おかえり、ヤキソバン!そのストーリーと必殺技をおさらい

Sponsored Link



Pocket

エンターテイメントの世界って、

1980年代に完成し、

1990年代に成熟し、

それ以降は

焼き直しの歴史をたどっているような気がします。

(もちろん異論はあると思いますが。)

「ベタ」という言葉があるのも、

多くの人の中にそういう共通認識があるからですよね。

やっぱり1980年頃の”あの感じ”が基本としてあるのです。

私自身、1970年代後半の生まれですが、

やっぱり1980年代、1990年代のエンターテイメントが、今でも大好きですね。

そんな中でも今日紹介するのは、

1993年から1995年にかけて放送されていた
日清焼そば「U.F.O.」のテレビコマーシャルのキャラクター

「ヤキソバン」についてです。

Sponsored Link

ヤキソバンとは?

このCMは1993年から1995年にかけて、シリーズ化され、何パターンも放映されていました。

内容としては、マイケル富岡扮するヤキソバンと、デーブ・スペクター扮するケトラーが毎回登場し、

仮面ライダーやスーパー戦隊モノ的な雰囲気を漂わせながら、ゆるーい戦いを繰り広げるといったものですね。

Unknown
このちょっと前に、

1988年から1990年にかけて、

同じくヒーローモノのパロディとして大ヒットした、

「とんねるずのみなさんのおかげです」の1コーナー

『仮面ノリダー」がありますが、

あのコーナーが終わっても、まだ時代がヒーローモノのパロディを求めていたんでしょうか?

ヤキソバンのCMは当時、話題性も抜群でしたね。

Unknown-1
↑こちらは仮面ノリダー

ちなみに、

本家『仮面ライダー』のほうは、

1971年から1973年に放送されていますので、

とんねるずの2人が10才前後の頃。

こうしたヒーローモノの「王道」は形を次々に変えて、

代々受け継がれていくモノなんですね。

ヤキソバンの必殺技

ヤキソバンには必殺技があり、それもCM内で何度も披露されました。

その名も

「メンアタック」
「揚げ玉ボンバー」
「ソースビーム」
「青のりフラッシュ」
「青のりタイフーン」
「ソースバズーカ」


いとこのヤキソバニーの必殺技は

「ミラクルソース」
「キャベツハリケーン」

images ↑松雪泰子さん扮するヤキソバニー。

この「ヤキソバン」の意外なヒットを受けて、フィギュアやゲームソフトまで制作されました。

wara2801
wara2814
↑懐かしのスーパーファミコン。いい時代ですねぇ。この頃はこんな単純なゲームがすごく面白かった。

当時、相当ゲーム好きだった私がプレイしたことのないこのゲームは、

「UFO仮面ヤキソバン ケトラーの黒い陰謀」というタイトルで、懸賞用の非売品ゲームソフトとして製作されたものだそう。

どうりで。

一般発売されていたら、絶対買う系のゲームです、これ。

私、横スクロールアクションは大好物でしたから。

ヤキソバンのストーリーは?

漫画や映画、ドラマとして作り込まずに、ゲームにするってのが、いいですよね。

当時の少年たちをダイレクトに狙った感じと、ストーリー作成の手間を省いて、ある意味、お手軽な感じが。

とはいえ、ゲームにもベースになるちょっとしたストーリーがありました。

ヤキソバンのフィアンセがケトラーにさらわれてしまう、というストーリーが。

(これもどこか見たようなストーリーですか。あえて言うならスーパーマリオ?)

で、ヤキソバンのTVCMのストーリーはこう。

ヤキソバンは、地球から100億km離れた「麺惑星ヤキソバーン」の王子で、弱点は水。

しかし、お湯をかけるとパワーアップし、大盛り仮面ヤキソバングレートになる。

普段はスポーツ新聞社の社員食堂の調理助手として活動している。

…ストーリーというか、設定ですね。

仕上がりとしては、スーパーマンとアンパンマンの混合のような感じです。

スポンサードリンク

 

おかえり!ヤキソバン!

そして今年2016年、ヤキソバンは見事復活!

そのストーリーはこうです。↓

 

人々に忘れ去られたヤキソバンは、人々から“変な衣装を着た不審者”扱いしかしてもらえません。親子とすれ違えば「見ちゃいけません!」と子どもの目を隠され、学生からは笑いものにされ、胸の「U.F.O」の文字を見て「ウフォだってよ! ウフォウフォ!!」とゴリラのまねでからかわれる始末。

さらに、ヤキソバングッズ(当時は本当に販売されていました)は200円で売れ残り、警察には見つかった瞬間署まで同行を求められるヤキソバン。日清のオフィスビルに出向いて仕事をもらおうとするも、全員からスルーされます。とうとう、自分のグッズの寝袋で野宿生活を始めてしまいました。野宿の間、頭のなかを駆け巡るのは、息子「ソース」との思い出。つらい。

とうとう、安い居酒屋で酒に逃げ出したヤキソバン。しかし、そこで別の客たちからは、「ヤキソバマン」と間違った名前で呼ばれ続けます。我慢の限界に達したヤキソバンは、とうとうブチ切れ! トレードマークでもある頭の「U.F.O」を「焼きそばなんてこりごりなんだよぉ!」と地面にたたき付けてしまいます。

「焼きそばなんて滅びてしまえばいいんだ……地球ごと滅びてしまえばいいんだぁ!」と叫び店の外に走りだしたヤキソバンは、そのまま闇に消えてしまいます。それから数10年後……なんかよく分からない悪の組織っぽい宇宙船に乗ったヤキソバンは、なんか凄そうな仮面をかぶって魔王となる。

…はい、ちょっと長いですけど、そのぶんよくできていますね。

早い話が、かつてのヒーローが落ちぶれ、ダークサイドに落ちてしまう、という話ですね。

(おそらく、また何かのきっかけで正義の道に戻るのでしょう。)

これもある種、ベタと言いますか、エンターテイメントの基本(王道)を抑えた分かりやすいストーリーだと思います。

しかし、今回復活したこのシリーズ、

以前のものと違って、だいぶ練りこまれている感じがします。

大人は懐かしく、子供は新鮮な感覚で見ることができ、あらゆる世代から支持を集めそうなCMですね。

おまけ

個人的にはインスタントのカップ焼きそばの中で
U.F.O.が一番好きなこともありますし、たまにはこうして盛り上がりながら、とにかくずーっと販売し続けてもらえたら嬉しいと思ってます。

たまにすっごく食べたくなって、コンビニで大盛りを買うんです。

私流の食べ方としては、

小皿に落とした卵を40秒間電子レンジ(500w)で温め、完成したU.F.O.に載っけて食べるんです。要するに、半熟卵を載せるということですけど。

ソースは少し残すくらいのほうが濃さ的にちょうどいいです。

ご飯のおかずとしても十分イケますよね。

で、おいしんですけどこのU.F.O.の難点って、

一度食べると、ソースの匂いが半日くらいは体内から香ってくる

ということです。

もちろん嫌いな悪い匂いじゃありませんが、結構強烈な香りのソースですよね。U.F.O.のソースって。

てなわけで、

今回はここまで。

なせだか不仲説の消えない二人。
>>上戸彩とHIRO間に不仲説。別居寸前との噂は本当?

蛭子さんとイメージが近い、コメンテーターのあの人。
>>森永卓郎が嫌いな人多し。顔色悪いバカ?結婚はしてるの?

オリンピックが近づいてきました。
>>猫ひろしはなぜカンボジア国籍を取ったのか?その深い理由

Pocket

あわせて読みたい



Sponsored Link



ABOUTこのブログをかいている人

演劇と文筆活動をしながら、画家の助手、占い師の助手、著名人のゴーストライターなど、数々の”珍職”を経験。現在は、童話作家、フリーライターの顔を持ちながら「ストーリーカウンセラー」としても活動中。こちらのブログでは「人生のやっかいごと」をなるべくシンプルに解決する方法・考え方を中心に、個人的に興味のあることを”総合的に”紹介しています。