歯磨きを嫌がる子供が劇的に変わる!口腔ケア・チュアブル『ムシバイ』
jennyfriedrichs / Pixabay
Pocket

子供の頃を振り返ると、

やはり、お菓子が大好きでした。

 

スーパーのお菓子売り場にいるだけで、楽しかったですし、

遠足に持っていくお菓子を選ぶのも、本当に楽しいものでした。

 

子供の時は、

口の中に美味しいあめ玉があるだけで、

その間、幸せな気持ちが続いたのを覚えています。

(私の場合、中学校くらいまでそうでしたかね。)


大人になると、他に楽しみもいっぱいありますから、

お菓子に対して、ここまでの執着はなくなりますね……。

 

歯磨きの苦手な子供がいますが、

あれはつまり、


「もうその日は、お菓子やおいしいものを食べられなくなる」

という恐れにも似た気持ちが、

歯磨きへの抵抗感を生んでいると考えられます。

 

ですから、

 

「歯磨きをした後でも、

こんなにおいしいものを食べて大丈夫なんだよ」

 

と伝えることができる食べ物があれば、

歯磨きへの抵抗感を減らすことができるでしょう。

 

子供に、歯磨きの後、食べさせる、
ヨーグルト味のおいしいチュアブル。
子供の歯磨き嫌いがこれで改善!
クリスパタス菌のもたらす口腔ケアのパワー!

↓↓↓



親子で楽しく歯磨き習慣【ムシバイ】

子供の「口腔ケア」をしっかり意識しましょう

近頃の研究では、

もともと赤ちゃんには、むし歯菌はおらず、

 

「ミュータンス菌をはじめとする口腔細菌は、

徐々にまわりの人達から伝播する」

 

ということが分かってきています。


ですが、

むし歯菌に対し、神経質になり過ぎても、

食事や生活に支障が出てしまいますので、

ある程度は控えめにするとして、

「口腔ケア(口腔内細菌コントロール)」

の意識だけは、常に持つようにしましょう。

子供の口腔ケアは、歯並び、骨格にまで影響を与える

『ムシバイ』には、

クリスパタス菌という乳酸菌が配合されています。

(これは、赤ちゃんが産道を通って生まれる時に、最初にお母さんから渡される、ヒト由来の乳酸菌です。)

 

クリスパタス菌のもたらす口腔ケアのパワーは絶大で、

唾液の免疫を増強し、

口臭・歯周病の抑制に効果を発揮します。

 

「子供の歯は、いずれ永久歯に生え変わるから、口腔ケアなど特に必要ない、」

と考えるのは大きな間違いです。

 

乳歯が虫歯になり、根っこまで膿が溜まってしまうと、

その下で待っている永久歯まで、色が変わる、弱くなる、

といった悪影響を受ける可能性があります。


当然、歯並びが悪くなる可能性も高まります。

 

また、「噛む」という動作が満足に行えない状態が続くと、

骨格まで歪んでしまう可能性もあります。

歯磨き習慣はしつけ全般に影響する!

子供に歯磨きの習慣をしっかりと根付かせることは、

歯並びや骨格のためだけでなく、

しつけや教育全般に対しても、大きな意味を持ちます。


1991年に愛知大学が行った研究では、

「子供の歯磨き能力」「基本的生活習慣」

との関連性が立証されており、

 
・1人で顔が洗える
・スプーンとと茶碗を両手に持って食べることができる
・紐を結んだりほどいたりできる
 

という小児に、

歯磨き能力の高い者が多いことが分かっています。

(参考)小児の歯磨き能力と基本的生活習慣との関連性

 

そうした子供の歯磨き能力を養うには、

単に、磨き方の指導を行うだけではなく、

歯磨きというものを、

生活習慣全般に対するしつけの中でどのようにとらえるか

という観点および指導が大切です。


歯磨きの後、おやつ感覚で与えることのできる

『ムシバイ』は、

子供に、毎日の歯磨き習慣を根付かせるためにも、

心身ともに健やかに成長・発達するためにも、

非常に有効であると言えるでしょう。

 

初回は送料のみの500円(税別)でお届け!
2回目からは37%OFF!(4,980円・税別)
休止は配送日の10日前までに電話すればOK!
『ムシバイ』の詳細・お申し込みはこちらから!

↓↓↓


親子で楽しく歯磨き習慣【ムシバイ】

 

Pocket

こちらの記事もおすすめ