やらない善よりやる偽善の意味。24時間テレビって偽善?

Sponsored Link



Pocket

ここ数年よく聞くようになった、

「やらない善よりやる偽善」

という言葉。

 

私はこの言葉、すごく好きです。

最近生まれた言葉ですが、これは今後もずっと日本で使われていく言葉でしょう。

少し言葉に矛盾をはらんでいるところも、また魅力です。

やってないんだから「善」も何もないでしょ、と。

でも一方は、

「偽善」だろうが、いい人ぶってるだけだろうが、

やっているんです。

日本人、特に昨今のネット社会では、

出る杭は打たれるというか、

「行動力のある者が揶揄されるシーン」ってすごく多いと思うんです。

 

今回はこの

「やらない善よりやる偽善」

という言葉の意味を深く考えながら、

チャリティーやボランティアなどについても考えを深めていきたいと思います。

Sponsored Link

「やらない善よりやる偽善」…この言葉の出どころは?

この言葉に表れる思想がメディアに出たのは、

1992年のフジテレビのドラマ『愛という名のもとに 』で、

ある登場人物が

「何もしないくらいなら、何かをして偽善者と言われた方がマシだ!」

と言ったのが最初と言われています。

 

でもこれは、今から25年近く前の話。

私もすでに生まれていましたが、

このドラマのこのセリフ、その時そんなに世間で話題になっていなかったと思います。(確かにドラマはヒットしましたが。)

 

その後、だいぶ飛んで

2006年に発売された

漫画『鋼の錬金術師 第15巻 』で、

「偽善で結構! やらない善よりやる偽善だ!」

というセリフが出てくるそう。

 

…ほとんど今の形に近くなっていますが、

どうやらこれよりちょっと前、

2002年

インターネット掲示板への書き込みで、このような言葉が出てきているようです。

タイミング的には他にも複数の説があるようですが、

いくつもの説が出てくること自体、これは、

日本全体で同時多発的に起こってきた言葉

なのだと思います。

まさに「やらない善よりやる偽善」の言葉は、

今の時代を映している言葉なのです。

↑愛称「ハガレン」。山田涼介さん主演で映画化も決まっています。

スポンサードリンク


この言葉の真の意味

どうやら2010年前後からはっきりとした形になって、

日本のメディア等に登場するようになった、この

「やらない善よりやる偽善」ですが、

この言葉が生まれてくる前から、

実は、日本にはこれに近い概念がありました。

 

「全ての善行は結局は自らの心の満足を満たすための行為である」

 

といった言葉がそれに当たりますね。

 

たとえば、

仏教では「心の清らかな状態で行う行為」を

全て善行為と言います。

 

じゃあ

「下心を持って行う行為」はその反対の偽善行為なのか?

…実は仏教ではここには触れていません。

まずは”心を清らかにすること”が先決ですから。

 

ですが、こんなこともあって、

ずっと日本人の中には引っかかりがあったのですね。

何せ、

あまりにも周りの目を気にする国民性ですから、

いいこと(善行為)をするのも恥ずかしいのです。

 

ここまでのことを踏まえ、改めて、

「やらない善よりやる偽善」

の意味を解説してみます。

この言葉の意味は、

 

たとえ「人からよく思われたい」「自己満足をしたい」という下心があって、”表面的な善行為”(偽善)を行うのであっても、

その行為で実際に助かる人、感謝してくれる人がいるのなら、

じっとしているよりも、行動を起こすことのほうに価値がある。

 

…ということだと思います。

いいですよね、この言葉。

やらないんだから善もクソもないところを、

「やらない善」と言っているおかげで

言葉のリズムも整いますし、何だか思い切りの良さも出て、

カッコイイ言葉になってます。

↑漫画「ワンピース」も結局は「正義のあり方」を語っていますよね。正義なんて、どの方向から見るかによって違うものです。

スポンサードリンク


24時間テレビのチャリティーは善か偽善か?

ではもう一つの話題に触れていきますが、

最近では日本テレビの24時間テレビのチャリティーの精神を

「偽善だ」

とわめき立てる人が、少なからずいるようです。

また

「障害者を感動を呼ぶ道具に使うのは間違っている」

という論調もあるようですね。

ちなみに、

チャリティーとは社会的な救済活動のこと。

 

実際問題、障害者に対するサポートというのは、世界中で議題になっているものの、

サポートするどころか、人の目の届かないところへ隔離してしまっていることが非常に多いです。

東南アジアのある国では、障害を持った人たちを「悪霊が憑いている」という理由で1つの村に閉じ込め、隔離しているところもあるくらいです。

差別とは、いけないもの。

でも、人の差異があるのは仕方ないのです。

 

私たちは

障害者が社会にスムーズに溶け込むための施策を

積極的に行う「べき」じゃなくて、

少なくとも、忘れてはいけないのです。

 

ここで「べき」とは言いたくありません。

やるべきか、やらないべきかではなくて、もっと自然に共存しなくてはいけないのです。

 

しかしこれは、世界にとって永遠の課題であるように、

はっきりとした解決策は分かりません。

でも、

ただ無力を嘆くのではなく、

勇気を持って、年に一度は必ず

障害を持った人たちのことをきちんと取り上げ、

その存在をちゃんと国民に知らせている24時間テレビは

私は素晴らしい番組だと思います。

 

確かにTVショーである以上、エンターテイメントの要素も取り入れ、見やすく演出はされていますが、

そういった表面でなく、根本にある精神に目を向ければ、間違いなく評価されるべき番組です。

 

この取り組みは、

障害者だけでなく番組視聴者をも、

何らかの形で救済しているように思います。

 

「やらない善より、やる偽善」。

 

たとえそれが世界の永遠の課題にとって直接的な解決策にならならくても、

たとえ出演者にギャラが出ていて、実質的なボランティアでなくても、

たとえどんな「下心」があっても、

じっとしているよりも、行動を起こすほうに価値がある…。

こうした番組がある種エンターテイメントに昇華されつつも、

この日本という国で、これだけ長く続いていることは、

それだけで価値があることだと思います。

(※こんないい人ぶった結論も、偽善で結構です…。)

↑日本テレビの強さの秘密がここに。

 

【関連記事】

「きれいに使って頂きありがとうございます」の恐るべき効果

 

人間の「本性」が出る時。「人間性」が変わる時。

 

「ありがとう」と「有難う」なぜ2つある?その意味と語源

Pocket

あわせて読みたい



Sponsored Link



ABOUTこのブログをかいている人

演劇と文筆活動をしながら、画家の助手、占い師の助手、著名人のゴーストライターなど、数々の”珍職”を経験。現在は、童話作家、フリーライターの顔を持ちながら「ストーリーカウンセラー」としても活動中。こちらのブログでは「人生のやっかいごと」をなるべくシンプルに解決する方法・考え方を中心に、個人的に興味のあることを”総合的に”紹介しています。