ランニングよりウォーキングのほうが痩せるって本当?

Sponsored Link



Pocket

一昔前になりますが、

「スポーツは体に悪い」という考え方が出てきました。

これは大まかに言うと、

活性酸素の発生量が体の中で増え、

体内の組織を痛めつけてしまうことに加え、

スポーツは、それ自体がストレスになる

という考え方からです。

スポーツとは常に

優劣をつけ、勝ち負けを競い合うものですからね。

時には無理もしてしまいますし、体を壊してしまうこともあります。

まあ、だからこその楽しさもあるんですけど。

そのへんと関連して、

今回は、

せっせと走るランニング

のんびり歩くウォーキング

どちらが体にいいのか?というお話です。

Sponsored Link

運動は何のために必要?

「スポーツ」のことは一度、頭から切り離しましょう。

「運動」は体にいいこと、これを否定する人はいません。

運動をすると、

まず生活習慣病を遠ざけることができます。

運動自体によって、

ブドウ糖がすぐ消費され、血糖値が下がり、

また、

運動習慣が体に身に付いていると、

血中のブドウ糖の量をコントロールするインスリンも効きやすい体質に変わります。(何かのはずみで血糖値が上がっても、すぐに治療できるということです。)

さらには、

ストレスを解消でき睡眠の質も改善するなど、

メンタル面での効果も大きいです。

激しい運動は体に悪い?

ではまた、「スポーツが体に悪い」という説の検証を見ていきましょう。

これは冒頭に少し説明しましたが、

激しい運動は、大量の活性酸素を体内に発生させます。

運動量が多ければ多いほど、体に沢山の酸素を必要とするのです。

激しい運動の後、ぜえぜえと息が切れた経験は誰にでもあると思いますが、

これは、

それだけ大量の酸素を必要とし、それを吸っているということ。

酸素の消費量が多ければ、

それに比例して活性酸素の発生量が増加するのです。

酸素は体に悪いの?

「酸素=体にいい」というイメージがありますが、

基本的に酸素は毒です。

鉄が錆びるのに酸素を要するように、

酸素によって、人間の体も錆びます。

基本的に

酸素が足りないのは問題がありますが、

足りない場合に与えるのは、

酸素ではなく、「空気」。

スポーツなどで勢い良く燃焼して、大量の「酸素」を必要とする状況に持っていくのが体に良いのではなくて、

大切なのは、安定して燃えることなんですね。

でも、スポーツをすると気持ち良く感じるのはなぜ?

スポーツをすると

「いい汗」をかきますが、

これは実は、体温を下げる為に出ています。

ですから、

やはり気持ちの上では、「活性酸素が増えているな」と危機意識を持ってもよいことのなのです。

スポーツをして気持ち良く感じるのは、

脳内にベータエンドルフィンという物質が発生するから

です。

これは一種のモルヒネの様な物質で、

人間の気分を「ハイ」にさせる作用があります。

つまり、

自分の体の苦痛を和らげる為に、脳が自らベータエンドルフィンを出しているんですね。

スポンサードリンク


痩せるためにはランニングとウォーキングどっちがいい?

ようやく本題に入ってきました。

スポーツうんぬん、体にいい悪いうんぬんの前に、

「とりあえず、痩せたい!」

という人も多いかと思います。

10キロ程度であれば、歩いても走っても消費カロリーは変わりません。

移動させるのは自分の体ですから。

軽い荷物を10個運ぶのと、重い荷物を1個運ぶのに、カロリー消費量が変わらないのと同じです。

ですから、

運動に慣れていない状態であれば、

ランニングよりもウォーキングの方が長い距離を運動することができるため、

結果としてウォーキングの方が消費カロリーを増やすことができます。

スマートで代謝のいい体を手に入れるには?

汗をかくと痩せるようなイメージがありますが、

あくまでも脂肪を燃焼させるというイメージを持ったほうがいいでしょう。

失われた水分が補給しなくては、脱水症状など新たなリスクを生みます。

また筋肉がつけば、その分痩せるというイメージがありますが、

筋肉がつけば、そのぶん体重は増えます。

では、どうすればよいのか?

基礎代謝を増やすための筋肉は欲しいわけです。

そうなると、

考え方としては、

体力、筋力、心肺能力などのレベルアップを目指しながら、

まずはウォーキング。

どうしてもランニングをしたいという場合でも、

そこから徐々に切り替えていくのがオススメです。

何より大切なのは、継続すること。

できれば、毎日30分以上の

中強度の運動(少し疲れたなと思うくらいの運動)を行い、

体脂肪が燃焼しやい体を作り、

体が慣れてきたら、少しずつ

距離を増やすなり、ランニングするなり、

運動強度を上げていくイメージです。

焦らず、無理なく、

楽しく取り組みたいものですね。

体が錆びるのを防ぐビタミンC。
>>ビタミンCサプリに美白効果はあるのか?ないのか?

水分補給には結局麦茶が一番?
>>麦茶には高血圧予防の効能もあり。まさに手軽な高機能飲料

毎日笑うことも大事。
>>笑いの健康効果に関する論文が続々。実は古来からあった?

Pocket

あわせて読みたい



Sponsored Link



ABOUTこのブログをかいている人

演劇と文筆活動をしながら、画家の助手、占い師の助手、著名人のゴーストライターなど、数々の”珍職”を経験。現在は、童話作家、フリーライターの顔を持ちながら「ストーリーカウンセラー」としても活動中。こちらのブログでは「人生のやっかいごと」をなるべくシンプルに解決する方法・考え方を中心に、個人的に興味のあることを”総合的に”紹介しています。