南原清隆の演技はコント風?現在の仕事内容と嫁と息子

Pocket

ウッチャンナンチャンのナンチャンこと、

南原清隆さん。

現在は、日テレの『ヒルナンデス』で、

いつのまにか、すっかり

日本のお昼の顔

とも言える存在になりました。

一方、相方のウッチャンは、

ゴールデンの番組の司会でよく見かけます。

コンビでの仕事はあまり見かけなくなりましたが、

二人ともマイペースで仕事をされているようですね。

今回は南原清隆さんに

スポットを当てて紹介していきます。

Sponsored Link

ナンチャンの現在の仕事

言わずと知れたお笑いコンビウッチャンナンチャンは、

とんねるずダウンタウンと同じ、

お笑い第三世代の一角です。

この3組はやっぱり、

今活躍する人気お笑い芸人たちと比べても、

格が違って、

全盛期には、どのコンビも、

”時代のうねり”

を起こすほどのインパクトがありました。

中でもウッチャンナンチャンは、

両方とも田舎出身ということもあって、

(ナンチャンは香川、ウッチャンは熊本)

”気のいいあんちゃん達”

みたいな感じで好感を持たれていたコンビですね。

ナンチャンの現在の仕事は、主に、

『ヒルナンデス』

『GetSports』

『ショカツの女』(不定期)

『現代狂言』(年1回ペース)

の4つですが、

ヒルナンデスもすでに5年目、

GetSportsにいたっては、17年目、

現代狂言も、来年で10年目を迎えますし、

どれも堅実な印象です。

現代狂言は、最初、

『ウリナリ』の企画から始まったんですが、

その時指導をしてもらっていた

野村万之丞さんが亡くなってからも、

律儀に

狂言を良さを広める活動を継続しているところに、

彼の義理堅い人間性が

とてもよく表れていると思います。

プロレス、プロ野球に関しては

芸能界では右に並ぶものがいない

ほどの知識を持っており、

スポーツ全般が大好きな南原さんにとっては、

お昼の生放送

無駄のない働きをしながら、

大好きなスポーツに関する仕事、

そして、狂言

昔は役者を目指していたくらいですから、

演技も好きでしょう、たまにやる

2時間ドラマの仕事…

と、

非常に恵まれた仕事のペースを保っているといえます。

スポンサードリンク


ナンチャンの身辺とその評判は?

南原さんは、人気絶頂の頃、

彼のメイクを担当していた女性と結婚します。

それから約10年ほど、

子宝に恵まれませんでしたが、

男の子が生まれてからは、

デレデレのよきパパぶりを発揮し、

毎晩、家族三人、川の字で寝るほか、

息子とはほぼ毎日、キャッチボールをしているそう。

(ヒルナンデスでたまに

家族のことを語る瞬間があります。)

そんな南原さんですが、

演技のお仕事に関して、

「演技がコントに見える」

などといった声が一部にあります。

これはわたしが思うに、

南原さんの

これまでやってきた

お笑いコントのイメージもさることながら、

顔がまず独特で、存在感がありすぎること

が原因なのでは、と思っています。

彼の演技力は、

かの大林宣彦監督にも認められ

大林作品の主演もしているくらいですし、

(『その日のまえに』2008年)

演技力には、まったく問題ないでしょう。

強いて言うならば、

同じく、お笑い出身の、

片岡鶴太郎さんなどと近い、

昭和風の、

はっきりくっきりした演技

かも知れませんね。

同じようなテイストの演技をする

最近の役者だと、

TOKIOの長瀬智也さん

なんかもそうではないでしょうか。

ハリウッドだと、

ジムキャリー、ロビンウィリアムス

なども、そうした

はっきりくっきりした演技をしますね。

わたしは、そういう演技、大好きなんですけどね。

南原さん主演の『ショカツの女』は、

いつも、彼に目が釘付けになります。

やっぱり、気のいいあんちゃん

ヒルナンデスが始まった当初、

わたしの知人が、彼にドンキホーテで会ったらしく、

「ヒルナンデス、観てます」

と言ったら南原さんは、

「ありがとう。知ってる?あれ、生放送なんだぜ?」

と言ってきたそう。

いや〜、やっぱり、

気のいいあんちゃんって感じですね。

また、世間の声として

「相方のウッチャンは、現役でコントをやっているけど、

ナンチャンはやってないじゃないか」

のような声もありますが、

彼のライフワークである現代狂言

(わたしは観に行ったことがあるのですが、)

”すごく健全で教育的なコント”

みたいなものです。

(公演後、客席をくまなく廻り、

握手を求めるお客さんとは全員と握手する姿

には、心打たれました…。)

毎日出ているヒルナンデスでは、

そんなに積極的に喋るわけではないですが、

彼の人柄、雰囲気の良さが、

番組の下地になっていますね。

もっと南原さんがベラベラ喋りまくる番組とか、

コンビで出演する番組も、観てみたいですが、

ようやく授かった愛息と、

長く連れ添っている奥さんと共に、

これからも、

マイペースで仕事をしていって欲しいと思います。

…そんなわけで、

今回は、ナンチャン情報でした。

普通の芝居とコント芝居の境目とは?…この人も悩んでいるようです
>>勝地涼は関西弁も流暢な本格派。そんな彼の仕事の悩みは?

一方、こちらの人は「絶対に結婚はしない」と断言しています…
>>増田セバスチャンの妹そして年齢。アイフォンケースも好調

若手アイドルなのに薄毛?
>>中島健人はハゲなのか?ドラマ、映画に続々主演してるのに

Pocket



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこのブログをかいている人

大学卒業後、演劇と文筆活動をしながら、営業、販売、飲食、画家の助手、占い師の助手など、多様な職を経験。あらゆる業界に潜り込み、あらゆる人間関係に触れ、独自に人間心理の勉強をする。ひょんなことからある著名人のゴーストライターをやることになると、その後はフリーのもの書きに。このブログでは「人生のやっかいごと」をなるべくシンプルに解決できる実践方法や考え方を中心に、個人的に興味のある事柄を取り上げています。ふらっと立ち寄って何となく楽しんでもらえるような、そんな「お酒に合うブログ」を目指して。