仕事でストレスをためない方法は意外とこんなにもシンプル

Sponsored Link



Pocket

前回の記事が思いのほか反響がありましたので、

今回は、もう少し踏み込んで、

「ストレスをためない方法」についてです。

もちろん、

私もある意味、日々ストレスと闘っている”修行中の身”なので、

理想論のような形にもなると思いますが、

よろしければどうぞ。

Sponsored Link

そもそもなぜストレスは問題か?

健康に生きるコツは、

毛細血管を広げて、血液を体の隅々に行き渡らせること

です。

ストレスは全身の毛細血管を収縮させます。

毛細血管が収縮して、

臓器の末端に新鮮な血液が行かなくなり、

臓器が完全に働かなくなってしまった状態

が、

いわゆる”病気”です。

ストレスは、体の病気に関わってくるものではありません。

ストレスによって、脳の毛細血管に血が行かなくなると、

”うつ病”になってしまいます。

ストレスの多くは人間関係

ストレスとは、

かんたんに言うと、

「思い通りにならないこと」

です。

でも、

天気など自然現象について文句を言ってもしょうがないことは、

みんな分かっています。

思い通りにならなくて苦しむことの先には、必ず、

「人間関係」があります。

人が日々、密接な人間関係を繰り広げている場所は、

多くの場合、職場なのではないでしょうか。

仕事をされていない方は、家庭、学校などに置き換えてもいいでしょう。

では、

そうした人間関係の中でストレスとためない方法とは、

どんなものでしょう。

スポンサードリンク


ストレスをためないコツは、

自分の寛容度・許容度を広げること

”誰に対してもストレスを与える現象”というのは、

存在しません。

「こういうものの言い方をする人はストレスだ」

「こんなやり方は周囲を不快にする」

「こんな状況はイライラする」

という感情は、すべて自分で生み出しています

同じ現象が起きても、

自分と同じように感じない人がいます。

ということは、

「ストレス」というのは、

自分がストレスだと感じた瞬間に生まれているのです。

ですので、

ストレスをためない方法は、

まず、

ストレスを感じないこと。

そのためには、

自分で自分の寛容度・許容度を広げておくことです。

「ここのエレベーターは来るのが遅いからイライラする」

そう思ったら負けです。

何も感じない。気にしない。

最終的に、気にならなくなったら、あなたの勝ちです。

根性はいらない。思いもいらない。

でも間違ってこっちのスイッチを入れちゃダメですよ。

「悪いのはぜんぶ私だ」

「私の努力が足りないんだ」

「イライラする自分が間違っているんだ」

みたいな。

根性の話でも努力の話でもないんです。

それでは何の解決にもなりませんし、むしろ毛細血管を縮めます。

余計な”思い”を持つのをやめましょう

って話です。

これはこれ。その人はその人。自分は自分。

自分がイライラしないのが1番。

自分がストレスをためずに、毛細血管に血を行き渡らせ、健康でいるのが1番ですよ、やっぱり。

人には「ぼっち」状態が必要。
>>ぼっちレベル診断にトライ!目指せかっこいい「ぼっち充」

ストレスがあると白髪も増えます。
>>白髪は生える場所に意味がある。それはストレスor病気?

ストレスに効く?ビタミンC。
>>ビタミンCサプリに美白効果はあるのか?ないのか?

Pocket

あわせて読みたい



Sponsored Link



ABOUTこのブログをかいている人

演劇と文筆活動をしながら、画家の助手、占い師の助手、著名人のゴーストライターなど、数々の”珍職”を経験。現在は、童話作家、フリーライターの顔を持ちながら「ストーリーカウンセラー」としても活動中。こちらのブログでは「人生のやっかいごと」をなるべくシンプルに解決する方法・考え方を中心に、個人的に興味のあることを”総合的に”紹介しています。