一人でいたら、

それは「孤独」です。

「孤立」ではありません。

 

でも、

たとえ、人混みの中にいてもでも、

誰からの支援も得られなければ、

それは「孤立」です。

 

…どちらがいいですか?

「孤立」はちょっと辛いですね。

 

じゃあ、孤独はいいけど、孤立はダメなの?

ノーノー、まだ早合点しないでください。

 

「孤独」という言葉の意味には、

「寂しい」という意味も含むんです。

 

“ひとり”になっている人が

“寂しい”という感情を抱いていること、

ここまでが「孤独」の意味です。


では、

ここまでを踏まえて、

さらにもう一段深く考えていきましょう。

 

自主的に選ぶことができるのはどちらでしょう?

 

当然、どちらも、

(自分で)ひとりを意識できているわけですから、

「他」への意識も、同時に持っています。

 

「他」との距離があるから、

「孤独」や「孤立」といった状態があるわけです。

 

しかし、

「孤独」には、自分の意思があります。

一方、「孤立」には、自分の意思の反映はありません。

 

「孤独」は、自分で積極的に選ぶことができるのです。

 

一人でいれば「寂しい」という感情もあるでしょう。

でも、寂しさと同時に「得られるもの」もあります。

 

「寂しさ」と真逆の意味の、

「楽しさ」ですらも感じることのできるのが、

「孤独」なのです。

(「孤立」して楽しい人はいませんよね……。)

Sponsored Link



人間は、ひとりでいるときにこそ成長する

人間の本能には、

とにかく集団でいようとする脅迫観念

が取り付いています。

 

誰もが、みんなから離れていると

利己的であるように感じてしまうので、

互いに集団に引き入れ、

 

ひとりでいることを恐れるあまり、

集団の中に自らを埋没させてしまおうとするのです。

 

ですので、

ひとりになることを自ら選ぼうとすることは、

人間の本能にも逆らうことになることになります。

 

それほど人間は、

徹底的に「社会化された動物」なのです。

 

しかし、

人間は孤独の中に身を置いて、

自分の内側で何かが起こることを許さなければ、

必ず、精神的に行き詰ってしまいます。

 

外界からの刺激にばかり身をさらし続けていると、

創造性や想像力を発揮する機会が

やってこないからです。

 

実はこの、

創造性や想像力こそが、

「人間の成長」

とも直結する大事な要素。

 

つまり、

人間の成長には「孤独」が必要不可欠

ということです。

アインシュタインの発明にも孤独が必要だっ?

冒頭に挙げた東君平さん以外にも

孤独を肯定する偉大な人物は、数多くいます。

 

たとえば、

アインシュタインは15歳の時、医者から、

「神経衰弱のため、最低6ヶ月静養を要する」

と診断を受けてしまいます。

(これはある種、学校としてみたら、

厄介払いのような意味合いもあったと思います。)


しかし、

アインシュタインはこの静養中に初めて、

光線を封じ込めたらどうなるだろうという、

「光の誘導放出理論」を考え始めました。

 

後に彼はこの時のことを振り返りながら、

その著書の中で、

「好奇心は、何よりも自由を必要としている」

という言葉を残しています。

Sponsored Link



子供も大人も、ひとりでいる時にしか成長できない

「人間の成長」

とただ抽象的に言っても

今いちピンとこない人もいるでしょう。

 

「人間の成長」とは、
①意思の抑制

②心を律すること

③自己の真にあるべき場所を心の奥深くから(霊的に)理解すること
です。

 

子供だから、①と②が必要なのではありません。

また、大人だけが③を必要とするのではありません。

精神の成長はどの段階の人間にも必要です。

 

そして、

この「人間の成長」とは、

「自分の外にある世界」と、

「自分の心の内にある世界」とを

一つに統合することによって、実現するもの

です。


だからこそ、

人間が成長するには、

いったんは、自分を世界から切り離す営み

すなわち、「孤独」が必要なのです。

「望む孤独」と「望まない孤独」

少し、難しいところまで触れておきましょう。

(すでに結構ややこしいですけど……。)

 

「いくら孤独が人間の成長に必要といったって、

今の自分の孤独は望んだものじゃないから、

やっぱ寂しいよ……」

という人もいると思います。

 

私は

「出会い」というものは、

「会う前から始まっている」

と考えています。


今、あなたが望まない孤独の中にいるとしたら、

それは、

これからあなたが出会う人のために、

自分を高めておく準備期間とも言えるかも知れません。

 

ただ孤独を怖がり、嫌悪していては、

何も得るものがありません。

 

これから先、あなたと出会い、

あなたと通じる人が必ず出てくるでしょう。

その人とは、

同じような人生背景を持っているからこそ、

通じるのです、惹かれ合うのです。

 

ですから、望もうと望まずとも、

今、「孤独」と呼べる環境に身を置けているなら、

むしろどこかで「有難い」とも思いながら、

自らを高めておきましょう。

 

本を読んだり、映画を観たり、好きなことを……

一人でしかできない、

自分が本当に好きなことを探して、

徹底的にやってみましょう。

 

それがあなたの今の「孤独」をより、

意味のあるものにしてくれるでしょう。

(何をやったって、意味はあるのですけどね……。)


Pocket

コメント一覧
  1. 孤独よ、汝は我が魂の故郷なり。
    これは、日本の文豪夏目漱石の作品の中に書かれている言葉です。
    魂という言葉を、偉大な精神分析の創始者ジーグムント・フロイトを
    使わなかったことは有名ですが、魂は本当に無限の深さ広さ高さも
    無限の重さも軽さも持っている命なのです。だから、生きている間に
    仏陀のように沈黙を生き切る人は、本当は幸せなのかも知れません。
    人類の罪を背負って、十字架に架けられて殺されたキリストのような最後ではありませんでした。
    果たして、どちらが善い人生なのでしょうね。凡人には中々悟れない境地だと痛感しますね。
    なお、この文章に興味を持たれたのなら、フェイスブックにわたしの投稿サイトがありますので、
    ごらんください。
     投稿サイト名は、デドモ・トマス 大原邦清です。
     世界徴兵拒否ボランティアの会 世話人代表 として、戦争反対を世界にアピールしています。
    よろしく願います。

コメントを残す

孤独のススメの関連記事
こちらの記事もおすすめ