西村萌、ミス慶応グランプリ逃すも夢に着々。出身高校は?

Pocket

ミスコンって、ご存知ですか?

大学で行われるミス・コンテストの通称です。

昔から女性タレントやアナウンサーの登竜門

としても知られていますが、

特に有名大学のミスコンは最近では、

各種大手メディアも大きく扱うようになってきましたね。

今回は、ミス慶応ファイナリストの

西村萌(にしむら・もえ)さんを紹介するとともに、

「結局、ミスコンとは何ぞや?」

といったところまで踏み込んでみたいと思います。

Sponsored Link

グランプリは逃したものの大注目の西村萌さん

西村萌さんは、1994年5月18日生まれ
福岡県出身。
身長は 165cmとのこと。

で、

感想は後で書くとして
まずはこういったインタビューをどうぞ。

— なぜミスコンに参加されたのですか?
私は、人との出会いを大切にすることを日々心掛けています。出会いってとても不思議なもので、一つひとつが奇跡なんです。だから、人との出会いを大切にして生きていれば、幸せを掴めるんじゃないかと思っています。
ミスコンという自分にとって新しい挑戦をすることで、多くの人に出会い、いろんな機会をもてると考えました。出会いや機会を通じて、新しい自分に成長したいと思ったんです。

—考えている卒業後の進路は?
今はテレビに携わる仕事を目指しています。
—サークルは?
学生国際ボランティア団体RUKEに入っています。ネパールにある古くなった学校を再建するためにお金を集めて支援しています!…こうして見ると、

こうして見るとミスコンの審査って、

普通の芸能のオーディションなどとは違う、

独特の受け答え内容ですね。

あくまでも「知性」と「美しさ」両方

持ち合わせてなきゃいけないわけですからね。

判明している情報では、

父親は新聞記者だということ。

福岡県出身とのことですが、

出身高校がどこであるかは明らかにされていません。

彼女のブログでは、

「高校受験に失敗した」とだけ記載があります。

若くして、自己プロデュースがしっかりできていますので、

その辺は(あまり知られたくないといった)隠したい思いが

あるのでしょう。

テレビの世界を目指しているとハッキリ言いながら、

サークル活動の充実ぶりも語ったりして、

つまり、

ミスコンにまつわる全てが、

”一種の就活”なのですね。

それでテレビ業界の目をしっかり意識した

あのような受け答えなわけです。

…ミスコン、それは非常に独特な、

「女の戦いの舞台」

なのです。

結果はどうだったの?

結果を言ってしまうと

西村さんはグランプリを獲ることはできませんでした。

グランプリは彼女。

角谷暁子
角谷暁子(かくたに・あかこ)さんです。

miss_keio_3
これがファイナリスト全員の集合写真。

右上が西村さんですが、

みんなきれいですね。

かつ、

何かみんな、すごくギラギラした

”アピール顏”してますね。

野心を持ちながらも表面的にはおしとやかでまとめる…

いかにも女!って感じです…。

(あ、何にも悪意はありませんよ?)

スポンサードリンク


候補者の選出法ってどうなってるの?

調べると、これって、

大抵は元々モデルで活動している人

知名度アップのために

ミスコンを担当するサークルに依頼して、

出場するそうです。

アナウンサーを目指している人などは、

基本的には

支援してくれる組織が他薦するそう。

また、大きなサークルに入っている女性の方が

そのサークルの支援を受けられるので有利なのだとか。

つまり、

サークルに入っていなかったり

組織の支援を得られないと、

いくら美人でも優勝はできない

ということです。

ですから、

実際の順位が、そのまま

人気や実力の差ではない…ともいえますね。

大事なのは、やはり

大きな組織に取り付き、支援をお願いする

”政治力”

とも言えましょうか。

いやー、

こんなおっとろしい、魑魅魍魎の巣喰う背景がありながら、

(言い過ぎか)

こうした優等生コメントをかわいらしく撮ってしまう…

女という生き物は、つくづくしたたかですね。

(…言い過ぎか。)


ビジネスの基本は青田買い

株は上がる前に買う

人気の出るものは、早くに手をつけて確保する

誰が人気出るのか分からないなら、

いっそ、みんな囲う…

(AKBのやり方ですね。)

大人がこういうシステム・レールを敷き、

そういうレールがあるのなら、

希望者はその形に従って努力する…。

当たり前のことです。

特に、

難関大学の受験に成功した人たちは、

「傾向と対策」

を責めるのは当然上手ですから、

上記のように、

判を押したような受け答え内容

になってしまうのですね。

最後に、

わたしの個人的意見。

わたしは、ミスコンに立候補する女性って、

何か、ガツガツしてる感じがして、それだけで苦手だなぁ。

でもまぁ、

好きでやってるわけじゃないから、

しょうがないか。

まずは、夢を叶えなきゃ、ですもんね。

この方も「女のプライド」高いです
>>マギーは酒豪で眉毛太すぎ、しかも案外胴長との噂

”タレント”となると、また違った売り出し方をするようです
>>高梨臨は喫煙の噂や放送事故級の天然発言でギャップ満載

Pocket



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこのブログをかいている人

大学卒業後、演劇と文筆活動をしながら、営業、販売、飲食、画家の助手、占い師の助手など、多様な職を経験。あらゆる業界に潜り込み、あらゆる人間関係に触れ、独自に人間心理の勉強をする。ひょんなことからある著名人のゴーストライターをやることになると、その後はフリーのもの書きに。このブログでは「人生のやっかいごと」をなるべくシンプルに解決できる実践方法や考え方を中心に、個人的に興味のある事柄を取り上げています。ふらっと立ち寄って何となく楽しんでもらえるような、そんな「お酒に合うブログ」を目指して。