【特許出願日誌❷】携帯ゲームTAN-TANにおける重要なコンセプトとは?
Pocket

まくしーです。

では、前回に続いて、携帯ゲーム『TAN-TAN』に関するお話をしたいと思います。

前回、お話ししたのは、

 


・TAN-TANのアイデアは20年前に思いついた

・10年前に特許申請へ乗り出したが、試作品が作れず、頓挫

・今年、仕事発注サイトでようやくアイデアが具現化

 

という内容でした。


内容的に、スマホアプリにしやすいゲームなので、

たまたま知り合ったスマホアプリ開発会社の社長に、

製作を持ちかけたものの、急に高い金額を言ってこられたので、

仕事発注サイト「ランサーズ」で、

“実物”として、作ってもらったのでした。

 

今回は、試作品製作にまつわる話と絡めて、

携帯ゲーム『TAN-TAN』のコンセプトに関するお話をしたいと思います。

Sponsored Link

TAN-TANの面白さのポイント、およびコンセプト

今回もまず、プレイ動画を貼らせてもらいますね。

試作品なので大きいですが、TAN-TANとはこんなゲームです。



このゲームのポイントは、

前の数字が残った状態で、次の指示が出るということです。

 

このため、プレイヤーは毎回、何もない状態から数字を作るのではなく、

「今の状態から何を引き、何を足せばよいか」

といった状況判断をします。

 

指示をクリアしない限りは、次の指示が出ないので、

マイペースで楽しめるのも、このゲームの良さです。

(テトリスのように焦らされることもありません。)

 

また、勝ち負けもなければ、

ゲームオーバーもありませんので、やめ時も自分で決めます。

 

強いて言えば、プレイ時間を区切って、

「今日は1分間で何回クリアできるかな?」

といった“自分との闘い”であれば、可能です。


私自身、このゲームは「人生を投影している」

と考えています。

 

人生は予期しない、いろんなことが起きます。

 

たとえ、

「こういうことは起きないで。

ああいうことがたくさん起きますように……」

と願っても、

自分の目の前に起きた事象は、受け入れるより他ありません。


受け入れた上で、

それを乗り切るには、

「今の自分に何があって、何が足りないか?」

を考えなくてはなりません。

 
・競わない
・争わない
・比べない
・目の前の事象をしのごの言わずに、“感謝”とともに受け入れる
 

これが、携帯ゲーム『TAN-TAN』のコンセプトです。

毎回、ゼロから作るわけではない

試作品を作ってもらうにあたり、メーカーの方に、

このゲームのルールを説明しましたら、

一度、勘違いをされてしまい、初めに送られてきた試作品は、

毎回、数字がリセットされる作りになっていました。


金額も抑えて作ってもらったので、

細かい指摘をするつもりは全くなかったのですが、

この部分だけはどうしても譲ることができず、修正を求めました。

 

毎回、ゼロから数字を作り上げるゲームにしても、

そこそこ楽しめるとは思うのですが、

「何を生かし、何が足りないか」の状況判断の要素が入らないと、

TAN-TANではないのです。

 

こうした“哲学”は、それくらいこのゲームにおいて、重要な要素です。

Sponsored Link



不運も受け入れる……

前回の記事で、

10年前に、(一般社団法人)「発明学会」で、特許の相談をした際、

 
「試作品がなければ、どうすることもできない」
 

と言われたため、また10年間、アイデアを眠らせることになった、

というお話をしましたが、

 

実は、試作品が完成するちょっと前、

10年振りに、私は発明学会を訪れました。

 

発明学会には、今も、現在進行形でお世話になっており、

非常に感謝しているのですが、

その時、聞かされた事実は、とてもショックを受けるものでした。

 

何と、

 
「特許を申請するのに、試作品は必ずしも必要ではない」
 

と聞かされるんですね……。

(あの時と全く違うことを言われるんです。)

 

「じゃあ、この10年間は何だったんだ……」

当然私は、そう思います。

 

その日は家に帰った後、しばらく呆然としていました……。

(久しぶりに親に電話したりしました。)


もちろん、試作品があったほうが、有利な面はたくさんあります。

 

結果的に、プロジェクトが10年頓挫しましたが、

その間にも、日々やることはたくさんあって、忙しくしていました。

「あの時には、“風”が吹いていなかったんだ……」

そう思うしかありません。

 

実際、試作品完成後は、それを手にして、

着々と特許出願作業が進めることができました。

むしろ、この流れのほうがよかったのでしょう。

全ては、運命ですね。

 

そう思えることができたのも、TAN-TANのコンセプトである、

 
・目の前の事象をしのごの言わずに、“感謝”とともに受け入れる
 

この考えがあってこそ、です。

Sponsored Link



自分の人生は、自分で作っていない

自分の人生は、自分が作っているように見えて、

ぜんぶ、人の手によって作られています。

 

決断し、行動するのは、自分ですが、

どこまでいっても、

自然の中、または、人が作り上げた社会システムの中……。

 

生き方を選ぶことはできますが、

何でも思い通りにすることはできません。

 

私はこの携帯ゲーム『TAN-TAN』を、

単なる暇つぶしのためのゲームではなく、

ふとした空き時間に「生き方を見直せる遊び」

として提案したいと思っています。


……というわけで、第2回はこんな内容でした。

 

・TAN-TANの面白さのポイントは「今の状態から何を引き、何を足せばよいか」であり、それはそのまま、このゲームのコンセプトでもある

・そのコンセプトを、実際、すぐに身を以って思い知ることになった

・何事も受け入れる、そのメッセージをTAN-TANに託したい

 

次回は、特許出願書類制作のこぼれ話をお届けします。

Pocket

こちらの記事もおすすめ