悩めるだけ人は幸せ。それは「選択肢」が多いってことだから

Sponsored Link



Pocket

以前、私が

「占い師の助手」をやっていた時のこと。

 

かかってきた電話を

複数の占い師の方に取り次ぐのが主な仕事だったのですが、

 

取り次ぐ前に

「私に向かって悩みを相談されてくる方」が、

まれにいらっしゃいました。

 

占い師でもない私は、ドギマギしながら、

話を切ろうにも切れず、

しばらく聞いてあげることになってしまうのですが、

 

その内容をかんたんに分析すると、

こんなものが多かったです。

 

別れ道があって、2つのうちどちらへ進もうか迷っている。

私はAに進もうと思っていたが、

知人からはBに行くべきだと言われた。

私もBに行ったほうがいいのかも、と思い始めた。

どっちに行くのがいいのでしょうか?

 

…こんな感じ。

 

非常に

”典型的な悩み”といった感じがします。

 

もちろん私自身も、

こういった分かれ道で立ち止まったことは、

何度もあります。

 

「どちらの道へ進んだらいいだろうか?」

…悩みって、つまり、こういうことですよね?

 

これを踏まえ今回は、

 

人の悩みとは、一体どこから生まれるのか?

 

そんな

「悩みの構造」

について、考えていきたいと思います。

Sponsored Link

「楽な道」と「辛い道」どっちがよいか?

人は、他人から相談されると、

信頼を得ているように感じ

少し嬉しく思うのと同時に、

「よし、何かためになることを言ってあげよう」

という気持ちになりがちです。

 

ですが、

さきほどの話に戻ると、

私はそこで求められている”占い師”ではないので、

本当は何も言っちゃいけません。

 

それでもお客さんはかまわず話を続けてきます。

困惑しながら、私は何度か、

このように返しました。


お客様はAに行きたいのですよね?

Aに行くのと、Bに行くのとでは、どちらが楽ですか?


 

お客さん
Aです

では、どちらに進んだほうが成長できますか?

お客さん
成長できるのはBです


そうですか。

そうすると、どちらが”いい道”とは、

決めることはできないんじゃないですか?


 

そうするとお客さんはいったん黙ってしまうのですが、

その間に私はとりあえず、

占い師さんに電話を繋ぐのです。

もうこれ以上は何も言わないようにしていました…。

Sponsored Link



「気にしない」という最強の道

突然ですが、

こんな話があります。


ある山に、お腹を空かせた羊が1匹いました。

でも、羊がいる小屋の中には、

ちゃんと干し草があるのです。

”右側”には羊が「大好きな干し草」が、

少しだけ積まれていて、

”左側”には羊が「あまり好きではない干し草」が、

山のように積まれています。

羊は

「おいしい草を少しだけ食べようか?」

「いや待てよ、好きじゃないけどこっちの草をお腹いっぱい食べようか?」

と迷っているうちに、

結局、干し草を前にしながら

餓死してしまいました…。


羊は、悩んだ末に「どちらも選ばなかった」ため、

逆に、

”最も不幸な道”

を選んでしまったと言えます。

 

この羊が抱えた思いこそが、

「悩み」そのものです。

 

つまり、

「悩み」とは

「迷い」なのです。

 

AとB、どちらにするかで迷うのは、

わりと幸せな悩み

 

一方で、

Aしかないけど、Aに行きたくないというのは、

もう少し切実な悩み。

 

…でも、ちょっと待ってください。

 

今の羊が選んだのは、

AでもBでもない”3つめの(最悪の)選択肢”でした。

 

たとえ、選択肢がAしかない場合であっても、

実はもう一つの選択肢があるんです。

それは…

「気にしない」ということ。

 

つまり、

「Aに行かざるを得ないのにウジウジと気にする道」

と、

「気にしないでAに突き進む道」

です。

 

…すると、

あれ? またまた、ちょっと待ってください。

この

 

「気にしない」という道

 

は、どんな場面にも必ずある道ではないでしょうか?

 

(あなたは、どう考えても選択肢が1つしかないところで、

ウジウジと”無駄に”悩んでいませんか?)


Sponsored Link



幸せだから人は悩む

選択肢があるというのは、

幸せなことです。

できることがたくさんあればあるだけ、選択肢は増える

のですから。

 

いや、それはもしかしたら、

人間にとって1番幸せなことかもしれません。

 

選択肢を増やせるのは、

お金権力知性美貌といった

力”

そのものだからです。

 

しかし、

選択肢があればあるだけ、

人は、迷ってしまう・悩んでしまう。

…ここが難しいところです。

要するに人は、

 

幸せだからこそ、悩んでしまうのです。

 

悩む、迷うということは、

”選択肢が多い自分の人生”

を噛みしめているのです。

 

噛みしめながらも、

「やっぱり1番いい道を選びたい!」

と思うのが人の性(さが)。

 

でもそれも適当なところで収めないと

いつまで経っても

「決断」することができず、

見えていなかった

”最悪の選択肢”

が、浮上し始めます…。

 

ここでまた最初にお話しした、私の体験談に戻るのですが、

 

「楽な道」「辛い道」も、

実際のところ、進んでみないと分からない部分があります。

 

どちらが”いい道”かなんていうのは、

誰にも結論は出せません。

 

だからといって

「どっちに進んでも後から文句言うな。気にするな」

では、あまりにも冷たい結論となってしまいますから、

私はあえて、こう言いましょう。

 

本当に、迷うんだったら、それは、

どっちでもいいんです。

 

そんなにも心から

本気で迷えただけ、悩めただけ、

あなたは、

充分幸せだったんです。

 

…いかがでしょうか?

 

というわけで、今回はここまで。

では、また。

おでこを出すと運気上昇。広くてもシワがあっても大丈夫

2017.09.27

男女の考え方は心理学的にも歴史的にも違って当たり前

2016.08.14
Pocket

あわせて読みたい



Sponsored Link



ABOUTこのブログをかいている人

演劇と文筆活動をしながら、画家の助手、占い師の助手、著名人のゴーストライターなど、数々の”珍職”を経験。現在は、童話作家、フリーライターの顔を持ちながら「ストーリーカウンセラー」としても活動中。こちらのブログでは「人生のやっかいごと」をなるべくシンプルに解決する方法・考え方を中心に、個人的に興味のあることを”総合的に”紹介しています。