三上丈晴は結婚してる?また三上たけると同一人物なのか?

Pocket

わたし、昔、

ある占い事務所で働いていました。

お客さんの中には、有名人もいましたし、

中には、政治家の人もいました。

(正確には、政治家の元へは”出張”で行ってましたケド。)

政治とオカルトもまた、

昔から、結びつきが強いようです。

卑弥呼も、諸葛孔明も占いを用いて政治を行いましたからね。

…それにしても、最近こんなことを自らの口でハッキリと、

メディアで発言している人がいます。

それは、オカルト雑誌『ムー』の編集長

三上丈晴さんです。

Sponsored Link

オカルトとは哲学である

『ムー』 (MU) は、学研パブリッシングが発行する

日本の月刊オカルト情報誌です。

1979年創刊ですから、その歴史は、

実に35年以上。

この手の雑誌は、夏の間だけ量産されることが多いのですが、

『ムー』は、毎月。

それもこんなに長く続いている、

由緒正しき雑誌なのです。

そして、現在47歳の三上さんは、

2005年に編集長に就任した

この『ムー』の、5代目編集長です。

…見た目、若いですよね。

インターネットの動画配信から話題が先行するのでしょうか、

それに釣られるように、近年三上さんは、

テレビなどのメディア出演が急増しています。

三上さんは言います。

「そもそも”オカルト”はドイツ語で

『覆い隠されたもの』を意味する言葉で

世界の根本的な問いを探求するのが

オカルティズム

と。

つまり、『ムー』は、

本来、オカルト専門誌ではないということ。

じゃあ、なんと言えばいいのか?

本来、それを総括する言葉は、

『哲学』だから、

「『ムー』は哲学誌である」と。

ふむふむ。

じゃあ、そんなに高尚な雑誌なら、

誰が読んでいるのか?

…これが意外にも、

経営者政治家が多いそうです。

そうです、何と、わたしが始めにした話とつながりました。

しかし本当に、政治家がこういった不思議系雑誌を読んでいるんですね。

確かに、どんなに頭の良い科学者でも、

この世の中には解明されていないことや、

説明のつかないことが、まだまだたくさんあります。

その説明のつかないことに対して、

オカルトは、わたしたちに

仮説を立てて、納得をさせてくれます。

つまりオカルトは、

いつの時代も人間が抱える、

不安を埋める手段

なのかも知れません。

三上さんはさらに、こうおっしゃっています。

「ある霊能者の方は、ロウソクの炎が丸く見えるっておっしゃってました。つまり通常肉眼ではとらえられない赤外線領域を、その方は見ているんですよ。わたしたちは誰しも見えている世界が違う。自分に見えないから存在しない、というのは言いがかりに近いですね」

うーん、オカルトに触れることこそ、

人生に深みを持たせるのではないかと

わたしも、そう思います。

…いや、わたしも大好きなんですよ、実は、こういうの。

スポンサードリンク


三上さんのスタンス

そんな三上さんですが、

三神たける

というペンネームでも活動しています。

最近メディアに多く出るようになってからは、

あまりこの名前は使われてないようですけど、

『ムー』編集長という立場から離れて、

自由に発言するために使用している名前だと思われます。

『世界何だこれ?!ミステリー』という

フジテレビのゴールデン番組では、

ちょっと怪しいキャラクターとして、

サングラスをかけて出演されていますが、

単にキャラクター作りというだけでなく、

それもプライベートや本職含め、

面倒をさけるための工夫、なのだと思われます。

だって、本人は、

怖いところには絶対行かない、

心霊スポットも行かない

らしいですから。

仕事は仕事でも、

やはりご本人は安穏とした生活を送りたいようですね。

そんな感じですから、

プライベート情報は、ほとんど出てきません。

結婚に関する情報なども、

現時点では、まったく謎に包まれています

オカルトな話題は、どれも本当に面白いのですが、

ひとつひとつ挙げていくとキリがないので、

今回は

三上さんの関わっている動画配信チャンネル、

夢源樹(むげんじゅ)チャンネルだけ紹介しておきます。

ご興味のある方はどうぞ。

ついでに言うと、この人もオカルト研究家として有名です。
>>山口敏太郎の呪いの仮面、その連鎖とは?

こういった方々にスポットが当たるようになってきたのも、

日本の経済不安が少しずつ改善されて、

”心の余裕”が出てきたからかも知れませんね。

(…逆かな?)

”ホラー”は心を映す鏡かも?若い女性に大人気の彼にどんなトラウマが?
>>増田セバスチャンの妹そして年齢。アイフォンケースも好調

Pocket



2 件のコメント

    • mkthy(まくしー) より:

      …どうなんでしょうか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこのブログをかいている人

    大学卒業後、演劇と文筆活動をしながら、営業、販売、飲食、画家の助手、占い師の助手など、多様な職を経験。あらゆる業界に潜り込み、あらゆる人間関係に触れ、独自に人間心理の勉強をする。ひょんなことからある著名人のゴーストライターをやることになると、その後はフリーのもの書きに。このブログでは「人生のやっかいごと」をなるべくシンプルに解決できる実践方法や考え方を中心に、個人的に興味のある事柄を取り上げています。ふらっと立ち寄って何となく楽しんでもらえるような、そんな「お酒に合うブログ」を目指して。