黛英里佳って結婚してる?昼ドラ主演級の演技力はあるの?

Sponsored Link



Pocket

数年前から、

わたしの好みにドンピシャの女性として知られる

(誰も知らないって?)

今回紹介する、

黛英里佳さんですが、

まず、これ読めますか?

まゆずみ・えりか

と読みます。

日本テレビ「秘密のケンミンSHOW」で知られる彼女が、

このたび連続ドラマに主演するそうです。

そんなことを聞きつけ、いちファンのわたしが

今回、

黛英里佳を熱くリポート!

さっそくいってみましょう。

Sponsored Link

黛英里佳の甘美な経歴

埼玉出身の1985年9月24日生まれ。

現在ちょうど三十歳ですね。

…もうあらゆる意味で、ちょうどよいです。(意味深)

19歳の時、原宿でスカウトされ、

モデルとしてデビューしますが、

同年から演技の指導も受け、いくつかの舞台を踏んできたそうです。

その5年後、

『秘密のケンミンSHOW』内の

コーナードラマ「辞令は突然に…」で、

初めて、(一応)主演女優として選ばれました。

ええ、まぎれもなく主演ですよ、あれは。

他、お仕事としては

コニカミノルタが主催する

「ランニングプロジェクト」

のナビゲーターなどもやっています。

自身もハーフマラソン、フルマラソンに挑戦しているんだとか。

あと、たまに見るのは、

『朝だ!生です旅サラダ』

で海外の旅をしている姿ですね。

思わず、目が釘付けになってしまいます。

さて次に、そんな彼女が、

三十歳の、いわゆる「節目の年」に主演することになった

連続ドラマについて見ていきましょう。

「牡丹と薔薇」、12年ぶりに復活

これは12年前に

フジテレビのお昼の枠で放送された

「牡丹と薔薇」

というドラマの続編にあたるものです。

そのタイトルも

「新・牡丹と薔薇」。

そうです、ドロドロ愛憎劇でおなじみの、

あの「昼ドラ」に

我らの黛英里佳氏が挑戦するということですね。

この「牡丹と薔薇」、

当時、同時間の視聴率としては驚異的な視聴率を誇り、

放送後、DVDもバカ売れしたという人気作。

主演の小沢真珠は、

このドラマの後しばらく、よくテレビでみかけました。

もう一つ注目したいのが、

このフジテレビの「昼ドラ」枠が、

このクールを持って撤廃されるということ。

最後の盛り上がりを狙って、人気作の続編、

そして満を持して、

我らの黛英里佳を主演に据えた…

ということですね、分かります。

この昼ドラ、お世辞にも、

今をときめく俳優たちが出るドラマとは言えません。

しかし、

数十年にわたり根強い人気を得ているのも事実。

製作しているのは、東海テレビというところですが、

そこにはいったいどんなこだわりや、手法があるのか、

見ていきましょう。

スポンサードリンク


ドロドロ愛憎劇にかける情熱

東海テレビのこだわりは、

徹底的な主婦狙いです。

お昼という時間帯もあって、

家族全員で観るゴールデンのドラマを同じ作り方をしてもしょうがありません。

主婦の目を惹き付けるストーリー、

その答えが、

出生の秘密や、嫉妬ややっかみ、恨み、引き裂き…渦巻く、

ドロドロの愛憎劇だったわけです。

出演陣はいうと、

わりと無名の方々も多く出る印象です。

これは、長い期間かけて作られる制作費、

そして出演者の長い拘束時間…

これらの影響で、ああいった出演陣になっているという説が有力です。

まあ、そうでしょう。

しかし、もちろん、俳優としての実力もなければ、

長い時間かけて撮影する価値もありません。

人の喜怒哀楽にストレートに訴えかける愛憎劇を、

「有名だから」というキャスティングではなく、

きっちり実力主義のキャスティングで、丁寧に作り、

日本のお昼に提供する…

東海テレビさんが、1964年から作ってきた

立派な

日本の文化

でもあります。

そこの最後の作品に、

知名度も人気もすでにある、

我らの黛英里佳氏が挑戦するというのは、

何とも誇らしいことではありませんか。

甘美な黛英里佳

さて、いかがだったでしょうか?

最後にわたしが思う

黛英里佳氏の魅力を語って終わります。

声、
肌質、
身長、
顔のつくり、
骨格のしっかりした感じ

…以上です。

あ、もう全部ですね。

こうなったらもう、ヒルナンデス派の人も、

ぜひ「新・牡丹の薔薇」、

昼ドラの最後(フジテレビの最後?)を、

見届けようではありませんか。

この人たちも意外とドロドロしてたりして。芸能界のニューフェイス
>>ぺこ&りゅうちぇるのこと、年齢とか詳しく知りたい

Pocket

あわせて読みたい



Sponsored Link



ABOUTこのブログをかいている人

大学卒業後、演劇と文筆活動をしながら、営業、販売、飲食、画家の助手、占い師の助手など、多様な職を経験。あらゆる業界に潜り込み、あらゆる人間関係に触れ、独自に人間心理の勉強をする。ひょんなことからある著名人のゴーストライターをやることになると、その後はフリーのもの書きに。このブログでは「人生のやっかいごと」をなるべくシンプルに解決できる実践方法や考え方を中心に、個人的に興味のある事柄を取り上げています。ふらっと立ち寄って何となく楽しんでもらえるような、そんな「お酒に合うブログ」を目指して。