高畑裕太は顔でかいといじめられるも、今は加湿器のプロ

Sponsored Link



Pocket

やっぱり今も昔も、

芸能人にとっては、

NHKの大河ドラマ朝の連続テレビ小説(朝ドラ)

は、やはり”仕事の格調”が高いらしく、

これらをきっかけにブレイクする芸能人は

後をたちません。

大きな社会現象を起こした『あまちゃん』以降の作品も、

変わらず、若年層の視聴者を離さず、

高い人気を保っています。

今回紹介します、高畑裕太さんは、

朝ドラ『まれ』出演以降、

バラエティーでよく見かけるようになってきました。

Sponsored Link

紫綬褒章を受章した大女優・高畑淳子の息子

高畑裕太さんは、

言わずと知れた大女優

高畑淳子(たかはた・あつこ)さんの息子さんです。

高畑さんは2度離婚しており、(現在は独身)

高畑裕太さんは2度目の相手との子供だそう。

父親にしては明言されておらず、

1度目の結婚では貧しさに耐えかねて離婚、

2度目の結婚は”できちゃった結婚”であったこともあって、

淳子さんも、息子の裕太さんも、

家庭環境についてはあまり、多くは語られないようです。

最近、話題になったエピソードは、

朝ドラ『まれ』関連のお話ですが、

それは、

共演者の清水富美加さんの、

髪の毛についていたご飯を取ってあげて、

そのまま本人の目の前でそれを食べてしまった…

というもの。

これはなかなかキッツイですね…。

それに、

最近、バラエティ番組に多く出ている彼を見ていても、

「面白いキャラクターとして認知されるようにがんばろう」

という気持ちだけははっきりと透けて見えるのですが、

どうにもまだ、空回りしていることが多いように

見受けられます。

スポンサードリンク


顔でかい疑惑&枕・加湿器にこだわりあり

しかしその空回りにも理由があるようで、

母の高畑淳子さん含め、

二人とも彼の芸能のお仕事が確立するように、

必死になっているのです。

現在、二人揃って出演する番組では

仲の良い親子の姿を見せていますが、

息子・裕太さんの反抗期

母・淳子さんの更年期が重なり、

その当時は、家庭内は、

凄惨なありさまだったようです。

(また裕太さんは、今テレビで見る姿とは違って、実際は気弱なため、

学校ではいじめを受けていたこともあるそうです。)

そんな時期を乗り越え、徐々に距離を縮めた二人なのですが、

母は、

「やりたい仕事がない」

という裕太さんに役者の仕事を勧め、

母として、そして芸能界の先輩として、

一緒に芸能界で生きていくことを決めたようです。

そんな裕太さんの

弱点は、

すぐに共演の女性を好きになってしまうこと。

(これは事務所からも再三注意されているということ。)

そして、

自分でも言っているように”顔が大きいこと”だそうで。

(本人談:「うちは顔でかい家系」とのこと。)

…う〜ん、なにやら、

コンプレックスと戦いながら、

不器用に四苦八苦している姿が、見て取れますね。

母の高畑淳子さんも

息子の共演者、志尊淳さんなどに、

「(そのイケメン成分を)

うちの息子にも分けてあげなさいよ!」

と冗談で言っているように、

”イケメンではないところでの、

タレントとしての売り”

を模索しているようです。

美容を意識し、

現在プッシュしている

枕や加湿器にこだわっているというキャラクター

とういうのも、

その戦略の一端のようです。

(ちなみに彼イチオシの枕は、

ブルーブラッド

ミロクリーンポット

とうブランドのようで。)

今は、芸能界における認知度アップに躍起になっていますが、

本当にやりたい仕事は、

舞台でのお芝居であるとのこと。

二世タレントは、

覚えられやすいという、いい部分もある一方、

色眼鏡で見られてしまうという、よくない部分もあります、

ルックスにおいては、際立った武器を持たない

高畑裕太さんですが、

彼と母高畑淳子さんの願いは叶い、

芸能界でポジションを見つけれることができるのか?

あたたかく見守りましょう。

【関連記事】

 

やらない善よりやる偽善の意味。24時間テレビって偽善?

古賀稔彦の2人のイケメン息子とスキャンダルの真相

人間の「本性」が出る時。「人間性」が変わる時。

上重聡の異動は実質左遷?不祥事とキス騒動で自業自得か

Pocket

あわせて読みたい



Sponsored Link



ABOUTこのブログをかいている人

大学卒業後、演劇と文筆活動をしながら、営業、販売、飲食、画家の助手、占い師の助手など、多様な職を経験。あらゆる業界に潜り込み、あらゆる人間関係に触れ、独自に人間心理の勉強をする。ひょんなことからある著名人のゴーストライターをやることになると、その後はフリーのもの書きに。このブログでは「人生のやっかいごと」をなるべくシンプルに解決できる実践方法や考え方を中心に、個人的に興味のある事柄を取り上げています。ふらっと立ち寄って何となく楽しんでもらえるような、そんな「お酒に合うブログ」を目指して。