• 人生を賢く生きる考え方
    人間が成長するには「孤独」が必要不可欠な理由。
  • 占いを疑ってみよう
    血液型占いが嫌いな人・苦手な人が身につけておきたい知識
  • 物語について
    物語や小説はなぜ面白いのか?その構造とは?
  • 占いを疑ってみよう
    絶対にハマってはいけない占い師の「手口」と「テクニック」
  • 人生を賢く生きる考え方
    「人生は最初から決まっている」という考え方はアリ?ナシ?
  • 男と女
    なぜ失恋は時間が解決するのか?「第三者視点」の重要性
  • 占いを疑ってみよう
    宗教の勧誘はなぜしつこく、なぜうざいのか?その理由をズバリ!
  • 考え方を変えてみよう
    頼まれごとはストレス?頼まれたらどんな返事をすべきか?
  • 人生を賢く生きる考え方
    直感はなぜ当たる確率が高いのか?その意外な理由。
  • 人生を賢く生きる考え方
    真の友達とはどういう友達か?お釈迦様の名言とともに。
  • ストーリーの力
    プラス思考や自己啓発はなぜ気持ち悪いのか?
  • 考え方を変えてみよう
    仕事を辞めたい時の「考え方」。決断は前進である。
  • 占いを疑ってみよう
    占い師や霊能者は単なる嘘つきで詐欺師?本当のところどうなの?
  • 物語について
    人はみな「自分の人生という物語」では主人公
  • 占いを疑ってみよう
    「人気占い師はよく当たる」はウソ?人気占い師と不人気占い師の違い
自分の生きて行く先は、自分の足の下にある。
Pocket

たとえアヒルの歩みでも

それが子犬の知恵にしろ

自分で選ぶ道だから

自分の歩く道だから

自分の足の向くままに

自分が生きて行く先は

自分の足の下にある

たとえアヒルの歩みでも

それが子犬の知恵にしろ

自分の生きて行く先は

自分の足の下にある

童話作家・東 君平(ひがし くんぺい)の詩『青春』より

「本当の自分」なんてものはない!?

毎日を快活に生きるのは、

わりと難しいものです。

 

…だって、

この世の中、何かと、ややこしいじゃないですか。

 

そんなややこしい世の中で、

胸の中にいつも

”モヤモヤ”を抱えている人は、

少なくないのではないでしょうか?

 

このモヤモヤを、むりやり言葉にしてみると、

だったりします。

 

あなたの幻想を、いきなり打ち砕いてしまって

申し訳ないのですが、

残念ながら、

本当の自分なんてものは、

ありません。

 

この世の中にあるのは、ただ、

「事実」

だけです。

 

ここで言う事実とは、

「あなたが過去に何をしてどうなったか?」

というような、

そんな正確な情報のことではありません。

という事実です。

 

人間は「納得」のために生きている

占い師(霊能力者含む)やカウンセラーなどの、いわゆる専門家は、

ヘタに専門家なだけに、

すぐに小難しい言葉を使いたがります。

パラダイムシフトだとか、
エンゲージメントだとか、
アファメーションだとか、
ハイアーセルフだとか、
セルフエフィカシーだとか、
YMCAだとか…。

(最後はちょっと違いましたね。)

そうすると、

いかにも自分が専門家っぽく見えて、

権威が増すと思っているのです。

 

しかし、何のことはありません。

単に自分に酔っているだけとも言えます。

 

本当のやさしさとは、

難しいことを、かんたんな言葉で、分かりやすく伝えること。

 

ですから、

私は難しい言葉は使いたくありません。

 

人間が生きていくのに必要なのは、

「自信」

です。

(自己肯定感とか、自尊感情とか、自己受容だとか、自己効力感とか…、そんな難しい言葉、要らないんです。)

 

では、

この「自信」は、どうやったら手に入るか?

 

一番手軽なのは、

「人から愛されること」です。

 

でも、これが一番難しいかも知れませんね。

何せ、人の気持ちは移ろうものですから。

 

じゃあ、「人から愛されること」はすっ飛ばして、

とりあえず、確かな方法で、

自信を手に入れるには、何が必要か?

 

それは、

「納得」

です。

 

「本当の自分」なんてないけれど、

とにかく、「自信」を手に入れれば、人は生きていける。

 

その「自信」を手に入れるために必要なのが、

「納得」です。

 

よく、心の専門家などが、

「過去を受け入れましょう」

と、言ったりしますね。

 

私は、それは違うと思っています。

それでは辛過ぎるし、ハードルが高過ぎるし、やさしくなさ過ぎる…。

 

言われたほうも、

「あんたに、私の何が分かるんだ」

と思ってしまいます。

 

過去を受け入れることが必要なのではなくて、

ただ「納得」すればいいのです。

 

なぜそうなったのか…

なぜ、そうならざるを得なかったのか…

 

なぜ、あの時自分は、あのような決断をしたのか…

 

どのような背景があったから、ああなったのか…

 

「納得」によって、

人は立ち直り、

生きる力を徐々に取り戻していきます。


では、

「納得」は、どうしたら得られるか?

 

納得は、

「過去に起こった事実」を整理すること、

 

つまり、

自分の人生の”ストーリー”を整理する

ことで得られます。

心の専門家、気持ち悪い…

ところで、カウンセリングって、

どこか気持ちわるさがありませんか?

 

最近では、接客業などでお客さんの要望を丁寧に汲み取ることも、

カウンセリングと言ったりしますが、

ここで言うカウンセリングは、心理カウンセリングのことです。

 

「心」って、みんなが持っています。

カウンセラーとは、言わば、心の専門家です。

心の専門家??

…そんなもの、本当にこの世にいるのでしょうか?

 

一方、占いも、

どこか、気持ち悪くないですか?

 

それっぽい雰囲気の人が出てきて、ナンタラカンタラ言ってくれて、

当たっていたら「すごい!」「おもしろい!」と、感情は揺れ動くけれど、

それで終わり。

 

その時、悩みが解決したと思っても、

またムクムクと悩みは膨らんできて、

つい何度も何度も足を運んでしまう…

 

そのうち、

「自分では何にも決められない人」になってしまう…。

 

…あなたの周りに

思い当たる人、いませんか?

大手S新聞でコラムを書いてきた”童話作家”だからこそできること

私は、

霊能力を持った占い師でもなければ、

大学院で心理学を学んだ博士でもなければ、

インドの山奥で何年も修行した僧侶でもありません。



かつて新聞紙上で企業コラムを書いていた時、

インタビューをさせていただいた企業代表者の方からは、

「自分が今までどんな風に人生を歩んできたかが、よく分かりました」

といった、感謝の言葉をいただいていました。

 

私はいつしか、

このように思うようになりました。

そこで、まずはじめの一歩として、

このようなE-bookを作ってみたのです。

『自分の中の宝物が見つかる!セルフ・ストーリーカウンセリング』

このE-bookを読めば、

…このE-bookには、これらのエッセンスが、

ギュッ!と濃縮され、

全37ページで構成されています。

 

タイトルにもなっている

「自分の中の宝物」

とは、一体何なのか?

 

…こちらのサイトの様々な記事、コンテンツをお楽しみいただく前に、

ぜひ、このE-bookを読んでいただけるとうれしいです。

こちらからどうぞ。↓↓↓

[su_button url="http://mt-hy.com/story-power" style="soft" background="#fa7e63" size="15" center="yes"]▶『自分の頭で考えるための7通の手紙』1通目[/su_button]

私はこれを全ての人に読んで欲しいわけではありません

なお、E-bookは無料で公開させていただいていますが、

私はこれを、

世の中のありとあらゆる人に

読んで欲しいわけではありません。

少しだけ注意事項と言いますか、”条件”があります。

 

それは、

自分自身で立ち上がる「勇気」が、少しでもある人

だけに読んで欲しいのです。

 

というのも、私はこのE-bookの中で、

心理テストや占い(および宗教)を、

徹底的に批判しています。

 

私は、

あくまでもエンターテイメントとしての

心理テストや占いは否定しませんが、

 

それらに傾倒すると

「他人への依存心」しか生まないと考えています。

(人生相談や、心理カウンセリングも同様です。)

 

ですから、

ダウンロードは自由ですが、

 

あくまでも、

自分の心の中を自分自身で見ようとする勇気、強さがある人、

もしくはそれらを欲する人、

に限らせていただきたいのです。

(ちょっと刺激が強過ぎますので。)

 

以上、

ご理解いただけましたら、

ぜひ、ダウンロードしてみてください。

 

このE-bookに

付録として入っている「故事診断チャート」では、

「今のあなたにぴったりハマる、古代中国の思想家は?」

なんてことが判明するのですが、実は、この診断チャートにも、

ある”仕掛け”が隠されています。

…怒らないでくださいね。(笑)


メルマガではありませんので、登録不要ですぐに読めます。
こちらからどうぞ。↓↓↓

[su_button url="http://mt-hy.com/1tuume" style="soft" background="#fa7e63" size="15" center="yes"]▶『自分の頭で考えるための7通の手紙』1通目[/su_button]

これって以前の『セルフ・ストーリーカウンセリング1週間講座』では?

この『自分の頭で考えるための7通の手紙』と題した7つの記事は、

以前、メルマガ読者への登録特典として

プレゼントしていたものです。

 

その際は、

『セルフ・ストーリーカウンセリング1週間講座』

と銘打ったものでした。

 

ですから、構造としては、

この全7通を、通して読むことによって、

 

誰の力も借りずに自分の思考を整理する術、

いわゆる

『セルフ・ストーリーカウンセリング』

が、身につけられるような形となっております。

 

中に載っている、占いビジネスの内部事情を暴いた裏話は、

以前から大変ご好評をいただいているものです。

 

(なぜこのような内容をやるのかも、実は、とても深い意味があるのです…。)

 

E-bookと『自分の頭で考えるための7通の手紙』、

これら2つのコンテンツは、

それぞれ、互いの内容を補完しあう内容となっており、

E-bookは、

『自分の頭で考えるための7通の手紙』の

”1通目”の中からダウンロードできるようになっております

メルマガではありませんので、登録不要ですぐに読めます。
こちらからどうぞ。↓↓↓
[su_button url="http://mt-hy.com/1tuume" style="soft" background="#fa7e63" size="15" center="yes"]▶『自分の頭で考えるための7通の手紙』1通目[/su_button]

いただいた感想を少しご紹介

30代男性Mさん
占いビジネスの中の話は聞いたことがなく、すごく興味深かったです。自分のことを占いで判断したり、人を色眼鏡で見るようになってから人生が腐り始めてました。貴重なお話をありがとうございました!


30代男性Fさん
無料なのにここまで充実した内容になっているのはびっくりです!!!メチャメチャおもしろかったです。


30代女性Yさん
おもしろーーい!!!何これ???占い業界の裏話も面白かったですけどそこから「昔話」の話につながっていくなんて天才的。


20代女性Sさん
たまたまたどり着き、読んでみたんですけどオモシロ。クッソー嘘つき占い師今までのお金返せ!!


30代男性Nさん
辛辣ながら愛のある文章で楽しませてもらいました。今後も活動を応援させていただきます。童話もこれから読んでみようと思います。


20代女性Nさん
私自身はそんなに占いは信じていなかったんですけど、周りの友達がひどくて。。。なんか宗教みたいですよねああいうの。友達にも読んでもらおうと思います。


20代女性Mさん
こんなこと言ってる人に今まで会ったことなかったんで、どうせならもっと早くに知りたかったって感じ。でも知れてよかったー。


40代男性Tさん
どれも普遍性のある話題ばかりだったので、占いだけでなくいろいろと応用できそうな気がしました。昔話の話もなかなか面白かったです。「わらしべ長者」の話のあの解釈は「なるほど…」と思いました。


40代男性Eさん
このメルマガを読んで分かって良かったことは、人生を客観的に俯瞰的に見てみようということです。頭の中のスイッチを押された気分です…。


30代女性Iさん
不安な時は占いに頼るのではなくて、相談できる人や機関を見つければいいと思っていましたが、こんなアプローチは初めて。でも考えてみると確かにそうだ…って感じです。これは絶対広まります!!


メルマガではありませんので、登録不要ですぐに読めます。
こちらからどうぞ。↓↓↓
[su_button url="http://mt-hy.com/1tuume" style="soft" background="#fa7e63" size="15" center="yes"]▶『自分の頭で考えるための7通の手紙』1通目[/su_button]  
 


[su_button url="http://mt-hy.com/1tuume" style="soft" background="#fa7e63" size="15" center="yes"]▶『自分の頭で考えるための7通の手紙』1通目[/su_button]

Pocket

ストーリーの力の関連記事
  • 「才能」があるかどうかなんて関係ない。必要なのは「自信」だけ
  • 名作昔話『なげきの王と5つ目の季節』から学ぶ、昔話的“創作”のワザ
  • 自分の生きて行く先は、自分の足の下にある。
  • 名作昔話『かしこいモリー』から学ぶ「人間の希望と生きる知恵」
  • 名作昔話『ねこの大王』で味わう、物語に「翻弄」される快感
  • 名作昔話『ちびのこひつじ』が人の心の奥へ伝えてくる「人生の非情」
おすすめの記事