• 占いを疑ってみよう
    「人気占い師はよく当たる」はウソ?人気占い師と不人気占い師の違い
  • 人生を賢く生きる考え方
    真の友達とはどういう友達か?お釈迦様の名言とともに。
  • 物語について
    物語や小説はなぜ面白いのか?その構造とは?
  • 人生を賢く生きる考え方
    人間が成長するには「孤独」が必要不可欠な理由。
  • 占いを疑ってみよう
    絶対にハマってはいけない占い師の「手口」と「テクニック」
  • 占いを疑ってみよう
    宗教の勧誘はなぜしつこく、なぜうざいのか?その理由をズバリ!
  • 占いを疑ってみよう
    占い師や霊能者は単なる嘘つきで詐欺師?本当のところどうなの?
  • 考え方を変えてみよう
    仕事を辞めたい時の「考え方」。決断は前進である。
  • ストーリーの力
    プラス思考や自己啓発はなぜ気持ち悪いのか?
  • 人生を賢く生きる考え方
    「人生は最初から決まっている」という考え方はアリ?ナシ?
  • 男と女
    なぜ失恋は時間が解決するのか?「第三者視点」の重要性
  • 人生を賢く生きる考え方
    直感はなぜ当たる確率が高いのか?その意外な理由。
  • 考え方を変えてみよう
    頼まれごとはストレス?頼まれたらどんな返事をすべきか?
  • 占いを疑ってみよう
    血液型占いが嫌いな人・苦手な人が身につけておきたい知識
  • 物語について
    人はみな「自分の人生という物語」では主人公
大人になると人生がつまらなくなる理由とその対処法
Pocket

いきなりですが、

みなさんは、大人ですか?

どうですか?

子供の時と比べて。

なんか、

子供の時のほうが毎日楽しかったなぁ、って思うことないですか?

そうです、

子供の時のほうが楽しく過ごせるのは、

ちゃんと科学的にも理由があるんです。

今回は、

「大人になること」

少々科学してみます。

Sponsored Link

人は40歳までに創造性の9割を失う

アメリカのブルームバーグ社が発行する

権威あるビジネス雑誌で、

『ビジネス・ウィーク』というのがあるんですが、

これが発表したところによりますと、

なんと、

40歳の人の創造性は、

5歳の子供の2%しかない

そうです。

 

すごいですよね、

私ちょうど今、40の歳なんですが、

私という人間の”創造性”は、

知らぬ間にもう90%以上が失われていたんです。

(確かに、思い当たる節もありますが…。)

なぜ創造性は失われていくのか?

じゃあ、この”創造性”は

いったい誰に奪われていくのでしょう?

これは実は、

「自分」以外の誰でもありません。

 

社会に揉まれ、

「ここではこうしろ、そこではああしろ」

といったような同調圧力にさらされ、

 

私たちは、

ある意味、自分を守るため

自らの創造性を犠牲にするのです。

 

教育というのは、人間にとって大事なものですが、

これも実は、

創造性をもぎ取ってしまう最大の要因でもあります。

 

教育は”知識”を身につけるためのものですが、

それがいかに

論理的で整合性のあるものであったとしても、

それを使って、

(正しいとされる)”1つの答え”を導き出すわけですから、

その時点であらゆる可能性、あらゆる創造性は

翼をたたまれてしまうわけです。

…ちょっと難しいですけど、わかりますかね?

 

つまり、

何事も、

”未知”や”未経験”のままであったほうが、

”創造性”は豊かであるということです。

 

賢くなったり、

いろんなことを経験していくと、

(つまり、歳をとっていくと)

創造性を失ってしまうのは仕方のないことなんですね。

Sponsored Link


創造性を失わないために

創造性を失わないために

私たちができることといったら、以下のようなことがあります。

 

●理性に従わない
●多くの解決法を探す
●自分の考えを徹底的に分析する
●問題をチャンスと捉える
●リスクを冒す
●あえて人と違うことをする
●楽しくばかげたことをする
●基準から外れた考え方をしてみる

 

具体的にいうと、

●文章を書くこと

●絵を描くこと

●ダンスをする

●新しい帰り道を発見すること

●新しい人に会うこと

…などです。

「文」にしても、「絵」にしても、
「新しい人」にしても、

予測不能というか、

その先(この先)どうなるかわからない…

といった感覚でいることが

創造性を失わずにいるコツのようですね。

(確かに、子供って無限の可能性があって、将来どんな人生をたどるか、まったくわからないですもんね。本人も、周りも。)


Sponsored Link


「慣れる」ということの弊害

人間がここまで文明を発達させてこれたのは、

人間にある、

「慣れる」という能力のおかげです。

火に慣れたせいで、

それを使って調理したり、

器をつくったり、刃物をつくったり

することで文明を進化させてきました。

 

自動車だって、使い方を間違えば恐ろしい凶器ですけど、

それの操作にも慣れ、

人々は車を使って豊かな暮らしをしています。

いちいち、

車を見るたんびに、

「すげーなぁー、でけーなー、
これが動くって信じらんないなぁ〜」

って言ってる大人には、

会ったことないですよね?

 

このように「慣れる」という能力があるからこそ、

我々人間は普通の暮らしができているんですけど、

同時に、

「これはこういうもので、こうこうだから、

こうなるはずだ」

といったみたいに、

 

”予測不能とは真逆”の物事に囲まれていると、

どーしても、

”創造性”を失っていきます…。

新しいことに挑戦しよう!

ここで冒頭の言葉に戻りましょう。

あなたが大人になって、

人生がなんだかつまらなく感じるのは、

 

創造性がなくなってきているからです。

 

決まりきったことに、

囲まれ過ぎているからです。

 

人生を楽しく感じるようになるためには、

方法は簡単です。

 

まったく予測不能の、

自分ができるかどうかもわからない、

(ま、少しはできそうなことにチャレンジしてみるのがいいでしょうが)

”新しいこと”に

チャレンジしてみましょう!

 

…大きなレベルでいうと、

仕事、住むところを変える、といったことがありますが、

新しい趣味をはじめてみるのなんか、手っ取り早いですね。

試しにどうぞ。(^_^)☆

アクア歴20年の著者が教える、超簡単な熱帯魚飼育法!

おでこを出すと運気上昇。広くてもシワがあっても大丈夫

Pocket

  • 「頭がいい」とはどういうことか?その定義を考える
  • アイデンティティーの確立とは?その方法は意外なところに
  • 人間の「本性」が出る時。「人間性」が変わる時。
  • 身長の低い男は嫌われる?「男の身長」と「女の胸」の共通点とは?
  • 波長の合わない人との接し方。理想論はあってもいいが、ちゃんと結論を出そう
  • 酒やタバコをやらない人とやる人の心理はどう違う?
おすすめの記事