米ぬかの驚異の実力。洗顔にも歯磨きにも驚きの効果!

Sponsored Link



Pocket

私は数年前からビタミンCフリークなのですが、

ビタミンCのことを深く知っていく中で

こういう事実にぶち当たります。

「ビタミンCの万能の効用は、

医療関係者、製薬業界などによって隠されているということ」。

これはなぜかというと、

医療関係者や製薬業界にとって、自分たちのビジネスを脅かしてしまうからです。

(ビタミンCは天然物なので高額な値段で販売できません。)

これを踏まえると、

世に数々存在する「民間療法」といったものも、

少なからず、これと似たような理由で”隠されている”といったことはないでしょうか?

私がまず目を向けたのは、

米ぬか

です。

今回は

知れば知るほど驚いてしまう

米ぬかの効用とその実力

を紹介します。

Sponsored Link

植物の病気を治す薬にもなるのに、何と食べてもOK

米ぬかが肌に良いということは

どこかで何となく聞いて知っていましたが、

私が初めて米ぬかを手に入れたのは、

植物の手入れのためでした。

バラを育てている私は

この春から夏にかけて、

うどんこ病という(植物の)病気

に悩まされていました。

images

↑このように、つぼみや新芽、若葉に付着して植物の成長を止めてしまいます。


図書館でバラ栽培について調べると、

「米ぬかがうどんこ病に効く」ということだったので、

早速、近所の米屋で分けてもらい、

バラにふりかけてみると

いろんな市販の薬剤を使ってもなかなか効果の出なかったうどんこ病が

一発で治りました。

これは葉の表面の細菌バランスが

善玉菌優位になり、強くなるからだそうです。

ちなみに、米ぬかはメダカの池にふっても、喜んでメダカたちが食べますし、薬剤と似通った印象はまったくありません。

私も初めて米ぬかを(そのまま)食べてみましたが、

そのまんま、きな粉のような味。

…おいしいじゃないですか。

この米ぬかとは、

いったい、どんなものなのでしょう?

そもそも、米ぬかって何?

米ぬかとは、

玄米を精米する時に出る外皮や胚(はい)の粉のこと

です。

その成分は、

・フィチン酸、
・イノシトール、
・フェルラ酸、
・γ(ガンマ)-オリザノール

などで、

単純にこれを食べて摂取した場合の効用は、

・美肌・美白効果
・便秘を解消する効果
・高血圧を予防する効果
・認知症を予防する効果
・肥満解消効果


など。

…何これ、凄すぎます。

さらにもっと言うと、

米ぬかの成分、筆頭の

フィチン酸は、

アメリカでは”癌サプリ”としても販売されているそう。

これには動脈硬化を抑制し、腎結石を予防し、さらには脂肪肝予防にも効果が期待できるのだとか。

…何なんですか、これ。

まさに夢のような物質。

でもこの、米ぬか、

世界では毎年約5000万トンを超える量が発生しているにもか関わらず、

そのほとんどは廃棄されている

とのこと。

あやしいですねぇ、

なーんか、ビタミンCの時と同じ匂いがしますねえ。

私が医療業界や製薬業界の人間なら、

この効能は「隠しておきたい」と思うかもしれません。

(まぁ、サプリという形で提供すれば、何とかビジネスにはなるでしょうが、直接米ぬかに注目して欲しくないでしょうねぇ…。)

images-1Unknown
スポンサードリンク


まずは洗顔をしてみよう

①水で顔を洗った後、そのまま濡れてた手で適量の米ぬかを手に取り(くっつけ)、顔をこすります。

②米ぬかの感触はスクラブ入り洗顔料の感触に似ているので、その粒をこすりつけるイメージで、小鼻やシミのある部分、くすみを感じる部分など、気になるところを重点的にこすりましょう。(でも、あくまでも力を入れ過ぎないように。)

③水で念入りにすすぎます。
(肌に残ると悪影響が出るのではなくて、きれいにすすがないと、あとで”フケ”のように、髪の生え際のあたりからパラパラッと落ちてきたりしますので。)

これはもう、実際に試してもらわないと分からないかもしれません。

肌がしっとりさっぱりして、

「あー、気持ちいい!」

って感じがします。

米ぬかを布袋に入れて肌に押し付けたり、ぬるま湯に溶かしてその水で洗うといった方法もあるようですが、簡単じゃなきゃ続けられませんよね。(私はこのやり方がいいと思いますが、細かくはご自由に。)

米ぬかには美白成分である

ビタミンBとオリザノールという成分が入っていて、

シミを消す効果や

だんだんと肌が白くなっていく美白効果や

もあるのだとか。

また洗浄力も高く、

ニキビ予防にも効果大。

洗浄力が高いくせに、

米ぬかはその成分の20%程が油分。

洗顔後のつっぱりを防いでくれると同時に、高い保湿効果まで発揮してくれます。

…まさに最強の洗顔料ですね。

yjimage

歯磨き剤としても最強

虫歯は、

口の中が酸性になることによって生じます

そこへきて、米ぬかはアルカリ性です。

そうです、

米ぬかで歯を磨くことによって、

口の中のpHコントロールが可能なのです。

やり方としてはこんな感じ。

①乾いた歯ブラシで米ぬかを少量すくって、そのまま口の中へ。

②通常の歯磨き剤と同じようにブラッシングし、口をすすぎます。

③再度ブラッシングとすすぎを行い、米ぬかのカスを口から完全に除去します。

これも洗顔と同じように、

市販の歯磨き剤とは比べものにならないくらいの

さっぱり感があります。

刺激はまったくないので、粘土の高い唾液が出てきて喉につっかかるような感じもまったくありません。

私が個人的に驚いたのは、

朝起きたあとの口のモヤモヤがほとんどないことです。

以前からしっかり磨いた上で、歯間ブラシも使い、さらに口中洗浄液だってちゃんと使っていたのですが、

それよりも、

米ぬかで磨いたほうが効果が断然大きいです。

…実際もう今後は、歯磨き剤としてのこの米ぬかが、手放せなくなりそうです。

もちろん、

口中をアルカリ性にすることは、

口臭予防にも効果にもが期待が持てます。

…歯磨き剤として最強かも知れません。

yjimage-1
スポンサードリンク


保存法や使い方のちょっとしたコツ

米ぬかは、

炒(い)って水分を飛ばすことで、保存が長く効くようになり、フィチン酸も多くなるようですが、

個人的にはあまりおすすめしません。

炒ると、香りも味も変わってしまいます。
(お茶みたいな香りになります。)

また

私の実感として、

洗顔や歯磨きの効果も、炒らないで使ったほうが高いと感じました。

もし炒る場合のやりかたはこんな感じ。

①火にかけ、焦げないよう、ずっと混ぜ続ける。

②香ばしい香りとともに、軽く茶色く色づいたらOK。
(手触りがサラリとする状態になります。)

そして保存法ですが、

すぐ使う分はお椀などに入れて冷蔵庫へ。

ストック分は、冷凍庫で保存するのがオススメ。

(炒って長持ちさせるようとするよりは、なるべく早めに使い切るようしたほうが良いと思います。)

…そんなわけでお送りしました、

米ぬか情報ですが、

いかがだったでしょうか?

この米ぬかに関しては、今後も続報をこのブログでお届けすることになると思います。(特に植物へ用いる場合は奥が深そうなので。)

「米ぬか」というものを手に取ったことがない人も

ぜひこの機会に入手してみてください。

私が購入する米屋さんでは

300グラム150円で販売しています。

洗顔や歯磨きに使ってみると、

その使用感にきっと驚かれると思います。

も〜とにかく、

米ぬか最高! 米ぬか万歳!

って感じです。ぜひ。

images-2
【関連記事】

ビタミンCサプリに美白効果はあるのか?ないのか?

米ぬかを葉にふる肥料として使うと、驚くべき効果を発揮

今すぐ便秘解消に効く飲み物はコレ!薬なんて不要です

おでこを出すと運気上昇。広くてもシワがあっても大丈夫

Pocket

あわせて読みたい



Sponsored Link



ABOUTこのブログをかいている人

大学卒業後、演劇と文筆活動をしながら、営業、販売、飲食、画家の助手、占い師の助手など、多様な職を経験。あらゆる業界に潜り込み、あらゆる人間関係に触れ、独自に人間心理の勉強をする。ひょんなことからある著名人のゴーストライターをやることになると、その後はフリーのもの書きに。このブログでは「人生のやっかいごと」をなるべくシンプルに解決できる実践方法や考え方を中心に、個人的に興味のある事柄を取り上げています。ふらっと立ち寄って何となく楽しんでもらえるような、そんな「お酒に合うブログ」を目指して。