パソコンの寿命は6年説が有力!?古いMacはどう処分すればいいの?
sasint / Pixabay
Pocket

パソコンの寿命は果たして何年なのか?

という議論は尽きませんが、

基本的に、

 

HDD(Hard Disk Drive・ハードディスクドライブ)
データやプログラムなどを電磁的に書き込んだり読み出したりする記憶装置
 

は、

使用開始3年目から摩耗し始めると言われています。

 

現在では、

 
SSD(Solid State Drive・ソリッドステートドライブ)
半導体メモリをディスクドライブのように扱える補助記憶装置
 

を内蔵するパソコンも多いですが、

こちらの寿命もやはり3年から5年と言われています。

 

とはいえ、

使用頻度や大容量のデータをどれくらい扱ったかによるので、

一概には言えません。

 

あと、パソコンの個体差ももちろんあります。

(「運」も左右するということですね。)

 

私がPC販売の仕事をしていた時は、

お客さんからこのように“パソコンの寿命”を聞かれると、

4年と答えていました。

 

心情的に考えても、やはり、3年は短いですよね。


スマホにしたって、

2年かけてローンを払うのが一般的ですが、

やっぱり、払い終わってから、

それと同じくらいの期間は使いたいものです。

 

結論として言えるのは、

 

もし金銭的に余裕があるのであれば、

安心・安全面を考慮し、

業務用、家庭用問わず、3年で買い換えるのベスト。

 

それ以降は、

 

4年経った時点で警戒し、

さらにそれ以降、トラブルがなかったとしても、

6年経った時点でいよいよ踏ん切りをつける

 

のがいいのではないかと思います。

 

OS対応も難しくなってくるでしょうし、

急なトラブルだけは避けたいですしね。

 

実際、最近では、

「パソコンの寿命5〜6年説」

が広く認識されつつあるようです


パソコンを手放す際、

もし、macをお使いでしたら、

処分料金(リサイクル料)3,000円

を使って手放すよりも、

 

専門の引き取り業者を利用したほうが、

データ消去・処理の安全性においても、

金銭的な面においても、断然オススメです。

 

不要になったMacを無料で引き取り!
壊れたMacでももちろんOK!
送料・リサイクル料・データ消去費用、一切不要!
フォームから申し込めば、あとは宅配業者に渡すだけ!

↓↓↓


 

【Mac無料回収センター】

『Mac無料回収センター』はMac専門のプロ!

パソコンの中身は、まさに、プライベート情報の宝庫です。

あなたのそんな情報を欲しがる人もいます。

 

マーケティングに使いたい人もいれば、

変質者のような人もいるでしょう。


自分の個人情報だけならまだいいのですが、

そこには家族や友人・知人の個人情報まで入っているので、

データ消去については安易に考えないほうがよいです。

 

かといって、パソコン(Mac)を手放す時に、

有料のデータ消去ソフト(高額なものは5,000円ほどします)まで購入して、データを消去するのは面倒というもの。

完全抹消17 情報漏えい対策パック

お住いの地域の資源ゴミ受付センターに連絡した場合、

処分費用として、3,000円ほどかかってしまいます。

(地域によっては7,000円ほどかかってしまう場合も……。もしくは引き取り自体が不可能だったり……。)

 

不用品回収車なども、

「♪ご不要になったパソコンを無料で回収いたします〜」

などと喧伝していますが、

データ消去・処理の面で不安が残ります。

 

Macの処分・引き取りにおいては、

Mac専門のプロを利用したほうが、無難かつお得なのは、

間違いありません。

なぜ無料なのか?

PC回収業者が利益を出す方法は、2通りあります。

 
・リユース(中古品として販売)
・リサイクル(部品や資源単位で分解して販売)
 

リユースに関しては、年季の入ったパソコンだと、

なかなか難しいのが現実のようですが、

 

リサイクルに関しては、パソコンを分解し、

パーツ単体で見ると、

10年〜20年はゆうに使えるものも多いようです。


また、パソコンには、

鉄・金・銀・アルミニウム・ニッケルなど、

さまざまな金属が入っています。

 

中でも特に貴重な「レアメタル」と呼ばれる、

以下のような金属も入っています。

 
・リチウム
・ベリリウム
・セレン
・マンガン
・コバルト
・ニッケル
・ガリウム
・パラジウム
・ゲルマニウム
・白金
いくら無料で回収してくれるとは言え、
「古すぎるパソコンだと敬遠されるのでは?」

と心配する人もいるようですが、

むしろ古いパソコンのほうが、こうしたレアメタルを、

比較的多く取り出せるケースもあるそうです。

宅配業者に渡すだけでOK!

『Mac無料回収センター』に回収してもらう方法は、

とても簡単。

 

まず、「宅配回収」回収依頼フォームからの申し込みから、

Macのどの機種かにチェックを入れ、

住所、メールアドレス、電話番号等を入力し、送信します。

 

集荷依頼は同社が行ってくれるので、

依頼者は、自宅に来てくれた宅配業者にMacを渡せば、

それで完了。


念の為、Macとは言え、回収ができないものを、

ここに記しておきましょう。

 
・部品が抜き取られているもの
・屋外に放置された物
・CRTモニタ・CRTモデル・eMac※ブラウン管
・iBook・Power Book
・Power Mac
・背面がブラックのiMac
・ボディがホワイトのiMac
 

『Mac無料回収センター』は、Mac専門のプロですから、

どのパーツ、どの金属も、余すところなく、

また有効に使われるでしょう。

 

利用者(依頼者)にとっては、安全で、懐にもやさしく、

なおかつ環境にもやさしく、

誰もがWin-Winというわけです。


 

不要になったMacを無料で引き取り!
壊れたMacでももちろんOK!
送料・リサイクル料・データ消去費用、一切不要!
フォームから申し込めば、あとは宅配業者に渡すだけ!

↓↓↓


 

【Mac無料回収センター】

 

Pocket

こちらの記事もおすすめ