車内など移動中の暇つぶしに「なぞかけ」はいかが?
tookapic / Pixabay
Pocket

レジャーに出かけるときには、移動がつきもの。

車や船、電車などでしばらく過ごす時間も、

楽しく過ごせば大事な思い出となります。

 

トランプオセロはありきたりだし、用意が必要です。

しりとりも、何だか新鮮さに欠けますね。

 

でも、

「なぞかけ」なら、

何の準備も必要ありませんし、頭の体操にもなります。

 

やり方のコツをわかりやすく解説してみましたので、

ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

なぞかけとはどんなもの?

まず、なぞかけとはどんなものか、

かんたんに説明をしておきましょう。

 

なぞかけの形式は、

 
「○○とかけて○○解く」

「その心は?」

「○○は○○でしょう」
 

といったものです。

 

発表する前に「整いました!」と言い、

周りに人がそれに合わせて

「その心は?」と言ってあげると、

親密さが増し、場の雰囲気も盛り上がります。


このなぞかけの作り方ですが、

大きく2種類の作り方があります。

 

それは

 

「連想のみで作るパターン」と、

「同音異義語を用いるパターン」です。

↑黒ひげ危機一発みたいにパーツをなくす心配がないのでおすすめ。負けた人は「ジュース買ってくる!」みたいなことをやっても楽しいです。

連想のみで作るパターン

まずは、

「連想のみで作るパターン」を、

1つのなぞかけを紹介しながら解説していきましょう。

 

この時のお題は、「カエル」です。

 
「整いました」

「カエルとかけて、お城と解きます」

「その心は?」

「中には殿様がいます」
 

……これはまず、「カエル(お題)」に焦点をしぼり、

そこから連想を広げています。

 
・ジャンプ力がある
・大人になると陸に上がる
・鳴き声がうるさい
・アマガエル、トノサマガエルといった種類がある…
 

というふうに。


ここではその中から、「殿様(トノサマ)」を取り上げました。

 

すると、「カエル」から「殿様」という連想にたどり着きました。


今度は、この「殿様」から連想を広げていきます。

 
・家来がいる
・バカ殿
・お金持ち
・城の中にいる
・何人もの側室がいる
・カゴに乗って移動する
 

そしてここでは、「城の中にいる」を取り上げました。

 

すると、3つの要素が出揃います。

 

A:「カエル」(お題)

B:「殿様」(お題から思いついたもの)

C:「城」(お題から思いついたものから思いついたもの)

 

まずAが決まり、そこからBを思いつき、

そこからさらにCを思いついた……

というものですね。

 

そこでこう組み立てます。

 
「A(カエル)」とかけまして、「C(お城)」と解きます。

その心は?

「B(殿様)」
 

といった感じに。

 

ポイントは、

A→B→Cと思いついたら、

発表の段階でA→C→Bと順序を入れ替えるところです。

同音異義語(ダジャレ)から発想するパターン

次に、もう1つの、

「同音異義語から発想するパターン」を見ていきましょう。

 

さきほどの例でやってみます。

 

はじめ「A:カエル(お題)」から連想していくところはまったく同じです。

 
・ジャンプ力がある
・大人になると陸に上がる
・鳴き声がうるさい
・アマガエル、トノサマガエルといった種類がある…
 

この中で同音異義語として使えそうなのは、

「ジャンプ」くらいしかありませんね。

そう、週刊少年ジャンプです。


では、Bを「ジャンプ」にして、

A:カエル→Bジャンプの流れができたら、

 

今度はただの連想ではなく、

Bのことを説明していきながら、連想を広げていきましょう。

 

ジャンプといえば、

 
集英社から発刊する雑誌の中で、一番部数の多い雑誌
 

です。

 

すなわち、

 
集英社にとって一番自信のある雑誌
 

ということです。

 

では、ここで出てきた「集英社」というワードをCにしてみましょう。

これで、

 

Aエル」

Bジャンプ」

C英社」

 

と出揃いました。

 

ポイントはさきほどと同じで

発表の段階でA→C→Bと順序を入れ替えます。

すると、このようになります。

 

Aカエル」とかけまして「C集英社」と解きます。

その心は?

Bジャンプ」に一番自信があるでしょう。

↑カエルって、何かいつも考え事してそうな面構えですよね…。

Sponsored Link



頭に置いておくべきこと

なかなか高度な遊びなので、

はじめはうまくできないかも知れませんが、

 

うまくできなくても

「整いました!」とか「その心は?」と言うのは非常に楽しいので、

軽い気持ちで挑戦してみましょう。


その際、頭に置いておくべきことはこんなことです。

 

・なぞかけには、3つの要素(ABC)が必要

「連想のみで作るパターン」「同音異義語を用いるパターン」がある

・発表する時に「ABC」を「ACB」に入れ替える

 

Aの部分は「お題」となりますので、

自分で決めなくても、人から決めてもらったり、

また、参加者みんなで共通のワードにしてみてもまた面白いでしょう。

 

たとえ、互いの出来がよくなくても、けなすのじゃなくて、

おもしろくツッこんであげれば、十分に盛り上がります。


移動中の車内で、家族みんなで、これをやっても楽しいですし、

大人だったら、飲み会の場でやってもスゴク楽しいですよ。

 

ぜひ試してみてください。(^ ^)

↑ボケは下手でもツッコミがうまければいくらでも盛り上がります。

Pocket

コメント一覧
  1. 特にないです より:

    整いました
    アルプスの少女とかけて何ととく?
    使い終わった寺と説きます!その心は?
    どちらもハイジだから

    • mkthy(まくしー) より:

      お見事!整ってます!(笑)
      完全にコツを掴んでますね。
      才能がおありのようなので、もっと高みを目指されてはいかがでしょう?
      記事が参考になったようでしたら嬉しいです。

  2. 別に より:

    接待とかけて何と解く?
    裏口だけの建物(または施設)と解きます❗その心は?
    どちらもおもてなしだから❗

    • mkthy(まくしー) より:

      コメントありがとうございます!
      きれーいななぞかけ決まってますね!

      じゃあ、その建物で接待すればいいですね。

      「いやー、お呼びしておいて、こんな粗末な入り口から入ってもらってすみません、
      でもこれが私ら流の『おもてなし』なんで…」

      と。(笑)

  3. とくにないです より:

    近所に廃寺跡があり、小学校での遠足に何度か行った❗そのすぐ後にアルプスの少女のアニメ放映されて、こんな駄洒落を思い付いた❗

    • mkthy(まくしー) より:

      そこまでできたら、あともう少しですね。

      両方とも言い換えて、濁したらいいです。

      山奥にあってすっかり動物たちの住処となった古い建物、
      とかけて、
      明るく元気な女の子と説く、

      その心は、
      「ハイジ」

      こんな感じに。

      コメントありがとうございました。

コメントを残す

子供って…の関連記事
こちらの記事もおすすめ