人相占いで男と女の暗部を探る。アゴやエラにこんな意味が

Sponsored Link



Pocket

「人相占い」は、

正式には、

「観相学」といって、

人相や手相の形状を見てその人の性質や運命を読み取る学問の一種です。

占いの一種と思われがちですが、

これは、当たるとか当たらないといった世界ではなく、

統計学として の位置付けとなるんですね。

ですから、

信じる信じないという判断をするのではなく、

「そういう顔の人は、そういうタイプが多い」

ということで、

基本的なところは知っておいて損はありません。

Sponsored Link

輪郭で見分ける

人の顔を見たときに、最初に目に入る「顔の輪郭」で、

おおまかにその人のタイプが分かります。

タイプはたった3タイプ。

①丸顔

前向きで社交上手。多少辛いことがあっても明るく振舞うことができます。

飽きっぽいところが短所です。

yjimage-1 yjimage

②三角顔

学者に多いタイプで、物事を深く考えられて繊細です。

ただ、考えすぎて落ち込むことも多いです。

imageyjimage-2

③四角顔

たくましくて頼り甲斐があるので、リーダーとして信頼されます。

頑固で決めつけが多く、細かいことに気が付かないのが難点です。

yjimage-5yjimage-4yjimage-3


分かりやすい有名人の顔を載せてみましたが、

「どうも見分けがつかないな」

という方もいるかと思います。

ポイントは、

頰の形と広さですね。

頰が丸みを帯びていれば、丸顔。

頰の両サイドが狭ければ、三角顔。

頰が横に広ければ、四角顔。

ということになります。

アゴとエラはどう見る?

顔の全体の輪郭にも通じるところがあるのですが、

これも見た目の印象に大きく関わってくる、

アゴエラ

についてふれていきます。

アゴ

アゴが三日月のようにクイッと出ている人は、言いたいことをしゃべる攻撃的なタイプです。

何か言われたら倍にして返すのが特徴で、非常に自己主張が強いとされています。

yjimage-7yjimage-6

エラ

エラが張っている人は、奥歯を噛みしめる時間が長かったということで、

我慢をし続けてきた人。

当然、非常に我慢強いタイプです。

yjimage-8yjimage-9yjimage-12
なお、

エラが張っているのはもちろん遺伝的な要素もありますが、

後天的な要素が強く、

噛み合わせの調整などで治る場合も多いそうです。

スポンサードリンク


結婚や恋愛に向いているのは?

人それぞれ、顔や性格には個性があってしかるべき。

どの特徴も、相手次第でうまくピースがはまることもあります。

たとえば、

アゴが出ていて自己主張が強いタイプの人は、

エラが出ていて我慢強い人との相性がとても良いようです。

ですが、

恋愛、特に結婚ともなると、

2人で話し合いながらいろんなものごとを決めていかなくてはいけません。

その時、重要なのは、

「耳たぶ」です。

耳たぶがしっかりある人は、

自分の話を聞いてくれます。

反対に、

耳たぶが切り立っている人は、

自分の話をあまり聞いてくれないかも知れません。

 

yjimage-14yjimage-10
(↑スポーツ選手で成功する人も、このように同じタイプではありません。)

あくまでも統計学上のお話ですが…。

というわけで、

今回は、パッと見て分かりやすい

人相占い(観相学)についてでした。

でも

あまり強く「偏見」を持たないように注意してくださいね。

人相も手相も、環境や心持ちによって変わってくるものですから。

(最短だと半年ほどで変わってくることもあるそうですよ。特に耳たぶなどは。)

鏡を見るのはナルシストだけではありません。
>>鏡を見ると綺麗になる効果。さらに仕事の集中力もアップ。

おでこは「運」を受けるところ。
>>おでこを出すと運気上昇。広くてもシワがあっても大丈夫。

人の本性はこんなところで分かる。
>>人間の「本性」が出る時。「人間性」が変わる時。

Pocket

あわせて読みたい



Sponsored Link



ABOUTこのブログをかいている人

大学卒業後、演劇と文筆活動をしながら、営業、販売、飲食、画家の助手、占い師の助手など、多様な職を経験。あらゆる業界に潜り込み、あらゆる人間関係に触れ、独自に人間心理の勉強をする。ひょんなことからある著名人のゴーストライターをやることになると、その後はフリーのもの書きに。このブログでは「人生のやっかいごと」をなるべくシンプルに解決できる実践方法や考え方を中心に、個人的に興味のある事柄を取り上げています。ふらっと立ち寄って何となく楽しんでもらえるような、そんな「お酒に合うブログ」を目指して。