岡本夏生対ふかわりょう。キスも仲直りどころかセクハラに

Pocket

岡本夏生さんとふかわりょうさんが
イベントでいざこざを起こしたらしい…とまでは何となく知っている方も多いでしょう。

どちらもお笑いの人だから、

(岡本さんも”お笑い”でいいでしょう、この際。)

全てまるまる込みでパフォーマンスだったのだろうと思っていたら、

何やらこの話題、きな臭い展開になってきたようです…。

Sponsored Link

音信不通の岡本夏生が突然登場

事件が起きたのは、今年4月11日から13日までに行われた「ガチハル!」というトークイベントにて。

ところが、岡本さんは、ふかわさん司会の情報番組「5時に夢中!」降板後、音信不通状態となっていました。

ですので、イベント関係者は「岡本さんは欠席するかも知れません」との情報をすでに流していました。

ところが、岡本さんは周辺の予想に反し、会場に現れます。

音信不通だった理由は、

「携帯電話をなくしたから」とのこと。(この時点で、大人じゃないですね…。)

イベント自体は、芸能界の話題をぶった切るという趣旨で進められたのですが、

これに対して岡本さんがなぜか「聞いてないわよ!」と大激怒。

しかも、岡本さんはこの日、黒のダウンジャケットにスウェット姿。

用意された椅子にも腰掛けず、ステージ上でずっとあぐらをかいていたそうです。

”キス”が裏目に…

何と岡本さんは、この時、お客さんの前でギャラの話までしたそうです。

その模様は、テレビカメラなどが入っていなかったので、参加者からの情報を辿るしかないようですが、それはそれは凄惨なイベントだったようですね。

こんな現場を、何とか”笑い”にしようとふかわさんもがんばったんでしょう、ふかわさんは壇上で岡本さんに“口封じのキス”をしたらしいのですが、

本来そういったことも、信頼関係の築けている相手にだけ通用すること。

岡本さんはふかわさんのこの行為を現在、

「公然ワイセツだ」「セクハラだ」として、

法の場に訴えることも視野に入れているとのこと。

(もう、笑いにできるレベルを超えてます…。)

で、結局、トータル3日間行われる予定だったこのイベントにおいて、残りの2日間は岡本さんが参加しないことが、この日のうちにすぐ発表されたそうです…。

スポンサードリンク

 

岡本さんの言い分

ここから先は私の憶測が入ります。↓

岡本さんが「5時に夢中!」を降板となったのは、過激発言で苦情が相次いでいたことが原因と言われています。

特に芸能界からの苦情です。
芸能人はイメージ稼業ですからね。たとえ真実であっても、イメージ保護のために隠したい事実はたくさんあります。
それを岡本さんにあまりにもストレートに言われると、やはり困るわけです。たとえ、視聴者にウケても。

岡本さんは、番組を盛り上げるために、毒舌を吐いていたつもりだったのに、

ふかわさんをはじめ、番組スタッフは、
「(そんなしょーがない)岡本さんを守ってあげている・支えてあげている」
という認識だったようですね。あるいは、そういった雰囲気を岡本さんに伝えてしまった…

すると岡本さんは激高したわけです。

「こっちは身を削って盛り上げてきたのに、単なるお荷物扱いなのか!」

と。

岡本夏生さんの心情も察しますが…

芸能界での仕事も少なくなっていた岡本夏生さんは、

その立場を生かし、

”過激発言”こそ自分の生きる道!

と信じ、「5時に夢中!」のコメンテーターを務めていたのかも知れません。

そんな中、圧力が加わり、番組を降板させられたことは、どれだけショックだったでしょう…。

しかし、

大人として、キチンとした話し合いには応じるべきでしょうね。

わたしはこの件、どちらかというと

いえ、ハッキリと、

ふかわさん側に同情します…。

清純で可憐なアイドルだってお金は大切です。
>>飯田香織のファン感謝バスツアーとは?旦那&子供の情報も

トップアスリートのお金の稼ぎ方にもいろいろあります。
>>村田諒太は笑顔が醜い?トップランク社との契約金の額は?

女優とバラエティどちらもいける人は女優専念をお勧めしたいです。
>>松岡茉優は老けてる?目尻のシワなど気にせず自撮りに夢中

Pocket



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこのブログをかいている人

大学卒業後、演劇と文筆活動をしながら、営業、販売、飲食、画家の助手、占い師の助手など、多様な職を経験。あらゆる業界に潜り込み、あらゆる人間関係に触れ、独自に人間心理の勉強をする。ひょんなことからある著名人のゴーストライターをやることになると、その後はフリーのもの書きに。このブログでは「人生のやっかいごと」をなるべくシンプルに解決できる実践方法や考え方を中心に、個人的に興味のある事柄を取り上げています。ふらっと立ち寄って何となく楽しんでもらえるような、そんな「お酒に合うブログ」を目指して。