植草歩、メイクできゃりー化したポスター。植草克秀は父?

Pocket

女の人は、

”メイクの力”を信じてますよね?

でも、案外、男って、

すっぴんの顔のほうが好きだったりします。

今回は、

メイクの力を検証しながら、

”空手界のきゃりーぱみゅぱみゅ”

と呼ばれる

植草歩(うえくさ・あゆみ)さんと

「女の人のメイク」について、

ちょっと語ります。

Sponsored Link

顔だけじゃない?実力も折り紙つきの植草歩

では、まず、植草歩さんの紹介から。

植草歩さんは

1992年生まれ、千葉県出身、現在23歳の女性空手家です。

小学校3年生の時に幼馴染に誘われて、

剛柔流の国際勝正館八街道場で空手を始め、

わずか2年で全日本少年少女大会3位に。

高校で3年の時に国体で優勝し、

徐々に存在感を強めていきます。

帝京大へ進み、大学1年生の時から日本代表に選ばれると、

2012年東アジア選手権で優勝するなど、

数々の実績を残しています。

大学を卒業した現在は

高栄警備保障に就職し、社長秘書をしているのだとか。

強くて美しい、秘書…ぴったりですね。

植草という珍しい苗字と、

有名人の二世が活躍する昨今、

少年隊の植草克秀さんとの関係が連想されるところですが、

同じ千葉県出身というだけで、

特に関係はないようです。

本人もきゃりーぱみゅぱみゅを意識?

ではまず、

きゃりぱみゅさんと、植草さんのすっぴん対決を。

植草すっぴんきゃりーすっぴん
…うん?

ほぼ同じではないですか。

しかし、きゃりぱみゅさんはここで突き放しにかかります。

きゃりぱみゅメイク後
ほらこの通り。

負けじと植草さんも”メイクの力”を借りて、きゃりぱみゅ化すると…

植草きゃりぱみゅ化
…ちょっと差がついちゃいましたね。

少しばかり、目のメイクに遠慮が見られるといったとことでしょうか?
(うまくやればもっと寄せられるかも知れません。)

ただ、どうでしょうねぇ、

きゃりぱみゅさんは、わりかし

すっぴんの顔をネットで多く公開していますが、

きゃりぱみゅすっぴん2
これなんか、すごくわたしのタイプですけどね。

スポンサードリンク


男は意外とメイクに騙されない?

よく聞く話でもありますが、

男はすっぴんが意外と好きなんです。

この理由は、

相手の女性を自分と子を成すパートナー

として見ているからです。

結婚し、子を設けた場合

遺伝に現れるのはメイクした顔ではありませんしね。

ですから、

彼氏に「すっぴんが見たい」と言われた時、

女性は無下にしないでください。

それは

あなたとの関係を深く考えている証拠とも言えます、ある意味。

…ある意味、ですよ?

最近では、ナチュラル眉毛が流行っていますが、

あれは、いい傾向ですね。

わたし個人に関していえば、

特に眉毛なんて、

本来必ず目のくぼみに沿って生えているわけですから、

そこからズレて強引に描かれている眉毛を見ると、

人の世の無常を感じて、切なくなります。

(受け入れるしかないのに…と。)

つけまつげも似合っていれば、嫌いとは言いませんが、

それを見ながら、ずっと

元の顔(目)想像しているのが、

”男”ってもんです。

本来の美しさに自信もあり?

「植草さんがきゃりーぱみゅぱみゅに似ている」

ということをウリにしているのは、

本人よりもむしろ、周りの人間でしょうね。

2020年東京オリンピックに出場したら、

盛り上げること間違いなしの逸材ですから。

植草歩ポスター
その点から言って、

このポスターって絶妙です。

髪型はかなり「きゃりぱみゅ」ですけど、

メイクは控えめにして、その格闘家らしい顔つきから、

オリンピックに懸ける「強い意志」を感じますね。

…ここで結論。

女性は、

メイクをしている感じも、

すっぴんも、

どっちもよし。

「おしゃれな服を着ている姿」も、

「ラフな部屋着姿」も、

どっちも愛したいと思っているのですよ、

男って。

きゃりーぱみゅぱみゅさんの世界観を作っているこの人。そのルーツは意外なところに?
>>増田セバスチャンの妹そして年齢。アイフォンケースも好調

ありきたりな言葉ですが、やっぱり人は”自然体”が好きなんです。美人だって、苦労します
>>知花くららの性格とカネカCM、ユニクロワンピースの評判

Pocket



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこのブログをかいている人

大学卒業後、演劇と文筆活動をしながら、営業、販売、飲食、画家の助手、占い師の助手など、多様な職を経験。あらゆる業界に潜り込み、あらゆる人間関係に触れ、独自に人間心理の勉強をする。ひょんなことからある著名人のゴーストライターをやることになると、その後はフリーのもの書きに。このブログでは「人生のやっかいごと」をなるべくシンプルに解決できる実践方法や考え方を中心に、個人的に興味のある事柄を取り上げています。ふらっと立ち寄って何となく楽しんでもらえるような、そんな「お酒に合うブログ」を目指して。