こんなに簡単!失敗しない盆栽の植え替え手順

Sponsored Link



Pocket

どうも、まくしーです。

8年くらい前から私の趣味の1つとなっている盆栽ですが、

今回から少しずつ、この盆栽についても書いていきます。

 

盆栽の基本は、

植え替えです。

あえて、水やりとは言いません。

盆栽や苗木を買ってきて、

そのままの鉢から、手持ちの鉢に植え替えた時に初めて、

それが”自分の盆栽”になるからです。

 

ごくシンプルな作業なのですが、

やったことのない方にとっては未知の作業ですので、

今日は、私の

盆栽の植え替え手順

写真でお見せします。

 

※はじめに言っておきますと、

私は自称「中途半端道(ちゅうとはんぱどう)家元」ですので、

メチャクチャ盆栽マニアなわけではありません。

ただ、生活の中に自然に盆栽が溶け込んでいる、通りすがりの植物好きです。

 

では、スタート!

Sponsored Link

植え替えの手順

 


↑当たり前ですが、まずは盆栽を用意します。

それと、

そして植え替える、ですね。

それから、鉢底ネットです。

(鉢底ネットは、元の鉢に使われているやつを新しい鉢で使ってもOK)

 

下に発泡スチロールが敷いてありますが、これは、

私がベランダで盆栽をやっているので、土が散らばらないように敷いたものですね。

 

この真ん中の、石みたいな鉢は、

軽石鉢(かるいしばち)です。

鹿児島県の桜島で採れる軽石に穴を開けて、鉢にしたものです。

 

鉢に植わっている植物は、

サツキの仲間で「星の輝き」という品種。

紫がかった蛍光色のようなきれいな花が

毎年、6月くらいに咲きます。

(ちなみにこれは、今年5月に大宮の盆栽祭りで購入したものです。)


↑さて、

植え替えをするには、

まずは、木を鉢から外さなくてはなりません。

 

この鉢を裏返すと、

針金が通っていました。

こんな通し方は初めて見ましたが、

切らずには取れなそうです。

プチッと切ってやりました。

Sponsored Link



↑外したら、こんな感じ。

中は鹿沼土(かぬまつち)がほとんどだったようです。

私、今回、こうした小粒の鹿沼土は用意してないのですけど、

まぁいいでしょう。


↑根から古い土を剥がしたいのですが、

こうして水で流してやると、根を傷めません。


↑古い土を流した後、根っこを少しカットしてやり、

植え込みしやすくします。


↑別に決まった形はないのですけど、

私のやり方はこうです。

右の人差し指のところに見えるように、

一本の針金をTの字のように曲げます。

Tの真ん中の一本線の部分は、鉢の高さよりちょっと長いくらいでしょうか。


↑鉢の内側から見るとこうです。

水抜け穴がきれいに隠れるくらいにカットした鉢底ネットに、

Tの字の真ん中の一本線の部分(2本ある)を

突き抜けさせて、

それを上からグッと押し、横に広げるとともに軽く固定します。

(針金が足だとしたら、股割きをするような感じ。)

Sponsored Link



↑そこに少しだけ、土を盛ります。

今回は小粒の赤玉土。

硬く焼いてあって崩れにくく、ミニ盆栽に適したやつです。



↑そこに木を置き、

根っこを軽く縫うように、針金を通しつつ、

土がなくても、木が倒れないくらいに固定します。

(軽くでいいです。)


↑そこに土をかぶせ、何なら、軽く押します。

(盆栽の手引書などには、ここで竹串を使うようになっていますが、手で軽く押すだけで十分かと思います。)


↑土がこぼれないように、やさしく、たっぷりと水をかけてやります。

土の表面についていた細かいカスなどが流れ、

水抜け穴からは、しばらくは泥水が流れます。

これと同時に、土と根っこの隙間も埋まっていきます。

(心配なら、ここでまた土をギュッギュッと押してください。)


↑これで完成です!

Sponsored Link



大丈夫!軽い気持ちで始めよう!

初心者の方にちょっとだけ

私流のアドバイスをするならば、

針金を曲げる際に、

「決まった形はありません」

と書いたように、

”こうでなければならない”といった決まりはありません。

 

針金の曲げ方なんて、

とりあえず、鉢底ネットが土を盛った時にズレない程度に固定されていれば、

どう曲げたってOKです。

 

要は、

水をやっても、ちょっとの衝撃でも、木が倒れなくて、

水をやった時には、

下の穴から水が抜ければ、それでいいのです。

(水が抜けなければ、水がたまって根腐れを起こしてしまいます。)

 

ですから、

盆栽を始めようと思っている方、

ぜひ気軽にやってみてください。

本屋で売っている本なんて買うと、

「うわぁ〜、世話が大変そう!」と面倒にしか感じないと思いますが、

盆栽の世話は、ハッキリ言って、超ラクチンです。

できれば毎日水やりが必要ですが、

成長具合や様子が気になって、

水やりはわりと楽しいものだと思います。

それほど負担は感じません。

 

旅行だって、1週間くらいまでなら余裕で行けます。

”腰水(こしみず)”といって、

鉢を丸ごと水につけておいて、土が乾かないようにすればOKです。

(ずっとその状態だと根腐れを起こしちゃいますが。)

 

ちなみに、

上で紹介したやり方の最初に、発泡スチロールが出てきますが、

アレは私が長く家を空ける時、

盆栽を腰水状態にするために使うやつです。

 

というわけで、今回はここまで。

では、また。

【盆栽の始め方①】盆栽ってどこで手に入れればいいの?

2017.10.03

【盆栽の始め方②】最初は「もみじ」をオススメする理由

2017.10.03

米ぬか肥料の使い方と、その効果の仕組みを大検証

2017.09.24
Pocket

あわせて読みたい



Sponsored Link



ABOUTこのブログをかいている人

大学卒業後、演劇と文筆活動をしながら、営業、販売、飲食、画家の助手、占い師の助手など、多様な職を経験。あらゆる業界に潜り込み、あらゆる人間関係に触れ、独自に人間心理の勉強をする。ひょんなことからある著名人のゴーストライターをやることになると、その後はフリーのもの書きに。このブログでは「人生のやっかいごと」をなるべくシンプルに解決できる実践方法や考え方を中心に、個人的に興味のある事柄を取り上げています。ふらっと立ち寄って何となく楽しんでもらえるような、そんな「お酒に合うブログ」を目指して。