渡嘉敷来夢は男じゃないけど兄はイケメン。で、彼氏は?

Pocket

9月に行われたバケットボール女子アジア選手権で

日本代表が優勝し、

リオオリンピック出場を決めました。

その中でも

ひときわ注目を集めているのは、

エース・渡嘉敷来夢

「ラム」と読みます。ええ。

ずいぶんとたくましいラムちゃんですけどね。

そのたくましい姿から、

コート上では「タク」と呼ばれてるそうですけど。

↑あ、これ実話ですよ?

たくましい女性は好きですか?

わたしは(男ですけど)、

たくましい女性、好きです。

肩のラインをそーっとなぞってみたくなりますね。

さて今回は、

女子バスケ界の期待のホープ・渡嘉敷来夢選手と、

ちょこっと恋愛の話をします。

Sponsored Link

女子バスケ選手・渡嘉敷来夢とは?

まずは渡嘉敷来夢さんの紹介をしましょう。

埼玉県出身、1991年生まれの現在24歳。

小学校の時は、陸上の選手で、走り高跳びで全国優勝。

中学からバスケに転向し、

全国ベスト8の好成績。

高校では

インターハイ、ウィンターカップともに3連覇達成。

16歳の時に日本代表候補となりますが、

怪我の影響もあって

実際に初選出されたのは20歳の頃です。

身長は、なんと

192cm

高さだけでなく、

コートをきびきびと走り続ける走力が

最大の強みと言われています。

そんな、国内に敵なしの彼女は、

さらなる成長を求め、

今年6月から

WNBA(アメリカ女子プロバスケットボールリーグ)

シアトル・ストームに入団しました。

そんな彼女はまさに今、

日本女子バスケ界の頼みの綱でして、

日本女子バスケが、

世界と対等に戦うために、

WNBAと日本代表を掛け持ちしながら、

進化を続けているわけです。

まぁ、実際めちゃめちゃ、結果出してますけどね。

お父さんがアメリカ人とのハーフで、

彼女はクォーターということになりますが、

いやー、「4分の1」になっても出てますね、

異国の血。

ちなみにお父さんが196センチ

あれ?…こんなにお父さんと身長が近い娘も珍しいか。

でもそんな高身長は、

彼女にとってはオマケ要素のようなもの。

実力も折り紙つきで、

「日本女子バスケ史上最高峰の選手」、

「100年に一人の逸材」

とも言われているわけです。

(〜年に一人、という表現、最近の流行りですね。)

で、この渡嘉敷来夢選手、何しろ女性ファンが多い

顔のつくりが、男風に整ってるんですよね。

あと身長が高いところにも、

男らしさを漂わせてしまいます。

そうです、

女性ですが、彼女、イケメンと評判です。

ですが本当のイケメンは、

彼女の兄なんでしょう。

彼女には渡嘉敷健という兄がおり、

もう脱退したようですが、

以前は

ジャニーズ事務所に所属していたみたいです。

(この件についてはほとんど情報が公開されていませんので、

そーっとしておいてあげましょう…。)

来夢さんは

高身長のあまり、

女性トイレに入ろうとすると止められたりなど、

苦労もあるようですが、

聞こえてくるのはそういった情報だけで、

彼氏や特定のボーイフレンドがいるかという情報は、

まったく出回っていないようです…。

(同じくそーっとしてあげましょう。)

…そこで、

ちょっと話を脱線して、

人にとって、また恋愛において、

身長って、いったいどんな要素なのか?

について、じっくり考えてみます。

スポンサードリンク


恋愛において身長とは?

男性に、恋人となる人の理想の身長を尋ねると、

「160cm」

という回答が最多だそうです。

次に「150cm」
「155cm」

と続きます。

ちなみに、

「自分より身長が高い女性が理想」

と答えた人は、

5%

「自分より高くてもいい」

ではなくて、これは

「自分より高いほうがいい」

と答えているわけですから、

これを多いと思うか少ないかと思うかも、

見方が分かれるところです。

ただ、こういうの、

詳しく理由を尋ねても、

「それくらいがちょうどいい」

だとか、

はっきりした根拠のある理由は出てきません。

理想も好き嫌いも、”根拠なし”

以前、こんな”説”を聞いたことがあります。

背の低い女性は、背の高い男性を求め、
背の高い女性は、背の低い男性を求める


と。

その人が言うには、

そうでないと、

高い人同士、低い人同士で交配を繰り返すと、

人類が「背の高い人」「背の低い人」で

二極化してしまうから

らしいです。

…ま、

これはちょっとお笑いのネタみたいなものですけど、

結局、

好き嫌いなんて、

はっきりした根拠のないことがほとんど

ですから、

無責任にこういう想像をするのも、

まぁ、

アリっちゃアリですけどね。

真実かどうかも確認のしようがないですから。

それよりも、

人類がこの世に50億人以上いることを考えると、

出会うこと自体が奇跡

のようなもんです。

相手が生活圏内に現れるだけで、

そりゃもう奇跡。

たまに聞く気取った言い方ですが、

「好きになった人が、好きなタイプ」

…これが、真実なんでしょうね。

出会う前の自己形成がすべて

とまぁ、

渡嘉敷来夢選手の身長の話から、ちょっと脱線しましたが、

身長なんて、

人としての、

たくさんある要素の中の、

たった一つにしか過ぎません。

とにかく、何しろ、

出会うかどうかが大事

好きな人の前に、

「自分の好きな自分」

で現れることができるか?

つまり、

恋愛とは、実は、

出会う前から始まっているのです。

いやー、気が抜けませんね。

そんなオシャレな締めで、今回は終わりたいと思います。

これぞ美しい愛の形?必見です。
>>佐藤オオキ、清川あさみとの結婚と離婚

Pocket



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこのブログをかいている人

大学卒業後、演劇と文筆活動をしながら、営業、販売、飲食、画家の助手、占い師の助手など、多様な職を経験。あらゆる業界に潜り込み、あらゆる人間関係に触れ、独自に人間心理の勉強をする。ひょんなことからある著名人のゴーストライターをやることになると、その後はフリーのもの書きに。このブログでは「人生のやっかいごと」をなるべくシンプルに解決できる実践方法や考え方を中心に、個人的に興味のある事柄を取り上げています。ふらっと立ち寄って何となく楽しんでもらえるような、そんな「お酒に合うブログ」を目指して。