ビタミンCは、いわば最も安全な「食品添加物」?
ElasticComputeFarm / Pixabay
Pocket

ビタミンCって、よく清涼飲料水に入っています。

なぜだか、お茶にも入ってますよね?

さて、今回はなぜビタミンCがいろんな食品に

”ちょっとだけ”

入っているのか?

その辺りをご紹介します。

Sponsored Link

酸化防止剤としての役割

食品の多くは、空気中の酸素に触れることで

「酸化」が起こります。

この酸化によって、品質が落ちたり、有毒成分を発生することがあるので、

この「酸化」を防ぐために、

多くの商品には酸化防止剤が添加物として使用されています。

 

ビタミンCがフレッシュさを保ついい例としては、

りんごがあると思います。

皮をむいたりんごは、ビタミンCを溶かした液体に漬けると、

時間が経っても変色しません。

 

最近、カットりんごの自動販売機が駅などに置かれているのを見ますが、

あれは全てビタミンC溶液に一度漬けてあるのです。

 

ではなぜ、「酸化防止剤」と表記しないのか?

これは何となく分かりますよね?

イメージの問題です。

 

「酸化防止剤」と表記するよりも、

「ビタミンC」と表記されてあったほうが

消費者にとっては手に取りやすいです。

「酸化防止剤」では、いかにも「食品添加物」って感じがしますからね。

合成ビタミンCは体によくないの?

さて、ビタミンCには、

「天然ビタミンC」と「合成ビタミンC」があります。

 

どちらが体に良くて、どちらが体によくないかというと、

いかにも、合成のほうは体によくない感じがします…。


しかし、

結論から言って、この2つに全く違いはありません。

 

天然ビタミンCは、

ローズヒップなどのビタミンCが豊富に含まれる植物から成分抽出して精製します。

一方、

合成ビタミンCは、

イモやトウモロコシなどのデンプンを微生物によって反応させて精製しています。

天然ビタミンCよりも低いコストで作ることができるので、

サプリメントや、加工食品などに添加物として使用されるビタミンCは、

ほとんどがこの合成ビタミンCです。

 

ですが、この2つ、

化学構造式も全く同じなんですね。

「この商品に含まれているのは天然のビタミンCですから吸収率が違いますよ」

などと謳って、安価に製造できるビタミンCを高く売りつける業者などには、

騙されないようにしましょう。

 

「食品添加物」ではなく「ビタミンC」なら安全と思い、

「合成」よりも、「天然」のほうが上質と思う、

どちらも人の気持ちとして分かりますが、

何のことはない、本質は全く変わらないのです。

Sponsored Link



ビタミンCは最も安全な食品の一つ

ビタミンCは単純な分子構造を持ち、

多くの動物、植物が体内で大量に生産し、蓄積しています。

しかし人間は、進化の過程でそれらの機能をなくしてしまったので、

外から摂取するしかありません。


「でもやっぱり、過剰摂取は危険なんでしょう?」

と考える人はいると思います。

しかし、これも実はさほど心配はいりません。


たとえば、一時期、大量に水を飲む健康法などがもてはやされましたが、

あれのほうがよっぽど危険です。

大量の水を摂取すると、血中のナトリウム濃度が低下して、

血液より脳内の浸透圧が高くなり、

その差を解消するために水が血液中から脳内に移動し、

脳が膨張してしまうことがあります。

これは、場合によっては、死を招きます。

 

しかし、

ビタミンCの摂取によって起こったと認められる死亡事例は、

医学界では一例も報告されていません。

 

ビタミンCは過剰摂取よりも、慢性の不足を心配される状況にあるといえます。

イメージだけでなく、本当に体によくって、

体が必要とするもの、それがビタミンCなんですね。


 

ビタミンCについてもうちょっと知りたいという方、こちらもどうぞ↓こういうのもどうぞ↓
Pocket

こちらの記事もおすすめ