海や川や地面に勝手に散骨したら違法なのか?

Sponsored Link



Pocket

今回も、

私がお墓販売の仕事に(ほんの少し)携わった中で

得た知識を、みなさんにお裾分けできたらと思います。

今日のテーマは「散骨」です。

 

「散骨」とは、骨壷に遺骨を納めて、

お墓は納骨堂などに”収納”するのとは違って、

”自然に還す”

ということです。

海や川や地面に、そうした散骨をするわけですけど、

もちろん、これをした後、遺骨は戻りません。

遺骨の最終的な処理の方法としてあるのが、

この「散骨」です。

Sponsored Link

お墓販売業者が語ってきた”嘘”

実際、現在のお墓販売の現場では、

潜在的な散骨希望者がとても多いです。

葬式しない、墓もいらない…でもこれって許されないの?

2017.09.17

ですが、

お墓販売業者はこれをされると儲かりません。

理由はかんたんですよね?

散骨をされると、

お墓を持つ必要がなくなり、

お墓が売れなくなってしまうからです。

 

ですから、

お墓販売業者は、(特にあくどい業者は、)

「ご遺骨を自宅やお墓以外のところへ勝手に散骨したら、違法ですよ。

ですから、お墓を持つしかありません。

さあ、お墓を買いましょう」

 

というようなトークをします。

 

あくどい業者でなく、単に無知識な業者もいます。

本気で、散骨が違法だと思っている業者ですね。

(そりゃ「お墓が世の中に必要だから、自分はそれを売る仕事をやっている…」そう信じて疑わない人は「散骨=違法」の論理にまったく疑問をはさまないかも知れませんよね。)

ですが、

散骨って、違法ではないんです。

「墓埋法」成立当時とは違う現在の状況

散骨が違法だとする人(勘違いをしている人も含めて)は、

「墓埋法(ぼまいほう)」

とう法律を語ります。

 

この法律は、

まだ土葬と火葬の割合が半々だった時の古い法律で、

たとえば、

好きな場所に自由に土葬したら、

公衆衛生的に問題がある

といった理由から、

お墓以外のところへ遺体(もしくは遺骨)を葬るのは禁じます

となっているのです。

 

ですが、

今、日本は、ほぼ100%火葬。

昭和13年にできたこの墓埋法というのは、

公衆衛生的に問題のない

”灰になるまで焼いた焼骨”や、

”焼いて砕いた粉骨”などを扱うことを想定していないんです。

Sponsored Link



散骨は違法ではないという現実

墓に入る自由も含めて、

葬送の自由は日本国民に認められています。

 

そして

1991年10月に、

法務省は

「節度があれば、散骨を認める」

という見解を示しています。

 

しかしこの事実は、(今でも)

日本においてあまり周知されていません。

 

…分かりますね?

さきほども書いたように、

「お墓を売りたい人」たちがいるからです。

 

何も私は、お墓を否定したいのではありません。

お墓参りも毎年必ずしていますし、

お墓の前に立つと背筋が伸びて、清々しい気持ちになります。

 

私はただ、

お墓を持つことをためらう人たちや、

金銭的にあまり余裕のない人たちに

「遺骨を勝手に散骨するのは違法ですよ」

といった脅しをかけて

もの(お墓)を売ろうとするのには絶対反対なんです。

Sponsored Link



”節度”とは?

しかしこの1991年の、法務省の見解、

節度があれば、散骨はしてもよい」

というのもまた、あいまいな表現ですよね。

 

私がちょっとお墓販売の仕事に携わったからといって、

ここで偉そうに、

節度とはつまりこういうことです、と断言はしません。

ですが、

お墓業者の先輩などに確認し、

ある程度、この「節度」というものが、

どういう基準か、といったことは語れます。

ですから、ここから先は、

世間話をただ耳に入れる…くらいの感覚で読んでください。

 

節度とは、

まず、骨の形が残っていてはいけません。

焼いた上でちゃんと”粉骨”していること。

”粉”になっていることが条件であり、それがここでいう節度です。

 

粉になっていれば、

海や川や地面に、それを散骨しても構いません。

 

ただ、もう一つ、守らなくてはならない節度があります。

それは、

近所の人や、土地の持ち主などに

気味悪がられてはいけない、ということです。

 

数人で真っ黒い服装をして、いかにも儀式っぽい感じで、

どこかの茂みや川などに散骨したら、

そりゃ近所の人にとっては嫌なものです。

違法でなくても、

「やめてくれよ!」とか、

「そういうの違法だぜ!?」

とか言ってくるでしょう。

 

ですから、儀式っぽくせず、

ごく少数(もしくは1人)で、

人のいない夜中などに、

しれっと散骨すればよいのです。

(まだこうした勇気?のない方は、散骨業者とともにやるのがいいでしょう。)

 

…以上、ちょっと踏み込んだ発言でしたが、

大きくは間違っていません。

各自の責任においてやってください。

 

ちなみに、

骨の成分は「リン酸カルシウム」ですので、

海も川も、土も、

きれいになりこそすれ、

汚すことはありません。

 

そんなわけで、私がお墓販売の現場を通して、知った知識の

ちょっとしたおすそ分けでした。

どなたかのお役に立てれば…。

葬式しない、墓もいらない…でもこれって許されないの?

2017.09.17
Pocket

あわせて読みたい



Sponsored Link